ファイル同期とは?

ウィキペディア(Wikipedia)によりますと、ファイル同期(ファイルどうき、英: File synchronization)は、2つ以上の場所にある同じファイルが同じ内容になるようにする処理である。ある場所にあるファイルに何らかの変更を加えたとき、同期処理によって別の場所にある同じファイルにも同じ変更がなされる。

ご存知のようにAOMEI BackupperはWindows向けの同期ソフトウェアです。その強力な「同期」機能はファイルやフォルダをローカルドライブ、外付けHDD、同一ネットワーク内のパソコン、NAS/共有フォルダ、USBメモリ、クラウドストレージなど、いろいろな場所へ同期することができます。同期により、ファイルまたはフォルダを常に別の場所にバックアップすることができます。

ファイル&フォルダを同期する方法は?

1. AOMEI Backupperをダウンロードし、インストールし、起動します。左側の「バックアップ」タブをクリックして「同期」を選択します。

ファイル同期

2. この同期タスクを区別しやすくするために「タスク名」を変更することができます。

タスク名の変更

3. 「フォルダを追加」をクリックします。ポップアップウィンドウで、同期したいフォルダを選択して「はい」をクリックします。

フォルダの追加

4. そして、フォルダの保存先(つまり、同期先)を選択します。最後は問題なければ「開始」をクリックしてファイル同期を実行します。

同期先の選択

※注意:

1. 「オプション」をクリックすると、この同期タスクのコメントを入力したり、電子メール通知を有効にしたりすることができます。

2. 「スケジュール」をクリックすると、同期スケジュールを設定してファイル同期を定期的に実行することができます。

3. ソースフォルダ(同期元)の名前を変更しないでください。そうしないと、同期に失敗するかもしれません。この場合は、AOMEI Backupperで同期タスクを編集する必要があります。

4. より多くの注意事項については、AOMEIのFAQをご覧ください。