NAS(ネットワークHDD)とは

NASとは、ネットワーク接続ストレージ(Network Attached Storage)の略称です。その名の通り、ネットワーク(LAN)上に接続することができるハードディスク(外付けHDD)です。つまり、それはネットワークに接続された記憶装置ということです。

普通のハードディスクと違って、NASはネットワークに接続するため、1対多の接続が可能となり、複数のパソコンから同時に接続することができます。いつでもファイルをネットワーク上の複数のパソコンで共有することができるため、サーバとして小規模ビジネスによく使用されています。

バックアップを実行してイメージファイルをNASに保存すると、ローカルストレージを節約するだけでなく、バックアップイメージの安全性を確保することもできます。

AOMEI Backupperというバックアップソフトは、NASデバイスにデータを簡単かつ高速にバックアップすることができます。

NASへのバックアップ方法(フリー)

1. AOMEI Backupperをダウンロード→インストール→実行します。バックアップ種類やバックアップ元を選択してから「ネットワーク共有またはNASを選択」をクリックします。※システム、パーティションまたはディスク全体をNASにバックアップすることができます。

NASにバックアップ

2. ポップアップウィンドウで「ネットワーク場所を追加」をクリックします。

ネットワーク場所を追加

3. NASのIPアドレスまたはこのNASデバイスの表示名を入力します。

IPアドレス

4. NASデバイスが追加された後、NAS内のすべてのフォルダは、右側のリストボックスに表示されます。ターゲットパスとして一つのフォルダを選択してから「はい」をクリックします。

List

5. NASデバイスをバックアップ先として選択した後、「開始」をクリックしてNASへのバックアップを実行します。

NASへのバックアップに関してのより詳しい情報は、NASデバイスへWindowsバックアップ用のAOMEIフリーバックアップソフトウェアをご覧下さい。