NAS(ネットワークHDD)とは

NASとは、ネットワーク接続ストレージ(Network Attached Storage)の略称です。その名の通り、ネットワーク(LAN)上に接続することができるハードディスク(外付けHDD)です。つまり、それはネットワークに接続された記憶装置ということです。

普通のハードディスクと違って、NASはネットワークに接続するため、1対多の接続が可能となり、複数のパソコンから同時に接続することができます。いつでもファイルをネットワーク上の複数のパソコンで共有することができるため、サーバとして小規模ビジネスによく使用されています。

バックアップを実行してイメージファイルをNASに保存すると、ローカルストレージを節約するだけでなく、バックアップイメージの安全性を確保することもできます。

AOMEI Backupperというバックアップソフトは、NASデバイスにデータを簡単かつ高速にバックアップすることができます。

NASへのバックアップ方法(フリー)

1. AOMEI Backupperをダウンロード→インストール→実行します。バックアップ種類やバックアップ元を選択してから「ネットワーク共有またはNASを選択」をクリックします。

※ファイル、システム、パーティションまたはディスク全体をNASにバックアップすることができます。

※WindowsでNAS/Share(ネットワークドライブ)をローカルドライブとしてマウントして、マウントされたドライブをバックアップ先として選択することもできます。

NASにバックアップ

2. ポップアップウィンドウで「ネットワーク場所を追加」をクリックします。

ネットワーク場所を追加

3. NASのIPアドレスを入力します。また、NASデバイスの表示名を設定することも可能です。

IPアドレス

4. NASデバイスが追加された後、NAS内のすべてのフォルダは、右側のリストボックスに表示されます。ターゲットパスとして一つのフォルダを選択してから「はい」をクリックします。

List

5. NASデバイスをバックアップ先として選択した後、「開始」をクリックしてNASへのバックアップを実行します。

●NASへの自動バックアップを実行したい場合、「スケジュール」を使用してください。

●AOMEI Backupperは、SMB(Windowsネットワークにおける標準のファイル共有プロトコル)を使ったNASデバイスのみサポートします。

●NASへのバックアップに関してのより詳しい情報は、NASデバイスへWindowsバックアップ用のAOMEIフリーバックアップソフトウェアをご覧下さい。

NASからのバックアップ

1. 左側の「バックアップ」タブをクリックして「ファイルバックアップ」を選択します。

2. 「フォルダを追加」または「ファイルを追加」をクリックします。ポップアップウィンドウで「Share/NAS」をクリックします。

3. NASデバイスからバックアップしたいファイルまたはフォルダを選択します。

4. そして、ターゲットパス(バックアップ先)を選択します。

5. 操作概要を確認し、問題なければ「開始」をクリックしてNASからのファイルバックアップを作成します。

NASからのファイルバックアップ

※ファイルバックアップとファイル同期のみはNASをソースとして選択することができます。

※リアルタイム同期の場合、NASをソースとして選択することができません。

クラウドへのバックアップ

クラウドストレージ(例えば、Dropbox、Google Drive、Microsoft OneDrive)はオンライン・パーソナル・ストレージとしてますます人気が高まっています。幸いなことにAOMEI Backupperは、クラウドストレージサービスのデスクトップ用アプリケーションがPCにインストールされている限り、ファイルまたはフォルダをクラウドへバックアップ/同期することができます。次のステップに従って、ファイルをクラウドにバックアップしましょう。

1. 「バックアップ」をクリックして「ファイルバックアップ」を選択します。

2. 「フォルダを追加」または「ファイルを追加」をクリックしてバックアップしたいファイルまたはフォルダを選択します。

3. 次のドロップダウンメニューから「クラウドドライブを選択」をクリックします。

クラウドドライブを選択

4. AOMEI Backupperは自動的に、デスクトップアプリがインストールされたクラウドストレージを検出し、それらの1つをバックアップ先として選択して「はい」をクリックします。

5. 操作概要を確認し、問題なければ「開始」をクリックしてクラウドへのファイルバックアップを作成します。

※クラウドにバックアップする前に、必要なクラウドストレージサービスのデスクトップ用アプリケーションをPCにインストールする必要があります。

※現在AOMEI BackupperはGoogle Drive、Dropbox、OneDrive、Box、SugarSync、hubiC及びCloudmeだけをサポートします。

※ファイルバックアップとファイル同期のみはクラウドストレージをソースとして選択することができます。