ディスククローンについては:

ディスククローンとはハードディスクのすべての内容をイメージファイルとして別のハードディスクに丸ごとコピーすることです。つまり、ディスククローンは、オペレーティングシステム(OS)、すべてのパーティション、ファイル、アプリケーション、設定などの内容を含むディスク全体を別のディスクにコピー、移行することです。大容量HDDのデータ移行に適用されます。

ブートディスク(システムディスク)の容量が足りなくなった場合、やパソコンの処理が遅い(動作が重い)場合、ディスククローンを利用して、ディスクを容量の大きなHDDまたはSSDにアップグレードして、PCのパフォーマンスを向上させることができます。OSの再インストールやアプリの設定などの手間と時間を節約します。また、ディスククローンはディスクのバックアップ作成にも役立ちます。

AOMEI Backupperでディスククローンを作成するには:

AOMEI Backupperは、バックアップ&復元機能だけでなく、クローン機能も備えるサードパーティ製のソフトウェアです。ファイル/フォルダ、システム、パーティション/ボリュームをバックアップと復元するほか、ディスククローン、システムクローン、パーティション/ボリュームクローンを実行することもできます。

ディスククローンを無料で実行したい場合、AOMEI Backupperの無料版AOMEI Backupper Standardを使用できます。しかし、起動ディスクをMBRからGPTへまたはGPTからMBR/GPTへクローンする場合、AOMEI Backupperの有料版しか使用できません。次はAOMEI Backupper Standardを使ってWindowsでディスククローンを作成する方法を紹介します。開始前にAOMEI Backupperをダウンロード、インストール、起動してください。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ディスククローンを作成するステップバイステップガイド(詳細手順)は次の通りです。

手順 1. 左側の「クローン」タブを選択してから「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 2. コピーしたいソースディスク(クローン元のディスク)を選択します。そして「次へ」をクリックします。

ソースディスク

手順 3. ターゲットディスク(クローン先のディスク)を選択します。そして「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

※注意:クローン中、ターゲットディスク上の既存のデータがすべて上書きされます。事前に重要なファイルをバックアップしておいてください。

手順 4. ソースディスクとターゲットディスクの情報をプレビューできます。以下のようなウィザードページで、所望のオプションを設定できます。

詳細オプション

a). ターゲットディスク上のパーティションのサイズまたは位置を調整したい場合、「パーティションを編集」をクリックします。利用可能なオプションは次の通りです。

パーティションを編集

ⅰパーティションのサイズを変更せずコピー:クローン元のパーティションのサイズや位置を変更せずそのままクローン先のディスクにコピー、移行します。このオプションを使用すると、ディスククローン後、ターゲットディスクに未割り当て領域が作成されるかもしれません。こういう場合、AOMEI Partition AssistantまたはWindowsディスクの管理で未割り当て領域を処理できます。例えば、ドライブ文字を割り当てたり、新しいパーティションを作成します。

ⅱ各パーティションに未使用領域を追加(AOMEI Backupper Professional以上のアドバンスト版で使用可能):ディスクサイズに合わせて、ターゲットディスク上のパーティションサイズが自動的に変更されます。このオプションは、小容量ドライブから大容量ドライブへのクローンにかなり役立ちます。ディスク全体の容量に合わせてすべてのパーティションのサイズは均等に自動調整されます。結果としてターゲットディスクの全容量を活用できます。

ⅲパーティションのサイズを手動で変更(AOMEI Backupper Professional以上のアドバンスト版で使用可能):スライドバーをドラッグすることによって、手動でパーティションのサイズと位置を調整します。このオプションを使用すると、必要に応じて各パーティションのサイズを簡単に変更することができます。

b). セクター単位のクローン:使用、未使用に関わらず、ソースディスクのすべてのセクターをターゲットディスクにコピーします。ターゲットディスクのサイズがソースディスクと等しいかまたはそれより大きい必要があります。一般的に、ターゲットディスクの容量を節約するためにこのチェックボックスにチェックを入れません。「セクター単位のクローン」チェックを外すと、ソースディスクの使用済み領域のみクローンするので、ターゲットディスクにより少ない容量が要求されます。しかし、クローン後にデータ完全性を確保し、システムは起動可能になります。

c). SSD 4Kアライメント:ハードディスクをSSD(ソリッドステートドライブ)にクローンする場合、SSDのパフォーマンスを最適化するために、このオプションをチェックすることを強くお勧めします。

手順 5. 最後に、「開始」をクリックします。プロセスが完了するまで待ちます。終わったら「完了」をクリックします。ソースディスクのサイズにより、ディスククローンに数時間がかかる場合もあります。

開始

詳細情報については、「ディスククローンの方法」を参考にしてください。また、このソフトウェアはディスクサイズ、インターフェース、ブランドに関係なくすべての種類のHDDとSSDのクローンを作成できます。例えば、大容量HDDから小容量SSDにクローンし、HDDをSamsung SSDにクローンし、SATA SSDやNVMe SSDなどをクローンします。

注意事項

●クローン後、ターゲットディスクにアクセスできるように、ターゲットディスクをパソコンに取り付ける必要があります。ソースディスクとターゲットディスクは異なるタイプ(一つはMBRモードを使い、もう一つはGPTモードを使い)である場合、ターゲットディスクから起動するためにBIOS/UEFIでブートモードを変更する必要があります。

●ターゲットディスクがほかの実行中のプログラムまたはアプリケーションにロックされた場合、AOMEI Backupperはコンピューターを再起動して、「再起動モード」でディスククローン操作を実行することを要求します。

●「セクター単位のクローン」が選択された場合、「パーティションを編集」は使用できません。また、暗号化されたディスクについて、AOMEI Backupperはデフォルトで「セクター単位のクローン」を使用します。

●ソースディスクにnonNTFSパーティションまたはFAT32パーティションがある場合、AOMEI Backupperは「セクター単位のクローン」を使用してこれらのパーティションをクローンします。

●ソースディスクのサイズにより、ディスククローンのタスクにかかる時間が異なります。そのほか、以下の原因も操作速度に影響するかもしれません:USB接続、ターゲットディスクまたはソースディスク上の不良セクター、古いパソコン上の設定など。

●Standard版はデータディスクのクローンとMBRからMBRへ起動ディスクのクローンのみサポートします。起動ディスクをMBRからGPTへまたはGPTからMBR/GPTへクローンする場合、アドバンスト版にアップグレードする必要があります。

●ディスククローンはダイナミックディスクのクローンをサポートしません。システムクローンまたはパーティションクローンを使用してダイナミックディスクをクローンします。