AOMEI BackupperでWindows PE&Linuxのブータブルディスクの作成方法

Windows PE&Linuxのブータブルディスクの作成する方法は?

緊急使用のレスキューメディアとして、AOMEI BackupperはブータブルディスクをベースにしてWindows PE(WinPE)とLinux kernel両方を簡単に作成することができます。

注意:ブータブルディスクを作成するには、書き込み可能な空きCD/ DVD-R/ RWディスク、USBメディアまたは外付けハードディスクを用意する必要があります。

ブータブルディスクを作成するには、「ユーティリティ」タブをクリックしてから「ブータブルメディアの作成」を選択します。ポップアップウィンドウでは、二つ種類のブータブルディスクがあります:Windows PEとLinux。我々は、Linuxブータブルディスクよりもっと柔軟で便利な操作を提供するWindows PEに基づいてブータブルディスクを作成することをお勧めします。

ブータブルメディアの作成

Windows PEブータブルディスクの作成

1. 「Windows PE」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。AOMEI Backupperは、ご使用のシステムが該当する要件を満たしているかどうかをチェックします。ない場合、Windows AIKをインストールする必要があります。Windows AIKとそのインストール方法についての詳細

Windows PE

2. 「次へ」をクリックして続行します。

3. USBデバイスまたはCD/DVDをブータブルメディアとして使用する場合、事前にそれをコンピュータに差し込みしてください。また、ISOイメージファイルを作成するには「ISOファイルをエクスポート」を選択することもできます。次に、「次へ」ボタンをクリックし、Windows PEブータブルディスクを作成します。

ISOファイルの検索

4. プロセスが完了するまで待って、それから「完了」をクリックします。

完了

Linuxブータブルディスクの作成

Linuxブータブルディスクを作成することはWindows PEブータブルディスクを作成するステップと同様です。唯一の違いは、任意の要件を満たすことなく、このようなブータブルディスクを作成することができます。ですから、WindowsAIKをダウンロードしてインストールする必要がないです。しかし、述べたように、LinuxブータブルCDはあまり互換性がありません。

Linux


ヒント:

Windows PEブータブルディスクを作成する時、AOMEI Backupperは、手動で追加のドライブを追加することができます。

ISOイメージファイルを作成する場合、後でそれを簡単に見つけられるようにイメージファイルの保存パスをメモしたほうがいいと思います。

ISOファイルを作成したら、手動でCD/DVD/USBデバイスに書き込むことができます。 Windows 7およびそれ以降のエディションは統合書き込みユーティリティを持っています。isoファイルを右クリックして- >「プログラムから開く」- >「Windowsディスクイメージバーナー」を選択することによって、これを発動することができます。別の方法としては、サードパーティ製の書き込みソフトウェアを使用することができます。詳細についてはCD/ USBにISOファイルを焼くする方法をご覧ください。