時間がたつにつれて、様々なデータが蓄積されていきます。データの整合性を確保するために、バックアップを定期的に自動で作成することは重要です。しかし、スケジュールされたバックアップタスクは複数のイメージファイルを作成します。毎回フルバックアップを実行するのは、多くのバックアップ時間とディスク容量を費やします。こういう時に、増分または差分バックアップを実行して、フルバックアップ作成後に変更されたデータのみバックアップするのは時間と容量を沢山節約します。

ここではAOMEI Backupperという増分&差分バックアップソフトを利用することができます。作成されたバックアップタスクを実行するために「フルバックアップ」「増分スキーム」「差分スキーム」3つの使用可能なオプションがあります。次は、フルバックアップ、差分バックアップ、増分バックアップの違いを説明します。バックアップスケジュールを設定する時に、バックアップ種類の選択に役立つと思います。

バックアップ

ヒント:AOMEI Backupperで増分または差分バックアップを実行する方法(ステップバイステップガイド)については、「増分および差分バックアップを実行する方法」をご覧下さい。

フル(完全)バックアップ

一般的に、増分および差分バックアップはフルバックアップに基づいたバックアップです。フルバックアップは、指定したファイル/パーティション/ディスク内のすべてのデータを完全に複製することです。

フルバックアップでは時間の経過とともに増えていく全てのデータをバックアップしていくことから、より多くのディスク容量を占めることになります。また、データが増えていくごとにバックアップに時間がかかります。一方、データの復元( 復旧、リストア )はとても簡単であり、復元時の手間はかかりません。

●メリット:全てのバックアップデータが一か所にまとまっているため、復元(リストア)の手間が少ない。

●デメリット:毎回全てのデータを複製する必要があるため、バックアップに時間がかかる。空き容量が多く必要。

フルバックアップ

フルバックアップを実行した後、増分または差分バックアップを作成することができます。増分/差分バックアップは、フルバックアップよりもはるかに高速であり、増分/差分バックアップで作成されたイメージファイルはより小さいです。

差分バックアップ

差分バックアップは、初回行われたフルバックアップから変更や追加されたデータのみ複製するバックアップです。差分バックアップでは、まず初回にフルバックアップを行います。2回目以降は初回のフルバックアップから変更・追加されたデータのみをバックアップします。データを復元する場合は、初回分のフルバックアップのデータと最後の差分バックアップのデータが必要になるだけなので、ほかの差分バックアップイメージが破損しても復元作業に影響がありません。

●メリット:復元は初回分と差分の2つのデータだけで可能。増分バックアップに比べると復元作業がスムーズに行える。フルバックアップに比べると、バックアップのデータ量が少なくできることから、そのバックアップ時間が短くてすむ。

●デメリット:増分バックアップに比べるとバックアップのデータ量は多くなり、バックアップ時間がかかる。

差分バックアップ

増分バックアップ

増分バックアップは、前回行われたバックアップ(フルまたは増分バックアップ)から変更や追加されたデータのみ複製するバックアップです。増分バックアップでは、まず初回にフルバックアップを行います。2回目以降では、前回のバックアップから変更・追加されたファイルのみをバックアップします。変更されていないデータはバックアップされません。

差分バックアップでは初回のフルバックアップ以降に変更・追加された全てのファイルがバックアップされていくのに対し、増分バックアップでは前回以降に変更・追加されたファイルのみをバックアップすることから、増分バックアップは差分バックアップよりもバックアップ時間が短くなり、ディスクの使用量が少なくなるというメリットがあります。一方で、増分バックアップの復元については、初回のフルバックアップデータから、2回目、3回目、4回目と順に復元を行う必要があります。完全な復元に全ての増分データが必要となります。いかなる増分バックアップイメージが破損していると、復元作業に影響を与えます。

●メリット:バックアップのデータ量を最も少なくできる。バックアップ時間が最も短いバックアップ方法。

●デメリット:復元時に、複数のデータブロックをつなぎ合わせるので最も手間のかかるバックアップ方法。

増分バックアップ

フルバックアップを実行した後、増分バックアップを定期的に実行するのは常に使用されるバックアップ戦略です。

フルバックアップ+増分または差分バックアップ

上記の内容から、単なるフルバックアップ方式に比べて「フルバックアップ+増分バックアップ」または「フルバックアップ+差分バックアップ」方式は高速・省容量になる事は分かっています。そのため、フルバックアップを作成した後に、増分バックアップまたは差分バックアップを実行したほうが便利かつ効率的です。