ご存知のように、バックアップイメージがあれば、誰でもデータを簡単に復元することができます。不正アクセスを防ぐために、AOMEI Backupperでバックアップを作成する際にパスワードを設定してイメージファイルを暗号化することができます。

AOMEI Backupperをダウンロード→インストール→実行します。バックアップ種類やバックアップの対象を選択した後、「オプション」→「設定」タブをクリックします。「バックアップの暗号化を有効にする」オプションをオンにして、「パスワード」と「パスワードの確認」を入力することでバックアップを暗号化することができます。

暗号化

ご注意:

バックアップを暗号化するには、パスワード入力領域に入力できるパスワードの最大長が64文字です。

入力したパスワードを覚えておく必要があります。そうしないと、後からバックアップを復元できません。

暗号化を有効にするバックアップは、単なるパスワードではなく、AES(高度暗号化基準)の暗号化方式で保護されます。

現在、このプログラムは、バックアップを作成した後に、暗号化されたバックアップのパスワードを変更することをサポートしません。