不具合やトラブルが発生してパソコンが起動できなくなる時に、復元や修復を行うためにパソコンを起動させる方法として、ブータブルディスクよりもPXEネットワークブートのほうが便利です。しかし、PXEまたはPXEブートとは一体何ですか?PXEブートが簡単にできるソフトがありますか?どのようにPXEブート機能で複数台のパソコンを起動しますか?この章を読み続けてください。

PXEブートとは?

Preboot eXecution Environment(PXE)は、コンピュータのブート環境のひとつ。インテルの策定したネットワークブートの規格である。ネットワークブートを利用することにより、ストレージをもたないクライアントコンピュータや、ストレージに別のOSが導入されているクライアントコンピュータがサーバ上のOSイメージを使用して起動できる。--フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』により

もっとわかりやすく言うと、PXEとはコンピュータをネットワークを通じて遠隔から起動する方式の一つ

●管理用のサーバから構内ネットワーク(LAN)を通じて指示を送信し、コンピュータの電源を投入し、オペレーティングシステム(OS)を起動することができる。

●起動に必要なOSイメージはサーバからTFTP(Trivial FTP)と呼ばれるプロトコル(通信規約)を用いてその都度送信するため、起動するコンピュータには内蔵ハードディスクなどのストレージが無くてもよい。また、ストレージに記録されたOSとは別のOSをサーバから送信して起動することができる。

●起動するコンピュータには、電源が入っていなくてもサーバからの指示を受信することができるPXE対応ネットワークインターフェース(NICやLANポート)が必要となる。起動時にネットワーク設定を自動で行うためにDHCPを利用するため、サーバ側にはDHCP(補足:DHCPとは、インターネットなどのネットワークに一時的に接続するコンピュータに、IPアドレスなど必要な情報を自動的に割り当てるプロトコル。ネットワーク設定を手動で行わなくてもすぐに適切な設定で接続することができ、ネットワークの設定に詳しくないユーザでも簡単に接続できる。また、ネットワーク管理者は多くのクライアントを容易に一元管理することができる。)サーバ機能も必要となる。

AOMEI PXE Boot Toolについて

コンピュータがブートに失敗した場合、通常WindowsPEまたはLinuxのブータブルUSBやブータブルCDからシステムを起動するでしょう。AOMEI Backupperの「ブータブルディスクの作成」はAOMEI Backupperを組み込んだWindows PE&Linuxのブータブルディスクを作成できるし、起動したパソコンで様々なバックアップ&復元を実行できます。それに加えて、AOMEI Backupperは「AOMEI PXE Boot Tool」という強力な機能を備えます。新たにブータブルディスクを作らなくてもよいので、もっと手軽に大量のPCを同時に起動させることができます。

【ユーザーからの声】人気のあるバックアップソフトの「AOMEI Backupper」がありました。同社が提供している「AOMEI PXE Boot Tool」が同梱されており、日本語化されているので分かりやすくなっているようです。またブート用のISOイメージとして、「AOMEI Backupper」のブータブルISOイメージを選べるので、最初にネットワークブート環境をチェックする場合にも適していそうです。

AOMEI PXE Boot Toolの利点について

AOMEI PXE Boot Toolは「オフラインイメージバックアップ」「オフラインイメージ復元」「ネットワークインストール」「ネットワークブート」などで利用されることが多いです。具体的にいうと、AOMEI PXE Boot Toolの主要メリットは、以下の三つです。

1. まず、AOMEI PXE Boot Toolを利用することで一体何ができるかと簡単に言うと、「CDやUSBからOSをインストールするのではなく、ネットワーク経由でOSのインストールができる」ということです。たとえば、一度に大量のPCへ接続してOSをインストールすることができるようになります。AOMEI PXE Boot Toolを使えば、大量のコンピュータのインストール作業はコンピュータの電源を入れるだけで全て自動的にできます。マシン一つずつにCDやUSBでシステムを導入する必要はありません。

2. パソコンが正常に起動できない場合、緊急ブート手段としてAOMEI PXE Boot Toolを利用することが可能です。たとえば、複数のクライアントパソコンをLAN経由で同時に起動することができるようになります。

3. AOMEI PXE Boot Toolは、CD-ROMドライブ(またはUSBメモリ)が無い場合や使えない場合に非常に役立ちます。たとえば、CDドライブが壊れてしまった古いパソコンへ新しいOSをインストールすることができるようになります。

AOMEI PXEブートツールを使用する方法

AOMEI Backupperに搭載されているAOMEI PXE Boot Tool機能を利用して複数台のパソコンを起動する方法・手順は次のとおりです。

AOMEI PXEブートサービスを有効にする

ステップ 1. 正しく起動できるサーバまたはPCでAOMEI Backupperをダウンロード→インストール→実行します。「ツール」から「AOMEI PXE Boot Tool」を選びます。

ステップ 2. ここでは「AOMEI Windows PEシステムからブート(オススメ)」「AOMEI Linuxシステムからブート」「カスタムイメージファイルからブート」三つのオプションがあります。AOMEI BackupperのWindows PE版かLinux版、別のブータブルISOイメージを選択できます。ここではWindows PE版を選んで試してみます。そして「開始」ボタンを押します。

ノート:Windows PEのイメージファイルが見つからない場合、WinPEイメージを作成する必要があります。AOMEI PXE Boot Toolは時間をかけてLinuxまたはWindows PEのISOイメージを直接作成することができます。

ステップ 3. これでサーバ側では待機状態になります。

Boot Sequence(ブートシーケンス、起動デバイス順番)を設定する

上の状態になったらクライアント側のパソコンを起動します。F12キー、F8キーまたはDELキーなど(パソコンによって異なる)を押してBIOSに入ります。BIOS上の設定で、起動メニューを表示し、LANからのブート(ネットワークブート)を選択して有効にしましょう。

ブートモードを選択する

BIOS機能 - > CSMサポート - > ブートモードの選択をクリックし、「Enter」キーを押すことで「ブートモードの選択」に移動します。ポップアップウィンドウで「UEFIとレガシー」「レガシーのみ」または「UEFIのみ」を選択します。お使いのPCのファームウェアはBIOSである場合、ブートモードをLegacy(レガシー)に設定することをお勧めします。

PXEブートを有効にする

下向矢印キーを押します。「LAN PXEブートオプションROM」を選択して「有効」にすることを選択します。

PXEを最初のブートデバイスとして設定する

「Boot Option Priorities」の「ブートオプション#1」を選択し、起動したい順番にデバイスを変更します。ここでは、PXEを最初のブートデバイスとして設定しましょう。

※或いは、コンピュータを再起動し、F12キーまたはF11キーを押します。ウィンドウがポップアップで「Realtek PXE B02 D00」を最初のブートデバイスとして選択して、Enterキーを押します。

最後に、DHCPサーバ(※通常、無線LANルーターなどにDHCPサーバ機能が備わっていますが、AOMEI PXE Boot ToolにもDHCPサーバが含まれています)が見つかれば、パソコンにIPアドレスが割り当てられ、MEMDISKやISOイメージの読み込み(PXEブート)が始まります。ここで一気にISOイメージをダウンロードするので、通信速度やISOイメージの容量によっては時間がかかります。

無事成功すれば、サーバ側でも読み込みが成功したといったメッセージが表示されます。これで、AOMEI BackupperのPXEブートが問題なく行えました。

結論

AOMEI PXE Boot Toolは、コンピュータのブート環境を提供しています。CD-ROMドライブまたはUSBメモリを使用せずにパソコンを起動させ、システムをインストールまたはメンテナンスすることができます。個人・ホームユーザーにとっても、大量PCの一括管理が必要な中小企業と大手企業にとっても、とても役に立つと思います。

ヒント:

●一般的に、PXEブートに1-2分がかかります。

●同一セグメント内の全てのコンピュータはPXEブートを利用できます。

●サーバに接続するコンピュータの台数が多すぎる(例えば、100台以上)場合、速度が遅くなるかもしれません。ネットワークIPアドレスによりグループを作成する必要があります。

●UEFIブートモードでWIMファイルのみ使用可能です。ISOファイルを使う場合、ブートモードをUEFIからLegacyに切り替えることをお勧めします。

●さらに質問があれば、AOMEI PXEブートツールについてのよくある質問をご覧ください。