AOMEI Backupperの「ユニバーサル復元」

AOMEI Backupperでは「ユニバーサル復元」という機能が搭載されています。「ユニバーサル復元」機能とは、別のシステムで作成したバックアップイメージを利用して復元を行えるようにするものです。

たとえば、ネットワークドライバーやビデオドライバー、サウンドドライバーなど、別のシステムへそのままインストールすると不具合が生じる恐れのあるドライバーをあえてセットアップせず、ユーザーが手動で最適なドライバーをインストールできるようにする。ソフトウェア環境はそのまま、ハードウェアだけを入れ替えたい場合などに役立ちそうだ。

AOMEI Backupperの「ユニバーサル復元」機能を使用すれば、コンピュータで作成(またはバックアップ)したシステムイメージを、異なるハードウェアの別のコンピュータに復元することができます。そのため、Windows全体の不具合が発生したり、起動しなくなったりする場合、オペレーティングシステム(OS)をすぐに正常な状態に戻して修復することができます。また、「ユニバーサル復元」は複数台のコンピュータに同じシステムを展開したり、物理マシンから仮想マシンへ(または仮想マシンから物理マシンへ)システムを移行したりすることもできます。

いつ「ユニバーサル復元」が必要?

●調子の悪いシステムを修復するために。システムがクラッシュした場合、別のコンピュータでAOMEI Backupperのシステムバックアップを実行して、作成したシステムイメージをこのパソコンに復元することで、システムを修復して失われたデータを取り戻すことができます。

●異なるハードウェアを搭載したコンピュータにシステムを移行するために。上述のようにAOMEI Backupperの「ユニバーサル復元」機能は、お使いのコンピュータで作成したシステムイメージを異なるハードウェアまで復元することができます。

●テストを行うために。テストを効率的に実施するために、ユニバーサル復元を利用して物理マシンから仮想マシンへ(P2V)または仮想マシンから物理マシンへ(V2P)システムを移行することができます。

●ハードウェアを変更するために。マザーボード、CPUなどハードウェアを変更した場合、システムを再インストールしないように、ユニバーサル復元を利用して、システムを異なるハードウェアまで復元して直接移行することができます。

●システムを大量にインストールするために。同一LAN内の複数のパソコンにシステムをインストールしようとする場合、まずは1つのパソコンにシステムをインストール/設定し、必要なドライバやアプリなどをインストール/設定した後、AOMEI Backupperの「システムバックアップ」でシステムイメージを作成します。そして、AOMEI PXE Bootツールまたはブータブルメディアから対象のパソコンを起動してユニバーサル復元を実行します。この方法で、プログラムやソフトのインストール&設定などが必要なく、システムを同時に大量のパソコンにインストール/展開することができます。多くの時間と労力を節約します。

異なるハードウェアの別のコンピュータにシステムイメージを復元する方法

次の例では、ユニバーサル復元を実行するために、2台のコンピュータが必要です。まず、調子の良いパソコンでAOMEI Backupperをダウンロード→インストール→実行して、システムイメージを作成します。

補足:また、別のパソコンに故障や不具合が起きて起動できなくなるため、AOMEI BackupperまたはAOMEI PE BuilderでWinPEブータブルメディアを作成する必要もあります。※ヒント:USBフラッシュドライブにブータブルメディアを作成した場合、システムイメージをUSBにコピーすることができます。或いは、LAN経由でシステムイメージをアップロードすることもできます。

そして、ブータブルメディアから問題のあるパソコンを起動して、システムイメージを復元することができます。

▼準備ができたら、下記の手順に従ってユニバーサル復元を実行しましょう。

ステップ 1. ブータブルディスクをコンピュータに挿入した後、最初の起動デバイスとして設定します。AOMEI Backupperの画面が自動的に表示されます。「復元」タブをクリックして「タスクを選択」または「イメージファイルを選択」(※ヒント:復元したいシステムイメージは、他のコンピュータで作成される場合、「イメージファイルを選択」ボタンをクリックして、手動でシステムイメージを追加する必要があります。)を選択します。

タスクを選択

ステップ 2. このステップでは、復元したいバックアップタスクを選択して「次へ」をクリックします。

バックアップタスクを選択

ステップ 3. このステップでは、「このシステムイメージを復元」するか「システムイメージからパーティションを復元」するかを選択します。ここでは、「このシステムイメージを復元」を選択して「システムを他の場所に復元」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

このシステムイメージを復元

ステップ 4. システムイメージの復元先のドライブを選択して「次へ」をクリックします。

復元先

※ヒント:選択したパーティション内のすべてのデータが上書きまたは削除されます。

ステップ 5. AOMEI Backupperのユニバーサル復元は、このステップで設定できます。復元したいシステムイメージが別のコンピュータで作成されたので、2つのコンピュータ上のアプリ/ソフト/システム設定/ハードウェアなどに違いはあるかもしれません。「ユニバーサル復元」にチェックを入れる必要があります。最後に問題なければ「開始」をクリックします。

開始

※ヒント:選択したターゲットドライブはSSDの上にある場合は、読み取りと書き込みの速度を向上させるために「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れてください。

AOMEI Backupperの復元の追加機能として、ユニバーサル復元は実行しやすいでしょう。他のコンピュータで作成したシステムイメージを調子の悪いコンピュータに復元するため、通常の復元とちょっと違います。この機能は、異なるハードウェアを搭載したコンピュータ間の橋となります。バックアップがなくても、システムを簡単に修正したり、インストールすることができます。システムやハードディスクの障害を心配する必要がありません。

ご注意:ユニバーサル復元を実行した後、ディスプレイドライバー、NICドライバー、またはオーディオドライバーなどを再インストールする必要があります。そうしないと、コンピュータのデバイスは正常に使用できないかもしれません。