AOMEI PXE ブートツールに関するFAQ

Q:私は、サーバー側でPXEサービスをどのように設定しますか。クライアント側で起動するにはPXE機能をどのように使用しますか?

A:

  1. 1. PXEサービスを配置するには、プログラムを実行します。「AOMEI Windows PEシステムからブート」、「 AOMEI Linuxシステムからブート」または「カスタムイメージファイルからブート」が利用可能です。それから、「開始」ボタンをクリックします。現在のシステムは、ブートブルイメージファイルを作成する必要な環境を持っていない場合、プログラムは、Windows AIKまたはADKをインストールすることをプロンプトします。

  2. 2. サーバー側の配置を終了したら、クライアント側とサーバー側両方も同じLANとネットワークセグメントに存在しているを確保してください。

  3. 3. AOMEI PXEツールには、DHCPサーバーが含まれているので、おLAN内にはDHCPサーバがなくても、それを使用することができます。

  4. 4. クライアントコンピュータのマザーボードがUEFIブートモードと設定された場合、レガシーBIOSブートモードに変更してBIOSでPXEブートオプションを有効にします。UEFIモードを使用する場合は、AOMEI PXEツールは、UEFIモードでWIMファイル(ISOファイルではない)の起動しかをサポートしていません。

  5. 5. ネットワークブートによってシステムを起動するには、クライアントコンピュータを再起動します。

注意:

  • オプショナル:機能を実行する前に、一時的にWindowsファイアウォールとサードパーティ製のプログラムのファイアウォールなどすべてのファイアウォールを閉じます。

  • オプショナル:PXEサービスを開始する時に、いくつかのポートが他のプログラムによって使用されていると提示される可能性があります。チェックするには、CMDコマンドプロンプトを個別に入力します。

    netstat -aon|findstr "67"、netstat -aon|findstr "69"、netstat -aon|findstr "4011" 

    サーバー側の67, 69, 4011ポートが他のプログラムによって使用されるかどうかを確認します。

    そうであれば、どれプログラムがそれらのポートを使用してることを見つけるには、tasklist|findstr "PID"を入力してください。それから、ポートを使用してプロセスを終了します。

Q:いくつかのケースでは、 PXEを使用してる場合、なぜWindows PEブータブルイメージファイルの作成ができませんか?

A:原因は次であるかもしれません。

  1. 1. Windows PEブータブルイメージファイルを作成する必要な環境は、現在のシステムには存在していません。このような場合では、プログラムは、Windows AIKまたはADKをインストールして、再試行し、プログラムを再起動することをプロンプトします。

  2. 2. このプログラムは、英語以外の文字を含むディレクトリにインストールされています。このような場合では、プログラムは、 Windows PEブータブルイメージファイルの作成に失敗したことをプロンプトします。Windows PEブータブルISOイメージファイルを作成するには、 AOMEI Backupperの「ブータブルディアの作成」機能を使用してください。そしてプログラムのインストールディレクトリに保存します。あるいは英語のディレクトリにプログラムを再インストールします、またはインストールディレクトリに含まれる英語以外の文字に関連する現在のシステムに言語パックをインストールします。

  3. 3. バグが発生しました。 Windows PEブータブルISOイメージファイルを作成し、それをプログラムのインストールディレクトリに保存するには、AOMEI PE Builderの「ブータブルメディアの作成」機能をしてください。あるいは、ブータブルISOイメージファイルを作成するには、 AOMEI PE Builderのようなソフトウェアを使用します。作成したブータブルISOイメージファイルを選択します。

  4. 4. サーバー側のプログラムの「ブータブルメディアの作成」機能が実行されている場合、 PXE機能でWindows PEブータブルイメージファイルの作成が失敗になります。サーバー側のプログラムの「ブータブルメディアの作成」の進行が完了するまで待ってから、 PXE機能で操作を続行してください。

Q:いくつかのケースでは、クライアント側は、サーバー側でのPXEサービスの設定が完了しても、ネットワークから起動できません。なぜですか?

A:

  1. 1. サーバー側とクライアント側が同じネットワークセグメントに存在しない場合、サーバー側はクライアント側からの要求を受信することも、クライアント側にデータを送信することしません。通信できないことは、クライアント側がサーバー側からPXE機能を使用することによって起動することができないで結果になります。このような場合では、同じネットワークセグメントでサーバ側とクライアント側を設定します。

  2. 2. サーバー側のファイアウォールが有効になっている場合、PXE機能を使用して、ネットワークから起動するクライアント側は影響を受ける可能性があります。このような場合では、サーバー側のファイアウォールを閉じます。

  3. 3. ネットワークから起動するには、クライアント側はUEFIブートモードを使用した場合、ブート障害が発生します。現在、このプログラムでのPXE機能は、 UEFI起動モードをサポートしていません。これを修正するには、UEFI起動モードをレガシーBIOS起動モードに変更するように、マザーボードの設定に入ります。

  4. 4. これは、サーバー側でのログインしているユーザーは、管理者アカウントではない可能性があります。このような場合では、構成されたPXEサービスは、ログイン後に自動的に起動しません。管理者権限でAOMEI PXEツールを実行し、 「開始」ボタンをクリックしてください。再試行するには、クライアント側から再起動します。

  5. 5. PXE機能を使用して、ネットワークから起動するクライアント側は、有線ネットワークによってサーバ側に接続する必要があります。 PXE機能は、ワイヤレスネットワークカードを介して通信をサポートしていません。

Q:いくつかのケースでは、PXE機能を使用して、ネットワークから起動する場合、システムが起動できません。なぜですか?

A:選択されたブータブルイメージファイルが障害に会ったかもしれません。ブータブルイメージファイルを再作成してください。または、AOMEI Backupperの「ブータブルメディアの作成」機能を使用します。もう一つはAOMEI PE Builderを使います。

選択されたブータブルイメージファイルが大きすぎる、またはコンピュータのメモリが小さすぎる場合、メモリ不足のためブート障害が発生することがあります。もっと小さいブータブルイメージファイルを選択してください。