自動バックアップでは、情報のバックアップが簡単になります。AOMEI Centralized Backupperは自動的かつ定期的にデータをバックアップすることができます。これでデータセキュリティを大幅に強化できます。1回、毎日、毎週または毎月でシステム、ディスクまたはパーティションをバックアップするという4つのスケジュールモードを提供します。

スケジュールされたシステムバックアップを作成する方法

· 方法1:システムバックアップを作成していないなら、[Tasks]→[New Task]→[System Backup]を順にクリックし、ソースディスクとターゲットディスクを選択して、[Schedule]ボタンをクリックします。

スケジュールバックアップ設定

· 方法2:AOMEI Centralized Backupperを使用してシステムバックアップを作成したら、[Tasks]の下にそのバックアップタスクが表示され、[Advanced]→[Edit Backup]→[Schedule]を順にクリックし、スケジュール設定を有効にします。

バックアップを編集

All Computers]をクリックして、すべてのタスクのスケジュールされた時間を設定できます。

スケジュール

または、単一のクライアントをクリックしてスケジュールされた時間を設定します。

スケジュール時間を設定

スケジュールタイプの設定について

1回モード

1回だけバックアップを実行する時点を設定します。

バックアップ時間を設定する

デイリーモード

1日に1回バックアップを実行する時点を設定します。1日に時間枠を設定し、開始時間と終了時間の時間間隔を選択します。プログラムは毎日時間枠内に1、2、3、4または6時間の間隔でバックアップを実行します。

バックアップを実行する

ウィークリーモード

毎週の特定の時点にバックアップを実行します。

バックアップを実行

マンスリーモード

毎月の特定の日(月曜日から日曜日)にバックアップを実行する時点を設定します。

カレンダーから特定の日の時点を設定すると、複数の時点を選択できます。

毎月バックアップを実行

スケジュール設定をキャンセルする方法

方法1:メインインターフェースでスケジュール設定をキャンセルします。

スケジュール設定をキャンセル

注:この方法では、すべてのクライアントコンピュータのスケジュール設定をキャンセルできます。

方法2:Advanced]→[Edit Backup]→[Schedule]を順にクリックし、1台のコンピュータのスケジュール設定をキャンセルできます。

スケジュール設定