AOMEI Centralized Backupperを使用すれば、同一LAN内から異なるサブネット上のクライアントを管理できます。

サブネットとは

サブネットワークまたはサブネットは大きなIPネットワークの中の小さなネットワークです。現在のネットワークの多くは、ローカルエリアネットワーク(LAN)と広域ネットワーク(WAN)が、ルーターで相互接続された複合ネットワークです。このような構成の中の各ネットワークをサブネットと称します。サブネットマスクは、IPアドレスを2つの部分に分割するために使用されます。1つの部分はホスト(コンピューター)を識別し、他の部分はそれらが属するネットワークを識別します。

AOMEI Centralized Backupperを介して、同一LAN内から異なるサブネット上のクライアントを管理できます。例えば、AOMEI Centralized Backupperをインストールしたサーバーが192.168.0.1上にありますが、192.168.x.x~192.168.x.x上のクライアントコンピュータを管理できます。

IPセグメントを追加する方法

同一LAN内から異なるサブネット上のクライアントを管理するには、以下の手順に従ってください:

  • ステップ 1. 管理したいコンピュータにAOMEI Backupperというクライアントソフトを手動でダウンロードしてインストールします。
  • ステップ 2. Settings(設定)⇒IP Segments(IPセグメント)をクリックし、「Enable IP Segments Management(IPセグメント管理を有効にする)」前のチェックボックスにチェックを入れて、管理したい有効なIPセグメントを追加します。例えば、192.168.0、192.168.1などです。その後、入力したIPセグメント上で既にクライアントソフトをインストールしたコンピュータをすべてスキャンし、Computers(コンピュータ)⇒「Uncontrolled Computer(制御されないコンピュータ)」に自動一覧表示します。
  • ステップ 3. Computers(コンピュータ)⇒「Uncontrolled Computer(制御されないコンピュータ)」に表示されるクライアント一覧から制御したいクライアントを選択し、「Request Control(制御を要求)」で制御権を取得します。その後、これらのコンピュータのためにバックアップを作成できます。
  • 注:

    • テキストファイルをインポートすることでIPセグメントをバッチインプットできます。テキストファイルを作成してIPセグメントをテキストに入力します。1行に1つのIPセグメントを入力してください。
    • 同一LAN内から異なるサブネット上のクライアントを追加するには、利用可能なソリューションが2つあります。1つは、異なるサブネットを含める同じLAN内にあるすべての使用可能なコンピュータを自動的に検出することです。しかし、これは時間がかかります。もう1つは、「Remote Client Installation(クライアントのリモートインストール)」⇒「Add Computers(コンピュータを追加)」でクライアントの特定のIPアドレスを入力して手動でコンピュータを追加することです。