By Machi / 最後の更新 2022年03月31日

WSBでQNAP NASにサーバーをバックアップできない

QNAP NAS

SMBの問題により、QNAP NASにバックアップしようとすると、WSB (Windows Serverバックアップ)が失敗したことがあるでしょう。バックアッププロセス中に「指定されたバックアップディスクが見つかりません」というエラーが表示され、多くのユーザーは悩んでいます。でも、2つの解決策があるので、ご心配にならないでください。

方法1:VHDまたはVHDファイルでQNAP NASにWindows Serverのバックアップを作成

QNAP NASにWindows Serverのバックアップを作成するには、ディスク管理を使用してQNAP NASにVHDまたはVHDX(Windows Server 2012またはそれ以降のバージョン)ファイルを作成する必要があります。作成後、Serverコンピュータに新しいドライブが表示され、ローカルドライブと同じように仮想ディスクにServerをバックアップできます。

方法2:サードパーティーのバックアップソフトでQNAP NASにWindows Serverのバックアップを作成

この方法を使用することで、VHDまたはVHDXファイルを作成する必要はありません。バックアップタスクを設定している時に、QNAP NASのネットワークパスをバックアップ先として追加する必要があるだけです。5つのステップでバックアップを実行できます。

では、Windows Server 2012/2016/2019/2022をQNAP NASにバックアップする2つの方法を以下に紹介します。必要に応じていずれかの方法を選択しましょう ☆⌒(*^-゜)v

方法1:VHD/VHDXファイルでWindows ServerをQNAP NASにバックアップする

ここでは、VHDまたはVHDXファイルを使用してサーバーをQNAP NASにバックアップする方法について説明します。プロセスは2つの部分に分かれており、まずコンピュータの管理でVHDまたはVHDXファイルを作成し、次にWindows Server バックアップでこのファイルにサーバーをバックアップします。詳細な手順については、読み続けてください。

ステップ 1. 「サーバーマネージャー」を開き、「ツール」→「コンピュータの管理」→「ディスクの管理」をクリックすると、新しいウィンドウが表示されます。

ステップ 2. 「ディスクの管理(Disk Management)」ウィンドウで、「その他の操作(More Actions)」→「VHDを作成(Create VHD)」の順にクリックします。

VHDを作成

ステップ 3. 次に、「参照(Browse)」をクリックして、QNAP NASの共有フォルダを選択します。ファイル名を指定し、「保存(Save)」をクリックします。

参照

ステップ 4. 仮想ハードディスクのフォーマット(VHDまたはVHDX)とそのサイズを指定し、「OK」をクリックして確認します。

VHDまはたVHDXを指定

ステップ 5. VHDまたはVHDXを右クリックし、「ディスクの初期化(Initialize Disk)」を選択し、MBRまたはGPTパーティションスタイルを選択して、「OK」をクリックします。

ディスクの初期化

ステップ 6. 未割り当て領域を右クリックし、「新しいシンプルボリューム(New Simple Volume)」を選択します。そして、画面上の指示に従って、新しいボリュームを構成します。

新しいシンプルボリューム

ステップ 7. Windows Server バックアップを開き、新しく作成されたVHDまたはVHDXディスクをバックアップ先としてバックアップタスクを作成します。

ヒント:Windows Server バックアップでバックアップを作成する方法を分からない場合は、こちらをご参照ください。VHDまたはVHDXディスクをバックアップ先として選択することを忘れないでくださいね。

方法2:サードパーティソフトでWindows ServerをQNAP NASにバックアップする

VHDまたはVHDXファイルを作成せずに、Windows Server 2012/2016/2019/2022をQNAP NASにバックアップしたい場合、プロのNASバックアップソフト-AOMEI Backupper Serverを使用できます。このソフトは次の利点があります:

QNAP NAS、Synology NAS、ネットワーク共有フォルダなど様々なバックアップ先に対応しています。
システム、ディスク、パーティション、ファイルバックアップの4つのバックアップモードに対応しています。ユーザーの異なるニーズを満たすことができます。
自動バックアップをサポートしています。毎日/毎週/毎月/イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)/USB挿入の5つの柔軟的な自動バックアップモードに対応しています。
増分/差分バックアップ、古いバックアップイメージの自動削除、バックアップイメージの圧縮、使用されているセクターのみバックアップする「インテリジェントセクターバックアップ」モードなど多様な省容量機能を備えています。QNAP NASに十分な空き容量があるのを確保します。
Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)、SBS 2003/2008/2011、Windows 10/8.1/8/7/Vista/XPに対応しています。

コンピュータが起動できない場合でも、別のコンピュータでブータブルメディアを作成し、そのメディアを使用して問題のあるコンピュータを起動することができます。また、「PXEブートツール」という機能を備えて、システムの復元を実行するためにLAN内の複数台のコンピュータを起動させることができます。

これから、AOMEI Backupper Serverで、Windows ServerをQNAP NASにバックアップする方法をご案内しましょう。(๑•̀ㅂ•́)و✧

手順 1. まずAOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールして起動します。そして「バックアップ」→「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

▶ 注意:必要に応じて「ディスクバックアップ」「ファイルバックアップ」「パーティションバックアップ」を選択できます。

手順 2. デフォルトで、Windows Serverの起動に必要なドライブが既に選択されるので、バックアップ先を選択すればよいです。逆三角形アイコンをクリックし、「ネットワーク共有またはNASを選択」をクリックします。

ネットワーク共有またはNASを選択

手順 3. そして、「ネットワーク場所を追加」をクリックし、QNAP NASの表示名とパスを入力し、「はい」をクリックして確認します。

ネットワーク管理

手順 4. QNAP NASが追加された後、NAS内のすべてのフォルダが右側のリストに表示され、バックアップ先として1つのフォルダを選択し、「はい」をクリックします。

バックアップ先を選択

手順 5. すべての設定を確認したら、「開始」をクリックします。

開始

★下にある3つのオプションをクリックすると、バックアップをカスタマイズできます:
オプションバックアップファイルの分割/暗号化/圧縮レベル、バックアップ完了後のメール通知、「インテリジェントセクターバックアップ」とすべてのセクターをバックアップする「完全なバックアップ」を設定します。
スケジュール自動バックアップを設定します。
スキームフル/増分/差分バックアップ、古いバージョンのバックアップの自動削除を設定します。

まとめ

以上はAOMEI BackupperでWindows ServerをQNAP NASにバックアップする方法です。バックアップ完了後、クラッシュしたときに、システムを早めに復元するには、ブータブルディスクの作成をお勧めします。

バックアップ機能でデータをイメージファイルに圧縮する代わりに、ファイル/フォルダを他の場所に同期したい場合、ベーシック同期、リアルタイム同期、ミラー同期、双方向同期を使用することができます。また、システムクローン、ディスククローン、パーティションクローンなどの機能により、データの正確なコピーを作成することができます。古いHDDを新しいSSD/HDDに交換したい場合に役立ちます。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速