Windows Server 2019を初期化する方法2つ

この記事では、Windows Server 2019を簡単に初期化する方法をご紹介します。また、Windows Serverのデータを守るには、システムをバックアップ・復元する方法もご案内します。

Machi

By Machi 最終更新日: 2023年09月28日

共有: instagram reddit

Windows Server 2019について

Windows Server 2019は、Windows Server 2016の基盤の上に構築されています。以前のバージョンと比較して、ハイブリッドクラウドセキュリティアプリケーションプラットフォームハイパーコンバージドインフラ(HCI)の4つの主要テーマで革新的な技術をもたらしています。

さらに、Windows Server 2019には、「システム インサイト」という機能が追加されました。サーバにAIによる分析機能を提供しています。OS内に蓄積されるシステムデータを収集して予測することで、熟練の管理者でなくても、システムのCPUやネットワークのキャパシティ予測、ストレージの消費量の予測ができ、対策を事前に検討できるようになります。その結果、Windows Server 2019を利用する企業や組織が増加しています。

windows server 2019

どんな状況でWindows Server 2019の初期化が必要なのか?

一部のユーザーはWindows Server 2019を初期化したいですが、その理由は何ですか?よくある原因を以下の2つにまとめました。

現在の設定に不満があります。不満がありますが、一つ一つ手動で変更するのは面倒だと思っています。この場合、Windows Server 2019を初期化することで、解決することができます。
Windows Serverが正常に動作していません。システムが正常に動作しない状況に遭遇した場合、Windows Server 2019をリセットすることは、時には問題を解決することができます。

ただし、工場出荷時設定へ戻すと、サーバーにインストールされているアプリケーションや既存の設定がすべて削除されます。ご注意ください。そのため、初期化する前にデータの安全性を確保するために、システムのバックアップを取ることをお勧めします。

事前準備:Windows Server 2019をバックアップする方法

データを効果的に保護するには、初期化する前にシステムをバックアップすることは非常に重要です。初期化した後、パソコンに何か問題が発生した場合、このシステムバックアップでWindows Server 2019を復元することができます。

Windows ServerにはWindows Server バックアップというツールが搭載されています。これによって、システムをバックアップ・復元することが可能ですが、操作が少々面倒です。また、CD、USBドライブなどのリムーバブルメディアへのバックアップには対応していません。

ですから、ここでは、より使いやすいプロのバックアップソフトウェア-AOMEI Backupper Serverの使用を強くお勧めします。このソフトはいくつかのクリックだけで、Windows Server 2019をリムーバブルメディア、NAS、ネットワーク共有フォルダ、クラウドドライブなど様々なストレージデバイスにバックアップすることができます。また、このソフトは以下のような利点があります:

4つのバックアップモード:システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップに対応しています。異なるニーズを満たすことができます。
2つのバックアップサービス:VSSだけでなく、当社のバックアップサービス(AOMEIバックアップサービス)もサポートしています。VSSに問題があっても、AOMEIバックアップサービスを使用してバックアップを続行できるので、バックアッププロセスが中断されないことを保証することができます。
全Windows OSに対応:Windows Server 2022/2019/2016/2012(R2)/2008(R2)/2003または、Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPに対応しています。

では、AOMEI Backupper ServerでWindows Server 2019をバックアップする方法をご案内しましょう:

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールし、起動します。そして、「バックアップ」→「システムバックアップ」をクリックします。

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速

システムバックアップ

ステップ 2. デフォルトでWindows Serverの実行に必要なドライブが自動的に選択されるので、保存先を選択すればよいです。

保存先

ステップ 3. 操作を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックします。

開始

オプション:ここでは、バックアップの暗号化・分割・圧縮、バックアップサービス、使用されているセクターのみバックアップする「インテリジェントセクターバックアップ」/すべてのセクターをバックアップする「完全なバックアップ」などを設定することができます。
スケジュール:ここでは、自動バックアップを設定することができます。毎日/毎週/毎月/イベントトリガー/USB挿入の5つの自動バックアップモードに対応し、必要に応じて選択することができます。
スキームここでは、フル/増分/差分バックアップと古いバージョンのバックアップの自動削除を設定することができます。自動バックアップが有効になっている場合、バックアップ先に十分な空き容量を確保したい場合、このオプションの設定をお勧めします。

Windows Server 2019を初期化する方法

システムをバックアップした後、次の手順に従って、Windows Server 2019の初期化を行いましょう:

ステップ 1. 「ダッシュボード」を開き、「デバイス」をクリックします。

デバイス

ステップ 2. 「コンピュータ タスク」セクションの「クライアント コンピューターのバックアップ タスク」をクリックします。

クライアント コンピューターのバックアップ タスク

ステップ 3. 「クライアントコンピューターのバックアップ設定とツール」で、「コンピューター バックアップ」タブの「既定値にリセット」ボタンをクリックします。

既定値にリセット

ステップ 4. 続いて、「適用」→「OK」をクリックします。

システムバックアップを復元してWindows Server 2019を正常な状態に戻す方法

コンピュータに何らかの問題が発生しましたが、初期化したくない場合、前に作成されたシステムバックアップでOSを復元することができます。次に、AOMEI Backupper ServerでWindows Server 2019を復元する方法をご説明します。

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverを開き、「復元」→「イメージファイルを選択」をクリックします。

イメージファイルを選択

ステップ 2. 「このシステムイメージを復元」を選択し、「次へ」をクリックして続行します。

このシステムバックアップを復元

ステップ 3. 操作を確認し、「開始」をクリックして復元を開始します。

開始

ヒント:
システムイメージを異なるハードウェア構成のコンピュータに復元したい場合、「ユニバーサル復元」にチェックを入れてください。
復元先としてのディスクはSSDの場合、「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れると、復元完了後、SSDの読み書きと読み込み速度を一層に向上させます。
システムを復元する場合、復元先の容量を最大限に活用するには、このオプションで、「パーティションのサイズを手動で変更」または「各パーティションに未使用領域を追加」の2つオプションから、復元先のパーティションのサイズを調整できます。復元完了後、復元先のディスクに使えない未割り当て領域がないことを確保できます。

パーティションを編集

まとめ

本記事では、Windows Server 2019を初期化する方法をご紹介しました。初期化すると、すべてのデータが削除されるため、実行する前にシステムをバックアップすることがおススメです。

この場合、Windows Server向けのバックアップ&復元ソフト-AOMEI Backupper Serverはベストな選択です。操作が簡単で、必要に応じてバックアップを設定することもできます。非常に便利です。また、パソコンに何か問題が発生した場合、このソフトでシステムを以前の状態に復元することができます。

会社で無制限のPCとサーバーを保護したい場合、AOMEI Backupper Technician Plusの使用をご検討ください。このバージョンへアップグレートすると、ITプロフェッショナル、システム管理者、技術者、またはコンサルトは、有料サービスの形でクライアントに技術サポートを提供できます。今すぐダウンロードし、体験しましょう!

Machi
Machi · この記事を書いた人
Technology会社の編集者としてAOMEI製品についての記事やコンピュータに関する記事を翻訳したり、書いたりしています。パソコンの基礎知識とか、AOMEI製品のバックアップ&復元、クローン、同期などの機能について詳しいです。IT業界に対して深い興味を持っています。そのほか、旅行、映画、音楽、色々なことに趣味があります。