By Comnena / 最後の更新 2022年03月08日

Windows Server 2019の概要

Windows Server 2019は、Microsoftによってリリースされたサーバーオペレーティングシステムの最新バージョンです。Windows Server 2016を基盤として構築されており、4つの重要分野ハイブリッド、セキュリティ、アプリケーションプラットフォーム、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)で、データセンターのモダナイゼーションを支援するように設計、開発されています。

Windows Server 2019にはいくつかの新機能が追加されています。そのうちの2つを紹介します:

✔ System Insights:ローカル予測分析機能をWindows Serverに提供するため、Windows Serverインスタンスを管理することにかかる運用コストを削減できます。
✔ Storage Migration Service:サーバー上のデータをインベントリするためのグラフィカルツールを提供し、新しいサーバーの移行を簡単にします。

その強力な機能により、Windows Server 2019にアップグレードする企業や組織がますます多くなっています。この新しいサーバーシステムにアップグレード後、パソコン故障によるデータ損失などに備えてバックアップするユーザも少なくないです。もしあなたもこのことを心配していると、次の方法をお勧めします。

トップ2の方法|Windows Server 2019でファイルをバックアップ

最も基本的な災害復旧技術として、バックアップは我々にとっては非常に重要です。ここでは、トップ2の方法でWindows Server 2019でファイルをバックアップする方法を説明します。

方法1:Windows Serverバックアップ2019でファイルをバックアップ

Windows Serverバックアップ2019はWindows Serverバックアップ2016と大体同じです。Windows Serverバックアップを使用すると、まずサーバーマネージャまたはPower Shellを使用してWindows機能としてインストールする必要があります。インストールが完了したら、以下の手順に従ってください:

ステップ 1. 「サーバーマネージャー」を開き、右上の列にある「ツール」をクリックし、「Windows Serverバックアップ」を選択します。

ステップ 2. 「ローカル バックアップ」をクリックします。「操作」メニューの「単発バックアップ」をクリックします。

windows server ファイル バックアップ

ステップ 3. 「単発バックアップ」画面で「バックアップオプション」を選択します。「別のオプション」をクリックし、「次へ」をクリックします。

ステップ 4. 「バックアップの構成の選択」画面で、「カスタム」→「次へ」を順にクリックします。

ステップ 5. 「バックアップする項目を選択」画面で、「項目の追加」をクリックしてバックアップするボリュームを選択し、「次へ」をクリックします。

ノート:個人フォルダではなくボリュームを選択してください。アプリケーションレベルのバックアップまたは復元を実行すと、ボリューム全体をバックアップしかできません。

ステップ 6. 「作成先の種類の指定」画面で、「バックアップ専用のハードディスクにバックアップする」、「ボリュームにバックアップする」または「共有ネットワーク フォルダーにバックアップする」をクリックし、「次へ」をクリックします。

「バックアップ専用のハードディスクにバックアップする」を選択すると、「作成先ディスクの選択」画面が表示されます。バックアップの保存先とするハードディスクにチェックを付けて、「次へ」をクリックします。
「ボリュームにバックアップする」を選択すると、「ボリュームの選択」画面が表示されます。バックアップの保存先とするボリュームを追加して、「次へ」をクリックします。
「共有ネットワーク フォルダーにバックアップする」を選択すると、「リモート共有フォルダーの指定」画面が表示されます。バックアップファイルのUNCパスを指定し、アクセス制御設定を構成します。

ステップ 7. 確認画面で、「バックアップ」をクリックします。プロセスが完了したら、「閉じる」をクリックして「単発バックアップ」ウィザードを終了します。

windows server ファイル バックアップ

ステップ 8. Windows Serverバックアップを閉じます。

ご覧のとおり、Windows Serverバックアップでは個人フォルダではなくボリューム全体をバックアップすることしかできません。自分の必要に応じてファイルやフォルダをバックアップできるツールはありますか?答えはあります~では次の方法に進みましょう~

方法2:強力なサーバーバックアップソフトでファイルをバックアップ

AOMEI Backupper Server版は、サーバユーザ向けバックアップ専門ソフトであり、Windows Server 2019でファイルバックアップをサポートします。主な機能は次のとおりです。

システム/ディスク/パーティション/ファイルバックアップの4種類のバックアップを提供します。これは、さまざまなニーズを満たすことができます。
ローカルディスク、外付けハードドライブ、USBフラッシュドライブ、NASデバイス、ネットワークの場所など、さまざまな場所にバックアップできます。
ブータブルメディアの作成(Windows Server 2019のブータブルUSBの作成を支援)やAOMEI PXE Boot Tool(ネットワークから複数のコンピューターを起動)などの他の便利なツールを提供します。
Windows PCオペレーティングシステム(Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP)とWindows Serverオペレーティングシステム(Windows Server 2022/2019/2016/2012(R2)/2008(R2)/2003など)の両方をサポートします。

AOMEI Backupperを使用してWindows Server 2019で個人フォルダをバックアップするには、以下の手順に従ってください:

手順 1. AOMEI Backupper Serverの30日間無料試用版をダウンロードし、ウィザードに従ってインストールを完了します。短時間でインストールされます。

無料ダウンロード ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

手順 2. 「バックアップ」をクリックし、「ファイルバックアップ」を選択します。

ファイルバックアップ

手順 3. 他のバックアップタスクと区別できるように、タスクに名前を付けます。「ファイルの追加」または「フォルダの追加」をクリックして、バックアップするファイル/フォルダを選択します。

フォルダの追加

手順 4. イメージファイルを保存する場所を選択します。

ファイルの保存先を選択

手順 5. 操作を確認し、「開始」をクリックして、Server 2019でファイルのバックアップを開始します。

バックアップ操作を開始

以上、ファイルバックアップのタスクについてでした。変更を見逃さずにファイルバックアップをスケジュールしたい方、手間をかけずにバックアップをしたい方は、以下の機能をお試しください。

>>オプション:メール通知、暗号化、圧縮、バックアップの分割など、ニーズに合わせて設定することができます。

>>スケジュール:バックアップタスクが一定の間隔で自動的に実行されるように設定することができます。5つのスケジュールモードが利用可能です。「毎日」、「毎週」、「毎月」、「イベントトリガー」、「USB挿入(USBフラッシュドライブが接続されたときに自動的にシステムをバックアップする)」です。最後の2つの機能は、Professional版でのみ利用可能です。

スケジュール

>>バックアップスキーム:バックアップ方式を増分バックアップから差分バックアップに変更することで、システム復旧のためにすべてのバックアップをそのままにする必要はありません。また、定期的に古いバックアップイメージを削除することで、バックアップディスクに常に新しいバックアップのための十分なスペースを確保することができます。 

バックアップスキーム

まとめ

この記事では、Windows Server 2019でファイルをバックアップする方法を2つ紹介しています。個人ファイル/フォルダのバックアップを実行すると、AOMEI BackupperはWindows Serverバックアップより優れていると思います。

さらに、Windows Serverバックアップでは古いバックアップを削除しないという問題を解決し、Windows Server 2016の修復機能を実行できます。本当に便利かつ強力でしょう~では、AOMEI Backupper Serverの無料試用版をすぐに入手してください。一緒に上記の高度な機能を試してみましょう~

会社の管理者にとって、AOMEI Backupper Technician Plus版は、AOMEI Backupperを無制限のサーバーとPCにインストールできるため、最適なエディションです。さらに、無制限クライアントに有償技術サポートをサービスとして提供し、ポータブル用のインストールディレクトリをクローンできます。