By Machi / 最後の更新 2022年05月11日

ユーザー事例

 

OSの「インプレースアップグレード」と「クリーンインストール」

いくつかのVMでWindows Server 2012から2016へのインプレースアップグレードを実行するかどうかを検討しています。ハードウェアのことを考えなければ、クリーンインストールする必要はないと考えています。そうやったことがある人はいますか?結果は良かったですか?悪かったですか?お教え願います。

- 電子掲示板からの質問

「クリーンインストール」と「インプレースアップグレード」とは?

Windows Serverを新しいバージョンにアップグレードする場合、「インプレースアップグレード」と「クリーンインストール」の2つの方法で実行することができます。上記のユーザーと同じように、Windows Serverをアップグレードする際に、どの方法を選べばよいかわからない人もいるでしょう。では、これから、その2つの方法の違いについて詳しくご紹介しましょう。

windows server

アップグレード/インプレースアップグレード:同じ物理的なハードウェアを使用したまま、古いバージョンのOSから新しいバージョンのOSにアップグレードします。この方法ではハードドライブがフォーマットされなく、すべての設定、プログラム、ファイルは保持されます。

クリーンインストール:この方法は古いOSを削除し、ハードドライブをフォーマットしてから、新しいバージョンのWindows Serverにアップグレードします。

「インプレースアップグレード」と「クリーンインストール」の比較

インプレースアップグレード

►  長所

簡単で速いので、ユーザーによく使われるアップグレード方法です。「Windows更新アシスタント」を使えば、作業はほぼ自動化されているので、技術的なスキルが必要ありません。新バージョンのOSを使用したくなくなる場合は、旧バージョンのOSに戻すことも可能です。

►  短所

インプレースアップグレードでは、Windowsは旧バージョンのすべてを新バージョンに持っていこうとするため、古い未使用のファイルや、アンインストールされたプログラムのレジストリエントリなど、あらゆる種類のゴミが蓄積されます。また、一部のプログラムは新バージョンと互換性がない場合もあります。

クリーンインストール

►  長所

同じバージョンのシステムを長期間使用していて、リセットしてパフォーマンスを向上させたい場合は、クリーンインストールが適しています。クリーンインストールでは、必要なアプリのみインストールし、Windowsレジストリをクリーンな状態で開始します。

►  短所

多くのユーザーにとって、クリーンインストールの悪い部分は、すべてのデータが消去されることかもしれません。データ損失を回避するため、あらかじめ個人ファイルをバックアップし、Windowsインストーラーでインストールメディアを作成する必要があるので、技術的なスキルが求められます。クリーンインストールを行った後は、時間をかけてPCを再カスタマイズしなければなりません。

「クリーンインストール」と「インプレースアップグレード」を実行する方法

前の内容を読んだ後、どの方法を選んで実行するのは難しくないと思っているでしょう?これから、「クリーンインストール」と「インプレースアップグレード」の実行方法をご紹介します。

「インプレースアップグレード」を実行する

ここでは、Windows Server 2019へのアップグレードを例に説明します。操作方法を説明する前に、現在使用しているWindows Serverバージョンは2019にアップグレードすることができるかを確認しなければなりません。以下の図を使用すると、現在使用しているWindows Serverバージョンに基づいて、どのバージョンにアップグレードできるかを把握することができます。

アップグレード図

続いて、Windows Server 2012 R2からWindows Server 2019に無料でアップグレードする方法をご案内します。

★ アップグレード前の準備:
Windows Server 2012 R2に最新の更新プログラムを適用します。
Windows Server 2019のセットアップメディアを挿入して検出できることを確認します。
アップグレードする前に、マイクロソフトは診断とトラブルシューティングのためにデバイスから情報を収集することをお勧めします。
注意:インプレースアップグレードは、理論的にはコンテンツを削除しないはずですが、データが失われるケースもあります。そのため、次のセクションで紹介するバックアップソフトを使用して、OSと重要なファイル/フォルダをバックアップすることを強くお勧めします。

手順 1. Windows Server 2019のセットアップメディアを見つけて、「setup.exe」を実行します。

setup.exeを実行

手順 2. 「更新プログラム、ドライバー、オプション機能をダウンロードする(推奨)」を選択し、「次へ」をクリックします。

更新プログラム、ドライバー、オプション機能をダウンロードする(推奨)を選択

手順 3. PCのチェックが実行されて、終了すると、「次へ」をクリックします。

PCのチェックが実行される

注意:Windows Serverメディアを入手した流通経路(小売、ボリュームライセンス、OEM、ODM など)、およびサーバーのライセンスによっては、続行するためにライセンスキーの入力が求められる場合があります。

プロダクトキーを入力

手順 4. 「イメージの選択」が表示され、インストールしたいWindows Server 2019のバージョンを選択し、「次へ」をクリックします。

バージョンを選択

手順 5. ライセンス条項に同意してから、「引き継ぐ項目を選んでください」が表示されます。「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」を選択して、「次へ」をクリックします。

個人用ファイルとアプリを引き継ぐを選択

手順 6. セットアップによってデバイスを分析した後、下図の画面が表示され、「インストール」をクリックします。

インストールをクリック

手順 7. その後、アップグレードが開始されます。アップグレードが完了すると、サーバーが再起動します。

完成を待つ

アップグレードが完了したら、アップグレードが成功したことを確認する必要があります。

「Win」キー +「R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」で、「Regedit」と入力し、「Enter」キーを押します。「レジストリ エディター」が表示され、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsNT\CurrentVersionに移動すると、ProductNameにWindows Serverのエディションを確認することができます。

「クリーンインストール」を実行する

次に、Windows Server 2019のクリーンインストールを実行する方法を例としてご紹介します。

★ インストール前の準備:
マイクロソフト公式サイトからWindows Server 2019のISOファイルをダウンロードし、ダウンロードされたISOをインストール用USB(8GB以上)に書き込みます。

手順 1. インストール用USBを挿入し、PCを再起動して、メーカーによって特定のキーを押してBIOSに入ります。「Boot(ブート)」タブで、USBを最初に起動するドライブとして設定します。

BIOS起動キー

bios

手順 2. 「Windows セットアップ」で、言語やキーボードなどを設定し、「次へ」をクリックして続行します。

windowsセットアップ

手順 3. 「今すぐインストール」をクリックして、Windows Server 2019のインストールを開始します。

今すぐインストールをクリック

手順 4. インストールするWindows Server 2019のバージョンを選択し、「次へ」をクリックします。

バージョンを選択

手順 5. その後、「適用される通知とライセンス条項」に同意し、「カスタム:Windowsのみをインストールする」を選択して、クリーンインストールを実行します。

カスタムを選択

手順 6. インストール先を選択し、「次へ」をクリックします。

インストール先を選択

手順 7. インストールが開始されます。完了するまでお待ちください。

事前にWindows Serverをバックアップしてデータ損失を防ぐ

クリーンインストールよりインプレースアップグレードの方が簡単ですが、お勧めできません。クリーンインストールは面倒ですが、この方法でインストールされたパソコンが、性能がより良いです。

しかし、インプレースアップグレードでもクリーンインストールでも、実行する前にバックアップしておく必要があります。なぜなら、クリーンインストールでは元のデータがすべて削除され、インプレースアップグレードでは何が起こるか予測できないからです。あらかじめ準備をしておけば、万一の事態が起こっても少しも心配事がありません。

AOMEI Backupper ServerはWindows Server 2003/2008(R2)/2012(R2)/2016/2019/2022対応のプロのバックアップ・復元ソフトです。企業に継続的なデータ保護を提供し、操作が簡単で、専門的なスキルや技術は必要ありません。

このソフトを使うと、サーバーを外付けHDD、NAS、共有フォルダ、クラウドなどの様々なストレージにバックアップすることができます。どのような事故が起こっても、これらの場所からバックアップを復元することができます。

では、AOMEI Backupper Serverを使用して、Windows Serverをバックアップする方法を案内しましょう:

手順 1. AOMEI Backupper Serverをダウンロードしてインストールします。

Serverの無料体験版 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

手順 2. このソフトを起動します。「バックアップ」をクリックして、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

手順 3. デフォルトで、OSの実行に必要なパーティションが自動的に選択されます。矢印の下のボックスをクリックして、Windows Serverイメージの保存先を選択します。

保存先を選択

手順 4. 問題がなければ、「開始」をクリックして、バックアップが開始されます。

開始をクリック

ヒント:
オプション:圧縮レベル、バックアップの暗号化、メール通知、イメージの分割などを設定することができます。
スケジュール:自動バックアップを設定することができます。毎日/毎週/毎月/イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)/USB挿入の5つ柔軟的な自動バックアップモードに対応しています。ニーズに応じて、いずれかを選択できます。

まとめ

この記事を読めば、Windows Serverの「インプレースアップグレード」と「クリーンインストール」について理解を深めるかもしれません。しかし、どちらを選ぶにしても、あらかじめサーバーのバックアップを取ることをお勧めします。なぜなら、アップグレードまたはインストール中に何が起こるかわからないからです。

さらに、このソフトを使用してWindow Server 2022のリカバリーディスクを作成することもできます。また、Windows Server 2022の回復パーティションを作成したい場合、AOMEI OneKey Recoveryをご利用しください。