バックアップスケジュールの概要

ご存知のように、万が一の時に備えて、日頃からWindows PCまたはサーバの大切なデータをバックアップしておいたほうがいいです。

しかし、ハードディスク、パーティションまたはシステム上のデータは毎日/毎週/毎月大幅に変わるかもしれません。明らかに、いかなるデータの消失を防ぐために、最初に一度作成されたフルバックアップだけでは不十分です。復元を実行しても、後で変更または新しく追加されたデータを取り戻すことができません。

重要なデータを定期的に自動バックアップすれば、上述のようなことが発生しません。バックアップスケジュールを設定したら、1つのバックアップタスクで複数のバックアップイメージが作成されます。最新のイメージファイルを利用して変更されたデータを復元することができます。

次は強力なバックアップソフトウェアAOMEI Backupperのスケジュール機能を使用して自動バックアップを作成する方法を見てみましょう。

バックアップスケジュールを設定する方法

AOMEI Backupperはスケジュールの設定機能を持っています。バックアップスケジュールを設定するには、バックアップ画面の左下隅にある「スケジュール」オプションをクリックします。

schedule backup option

スケジュールの普通タブには、デイリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガーなどのスケジュールモードがあります。

デイリーモード

デイリーモードを選択したら、バックアップは毎日決まった時間に自動作成されます。また、ここではバックアップを実行する時間帯と時間間隔を設定することもできます。たとえば、時間帯を午前12時から午後10時までのように設定し、時間間隔を二時間に設定する場合、AOMEI Backupperは午前12時から午後10時までの時間帯内で2時間ごとにバックアップを作成します。このように、複数のバックアップイメージファイルが自動的に作成できます。

schedule backup daily mode

ウィークリーモード

ウィークリーモードを選択したら、バックアップは毎週決まった曜日に自動作成されます。バックアップスケジュールを以下のスクリーンショットのように設定する場合、AOMEI Backupperは、毎週の月曜日、水曜日と日曜日(オレンジ色で表示)の午後3時3分にバックアップを実行します。このように、複数のバックアップイメージファイルが自動的に作成できます。

schedule backup weekly mode

マンスリーモード

マンスリーモードを選択したら、バックアップは毎月決まった日付に自動作成されます。バックアップスケジュールを以下のスクリーンショットのように設定する場合、AOMEI Backupperは、毎月の26日の午後3時3分にバックアップを実行します。このように、複数のバックアップイメージファイルが自動的に作成できます。

schedule backup monthly mode

イベントトリガーモード

schedule backup event trigger mode

スケジュールモードについてのもっと詳しい情報が欲しいなら「自動バックアップのためにスケジュールをどのように設定しますか?」記事を参考にしてください。

スケジュールの詳細タブ

ここでは、スケジュール通りにフルバックアップか、増分バックアップまたは差分バックアップかを実行することは可能です。

※注意:増分バックアップの作成を強くお勧めします。それは時間と容量を大幅に節約できます。スケジュールの「詳細」タブで「増分スキーム」は、デフォルトのバックアップ方式であることがわかります。もちろん、「フルバックアップ」または「差分スキーム」ほかのバックアップ方式を選択することもできます。

AOMEI Backupperのスケジュール機能がMicrosoft Windowsのタスクスケジューラに基づくため、お使いのコンピュータでタスクスケジューラサービスが有効になっているかを確認すべきです。

タスクスケジューラサービスを有効にするには、まずWindowsの「管理ツール」から「サービス」をダブルクリックし、「名前」欄でTask Schedulerを見つけます。その状態は実行中ではない場合、Task Schedulerを右クリックし、「開始」をクリックします。設定した時間になると、AOMEI Backupperはメインプログラムを起動してバックグラウンドでプログラムを実行することができます。

advanced backup

バックアップスケジュールの設定が終わったら、「はい」をクリックします。スケジュールオプションがオレンジ色になっています。「開始」ボタンをクリックすると、「スケジュールを追加して、今すぐバックアップ」「スケジュールを追加」二つの利用可能なオプションがあります。

start schdule backup

以上はバックアップ作成中にスケジュールを設定する方法です。バックアップタスクを作成した後にスケジュールの設定も可能です。「ホーム」画面で既存のバックアップタスクを選択し、「スケジュール」をクリックすることで作成済みバックアップをスケジュールできます。また「詳細」をクリックすると、イメージのマウント、チェック、合併などもできます。

schdule backup 2

結論

自動バックアップをスケジュールしたら、手動でバックアップを作成する必要がないため、時間と労力を大幅に節約できます。今すぐ PC&サーバ向けのAOMEI Backupperをダウンロードして、バックアップスケジュールを設定しましょう!かなり役に立ちます。便利・安全です。

関連記事:

NASデバイスへのバックアップが可能なWindows向けのソフトウェア

ダイナミックボリュームをバックアップする方法

UEFIベースのシステムドライブのバックアップと復元

その他の機能