By Machi / 最後の更新 2022年01月28日

ユーザー事例

 

現在使っているHDDは小さすぎるので、Windows Server 2022を新しいハードディスクに移行したいのですが、どうしたらいいですか?Windows 2022にはWindows Server バックアップというツールが搭載されており、システムをバックアップしてから復元できることは知っていますが、少し面倒だと思います。そこで、何か簡単で安全な方法はないでしょうか?手助けいただければ嬉しいです。

 

バックアップからの復元や再インストールをせずに、Windows Server 2022を新しいハードディスクに移行したい場合、クローンの作成をお勧めします。この方法では、時間を大幅に節約でき、とても便利です。

Windows Server 2022について

Windows Server 2022は、Windows Server OSの最新バージョンで、以前のバージョンと比較し、多くの改善や変更があり、主に次の3点に重点を置いています。

1. 高度なマルチレイヤ―のセキュリティ:「セキュアコアサーバー(Secured-core server)」と「セキュアコネクティビティ(Secure Connectivity)」によって多層的な防御を作り、セキュリティを強化することができます。

2. Azureとのハイブリッド機能の強化:マルチクラウドやハイブリッドクラウド向けのAzure Arcとの連携が強化されました。Azure Arcは、オンプレミスやマルチクラウド環境に分散する既存のリソースを、Azure内で実行されているかのように一元的に管理できるため、Azure上の便利なサービスをオンプレミ スのサーバー上で利用できるようになります。

3. 柔軟なアプリケーション基盤:Windows Server 2022は、Windowsコンテナのアプリケーション互換性を向上させ、ノード管理用のHostProcessコンテナーを搭載し、IPv6とデュアルスタックをサポートし、Calicoによる一貫したネットワークポリシーの実装を可能にします。

改善

Windows Server 2022を新しいハードディスクにクローンする最も簡単な方法

Windows Server 2022を新しいハードディスクにクローンするために、Windows Server向けの安全で信頼できるクローンソフトウェア-AOMEI Backupper Serverの使用をお勧めします。このソフトでは、セキュリティを保証してWindows Server 2022をクローンすることができます。また、次のような利点があります:

3つのクローンモード:システムクローンディスククローンパーティションクローンをサポートし、異なるニーズを満たすことができます。その中で、システムクローンとディスククローンは、Windows Server 2022を新しいハードディスクにクローンすることができます。
インテリジェントなクローン:デフォルトで、使用されているセクターだけをクローンするので、大容量HDDを小容量SSDに簡単にクローンすることができます。それに、自動的に不良セクターをスキップできるので、クローンするハードディスクに不良セクターがあっても、クローン失敗の心配が必要ありません。もし、使用されているかどうかにかかわらず、すべてのセクターをクローンしたい場合は、「セクター単位のクローン」機能を有効にすればよいです。
SSD 4Kアライメント:ターゲットディスクがSSDの場合、この機能を使って、クローンした後、SSDの読み書き速度を向上させることができます。
バックグラウンドで実行:クローン作業をバックグラウンドで実行できるので、クローン作業中でもコンピュータを普通に使うことができます。
複数のストレージデバイスに対応:HDDだけでなく、SSD、USB、NAS、クラウドなどのストレージデバイスに対応しています。
強力な互換性:Windows Server 2022/2019/2016/2012(R2)/2008(R2)/2003およびWindows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPをサポートしています。

そして、Windows Server 2022を新しいハードディスクにクローンする前に、まずいくつかの準備作業を行う必要があります。

新しいハードディスクをWindows Serverコンピュータに接続し、検出できることを確認します。
クローン作成後、ターゲットディスクのデータは全て削除されるので、重要なファイルを事前にバックアップしてください。
プロのサーバー向けクローンソフトウェア-AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールします。
Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速

そして、次の手順に従って、Windows Server 2022を新しいハードディスクにクローンしましょう:

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverを開いて、「クローン」→「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

▶ 注意:Windows Server 2022 OSだけを新しいハードディスクにクローンしたい場合、「システムクローン」をご利用ください。

ステップ 2. 元のハードディスクをソースディスクとして選択します。そして、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. 新しいハードディスクをターゲットディスクとして選択します。そして、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ステップ 4. 操作を確認して、「開始」をクリックして、Windows Server 2022を新しいハードディスクにクローンします。

開始

パーティションを編集ターゲットディスクの容量はソースディスクと同じまたはより大きい場合、この機能で、ターゲットディスクのパーティションのサイズを自動または手動で変更することができます。

パーティションを編集

まとめ

この記事では、サーバー向けのプロのクローンソフト-AOMEI Backupper ServerでWindows Server 2022を新しいハードディスクにクローンする方法をご紹介しました。このソフトで、Windows Server 2022を安全にクローンすることができます。クローンした後、新しいディスクからコンピュータを起動し、バックアップのように復元する必要がなく、すべてのプログラム/データを直接使用することができます。

さらに、会社内の無制限のPCとサーバーを保護したい場合、AOMEI Backupper Technician Plusへのアップグレードをご検討ください。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

無料体験版 無制限のPC&Serverに対応
安全かつ高速