By Comnena / 最後の更新 2021年08月17日

大容量HDDを小容量SSDにクローンしたい

大容量HDDを小容量SSDにクローンできますか?

現在のHDDを5年間使用していますが、新しいHDDと交換する必要があるようです。たくさんのフォーラムが今ソリッドステートドライブ(SSD)を推奨していて、たまたまそれを持ってきました。120GBのSDDを持ってきて、HDDは500GBですが、大容量HDDを小容量SSDにクローンする方法はありますか?

-あるユーザーからの質問

大容量HDDから小容量SSDへクローンする理由

システム全体を交換せずにコンピュータのパフォーマンスを向上させたいユーザーが増えるにつれ、システムのハードドライブのアップグレードはかなり一般的になりました。HDDをより小さなSSDにクローンすることを選択する理由は次のとおりです。

大容量HDDから小容量SSDへクローン

高速で高性能:SSDの方がHDDよりも起動速度が速く、読み取り/書き込み速度が速いことはよく知られています。また、SSDは、システムのセキュリティ、互換性、および耐久性で人気があります。
価格:SSDの普及に伴い、SSDはより安価になり、優れたパフォーマンスと手頃な価格のSSDを手に入れることができます。
OS用のSSDとデータ保存用のHDD多くのユーザーは、起動速度を速くするためにOSをSSDに、大容量のためにHDDにデータを置くことを好みます。
時間と労力を節約:大容量HDDを小容量SSDにクローンすると、OSとアプリケーションを再インストールする手間が省けます。さらに、構成されたすべてのシステム設定は、クローン作成後もそのまま残ります。新規インストールと比較して、ドライブのクローンを作成すると、時間を大幅に節約できます。

さて、どのようにして大容量HDDを小容量SSDにクローンしますか?Windowsにはクローン作成機能がないため、専門のサードパーティ製ディスククローンソフトウェアを使用する必要がありますが、どれを選択するのに十分な信頼性がありますか?

無料のディスククローンソフトウェア

インターネットで色々調べてみたら、多くのクローンソフトを見つけましたが、それらはHDDを等しいまたはより大きい容量のHDDにしかクローンできません。容量の大きなHDDからより小さいSSDへのクローンは不可能です。

幸いなことに、AOMEI Backupper Standardは容量の大きさに関係なくHDDからSSDまたは別のHDDにデータを転送できる強力なHDDクローンソフトです。クローンに関する主な機能は次のとおりです。

ディスククローン:Windows、アプリケーション、設定、ユーザーファイルなどを含むすべてのデータを1つのHDDから別のディスクにクローンします。
パーティションクローン:特定のパーティションから別のパーティションにデータをクローンできます。NTFSドライブ、FAT32ドライブなどのクローンを作成するために使用できます。
インテリジェントクローン:プログラムはデフォルトでこのオプションを使用して、ソースディスク/パーティションの使用済み部分のみをクローンします。これにより、大容量HDDを小容量SSDにクローンできます。クローン作成の進行中に、パーティションは小容量SSDに合うように自動的に調整されます。唯一の前提条件は、小容量方のドライブが大容量方のドライブ上のすべてのデータを保持するのに十分な大きさである必要があるということです。
SSD 4Kアライメント:SSDのパフォーマンス(読み取りと書き込みの速度)を向上させ、その寿命を延ばすのに役立ちます(このオプションは最終確認ページに表示されます)。

さらに、クローン作成プロセスが実行されている間も、バックグラウンドで実行できるため、コンピューターを使用できます。Windows 10/8.1/8/7/XP/VistaなどのすべてのWindowsPCオペレーティングシステムがサポートされています。試してみませんか?以下のステップバイステップガイドに従ってください。

大容量HDDから小容量SSDへクローンするためのステップバイステップガイド

始める前に、次のことを行う必要があります。
SSDを準備し、認識されていることを確認します。コンピューターの実行速度を上げたい場合は、Windows 10をNVME SSDにクローンすることをお勧めします。
小容量SSDをコンピューターに接続またはインストールします。
クローン作成プロセスで上書きされるため、ターゲットSSDにファイルが存在する場合はバックアップします。

手順 1. このフリーソフトを無料でダウンロードし、インストールし、起動します。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 「クローン」タブで「ディスククローン」をクリックします。

注意:AOMEI Backupper Standardは無料で、データディスクのクローンなら十分だと思いますが、システムディスクをMBRからGPTへ、GPTからMBRへ、GPTからGPTへクローンしたい場合、有料版にアップグレードしてください。また、有料版ではシステムクローン機能を使用してOSだけをSSDにクローンできるし、クローン先のSSDのパーティションサイズを手動または自動で変更できます。

ディスククローン

手順 3. 大容量HDD(ここではディスク0)をソースディスク(クローン元)として指定して、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

手順 4. そして、小容量SSD(ここではディスク1)をターゲットディスク(クローン先)として指定して、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

※注:小容量SSD上のデータがすべて削除されるので、重要なデータがあれば事前にバックアップを取っておいたほうがいいです。

注

手順 5. SSDへのクローンなので「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れる必要があります。これは、SSDのパフォーマンスを向上させることができます。操作概要を確認して問題なければ「開始」をクリックします。

開始

手順 6. クローンしたSSDから起動するには、BIOSで起動順序を変更するか、HDDをSSDに交換します。

まとめ

Windows 10/8/7で大容量HDDを小容量SSDにクローンしたい場合は、無料のハードドライブクローンソフトウェア-AOMEI Backupper Standardが最適なソリューションです!また、パーティションのサイズやディスクのブランドに関係なく、SSDを別のSSDにクローンするのに役立ちます。SSDをSamsungSSDにクローンしたり、SSDをより大容量SSDにクローンしたり、SandiskSSDを別のSSDにクローンしたりするために使用できます。

コンピューターはServerである場合、AOMEI Backupper Serverの利用をお勧めします。もし、高級機能を求めない場合、無料版はいつまで利用しても構いません。複数のWindowsコンピューターでディスククローンまたはOSの移行を簡単に実行したい場合は、Technician版を使用して、リムーバブルデバイス上にAOMEI Backupperでポータブル版を作成し、インストールせずに任意のターゲットPCで使用することもできます。