By Comnena / 最後の更新 2022年07月19日

Windows 10/11でクローンしたSSDが起動しない

SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)は従来のHDD(ハード・ディスク・ドライブ)よりも優れた特性を持っていることは、ほとんどの人が知っています。HDDと比較して、SSDは、より低い音声より滑らかに走りより速いです。したがって、Windowsユーザーの一部は、より良いパフォーマンスを得るために古いHDDをSSDに換装しようとしています。OSの再インストールを避けるために、SSDへのHDDクローンを選択します。しかし、Windows 11/10/8/7でクローンしたM.2/NVMeなどのSSDは起動しないという問題が発生します。

以下のようなエラーメッセージが表示されるかもしれません。

回復
お使いのPCまたはデバイスは修復する必要があります
要求されたデバイスが接続されていないか、デバイスにアクセスできません。
エラーコード:oxc000000f

 PCのブート構成データが見つからない

Windows10/11でHDDをSSDに換装・クローンした後に起動できません。ハードウェアまたはソフトウェアの変更が原因である可能性があります。問題を解決するには:
1. Windowsインストールディスクを挿入し、コンピュータを再起動します。※このディスクがない場合は、システム管理者またはコンピュータの製造元に問い合わせてください。
2. 言語設定を選択し、「次へ」をクリックします。
3. 「コンピューターを修復する」をクリックします。

クローンしたSSDが起動しない原因

SSDに換装後、クローンしたSSDから起動できない原因はたくさんあります。ここでいくつかの原因をまとめました:

1. ソースディスク(クローン元のHDD)に不良セクタがある場合、クローンしたSSDが起動しなくなる可能性があります。

2. クローン作成中にシステムが壊れている可能性があります。

3. 「システムで予約済み」パーティションのクローン作成に失敗しました。

4. 起動するドライブを間違って設定しました。

5. HDDをSSDに交換している間にドライブ文字が変更された可能性があります。これによってブートファイルが失われる可能性があります。

6. GPT/MBR競合エラーが発生しました。

解決済み:クローンしたSSDが起動しない

上述のように、クローンしたSSDが起動しない原因はさまざまなので、ここでは問題を効率的に解決するためにさまざまな方法を提供しています。

方法 1. BIOSでUEFIまたはレガシーから起動するように設定する

GPT HDDをMBR SSDにクローンした場合、またはMBR HDDをGPT SSDにクローンした場合は、ブートモードをUEFIからLegacyまたはLegacyからUEFIに変更する必要があります。間違ったブートモードでは、クローン後にSSDが起動しなくなります。

ブートモードを変更するには、以下を参照してBIOSの設定を行いましょう。

手順 1. 特定のキー(通常はF2、F8、F12、Del)を押し続け、BIOSセットアップに入ります。

手順 2. 次に、矢印キーを使用して「ブート」タブを選択します。ここでは、LegacyまたはUEFIとして「UEFI/BIOS Boot Mode」を選択できます。

UEFI BIOS

手順 3. F10キーを押して設定を保存して終了し、クローンしたSSDからコンピュータを再起動します。

※お使いのコンピュータがレガシーブートモードのみをサポートしている場合は、GPTをMBRに変換して、レガシーBIOSブートモードでHDD/SSDを正常にブートできます。

方法 2. クローンしたSSDから起動するように起動順序を変更する

コンピュータに複数のデバイスがある場合、起動に失敗した原因としては、起動順位が間違っているかどうかを検討する必要があります。そうであれば、BIOSに入り、起動デバイスを変更し、クローンしたSSDからブートするように設定します。

方法 3. Windows REからWindows起動を修復する

Windows 10/11でクローンしたSSDが起動しない場合、Windowsの起動環境を修復するためにWindows回復環境(Windows RE)に入る必要があります。Windowsの「スタートアップ修復」によって、いくつかのエラーが修正され、正常に起動するのに役立ちます。

手順 1. Windowsのインストールディスクから起動します。「コンピュータを修復する」を選択します。

手順 2. 「詳細オプション」に入ると、「トラブルシューティング」->「詳細オプション」->「自動修復」を選択します。その後、起動時の問題の修復が開始されます。

方法 4. Bootrec.exeを実行する

Windowsのスタートアップ修復が機能しない場合は、Bootrec.exeを使用して、Windows 11/10/8/7でクローンしたSSDが起動しない問題を修正できます。

Windowsインストールディスクからコンピュータを起動します。「トラブルシューティング」->「詳細オプション」->「コマンドプロンプト」を選択します。ポップアップウィンドウで、次のコマンドを入力して、HDDからSSDへのクローン作成後にWindows 10/11の起動に失敗する問題を修正します。

bootrec.exe
bootrec.exe /fixmbr
bootrec.exe /fixboot
bootrec.exe /scanos
bootrec.exe /rebuildbcd

クローンしたSSDが起動できることを確保する方法

クローンしたSSDから正常に起動できるために、ここでは最高の無料ディスククローンソフトウェアAOMEI Backupper Standardを使用することを強くお勧めします。簡単な手順でSSDにHDDをクローンすることができます。パソコン初心者に対しても適用することができます。また、ブータブルメディアを作成して起動せずにHDDをSSDにクローンすることにも役立ちます。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

※注意事項:
✦ GPT HDDをMBR SSDにクローンしようとする場合は、GPT HDDのパーティション数を4つ未満にする必要があります。そうでない場合は、MBR SSDをGPTに変換する必要があります。
✦ GPT HDDが2TBを超えている場合は、MBR SSDにクローンすることはできません。
✦ システムディスクを別のパーティションスタイルに複製する場合、AOMEI Backupperはターゲットディスクを変換するかどうか尋ねます。
✦ 現在のオペレーティングシステムが32ビットの場合、GPTディスクに複製することはできません。32ビットシステムはGPTディスクから起動できないためです。
✦ AOMEI Backupperを使用すると、小容量SSDへ大容量HDDをクローンすることができます。これは、転送先ディスクの空き容量がソースディスクの使用容量より大きいか、等しい必要があります。

※クローン作成の手順:

手順 1. SSDをコンピュータに接続し、SSDを検出できることを確認します。AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロードし、インストールして起動してください。「クローン」->「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

注意事項:✎...
このバージョンはデータディスクのクローンと、MBRからMBRへのシステムディスクのクローンをサポートします。もしMBRからGPTディスク、GPTからMBRディスク、またはGPTからGPTディスクにOSを移行したい場合、AOMEI Backupper Professionalまたは他の有料バージョンにアップグレードすることを検討してください。
ソースディスクとターゲットディスクのパーティションスタイルを確認するには、「ディスクの管理」で、ディスクを右クリックして、「プロパティ」>「ボリューム」>「パーティションのスタイル」を選択し、MBRまたはGPTを見ることができます。また、AOMEI Backupperでディスクを選択する時、パーティションスタイルをチェックすることができます。

パーティーションスタイルの確認

手順 2. ソースディスクとしてHDDを選択します。

ソースディスク

手順 3. ターゲットディスクとしてSSDを選択します。

目標ディスク

手順 4. ここで最終ページに移動します。「SSD 4Kアライメント」のチェックボックスをオンにします。「開始」をクリックします。

クローンの開始

システムのクローンのみを作成したい場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードして、システムクローン機能とより高度な機能をアンロックすることができます。
あるコンピュータから別のコンピュータにディスクを複製しようとすると、異種ハードウェア復元を使用することができます:AOMEI Backupperを使用してHDDをSSDにバックアップします。次にAOMEIブータブルメディアを作成してターゲットコンピュータをブートします。ユニバーサル復元オプションが有効になっていることを確認し、ターゲットSSDにバックアップを復元します。
「パーティションを編集」を使うと、「パーティションのサイズを変更せずコピー」、「各パーティションに未使用領域を追加」(推薦)、「パーティションのサイズを手動で変更」を選択できます。最後の二つの機能を利用したい場合は、有料版にアップグレードしてください。
「セクター単位のクローン」の機能を利用して、使用されたかどうかに関係なく、HDDの全てのセクターをSSDにコピーします。SSDのサイズはソースディスクと同じ、あるいはソースディスクよりも大きい場合しかこれを選択できません。

パーティーションを編集

まとめ

クローンしたSSDが起動しない場合、記事で述べた理由に従って、問題を解決するのに役立つ方法を選択することができます。しかし、一つずつエラーを解決するのは時間がかかるかもしれません。

一番良い方法は、無料かつ安全なディスククローンソフトウェア-AOMEI Backupper Standardを使って、HDDをSSDにクローンすることです。クローンした後、クローンしたSSDから直接にパソコンを起動できます。そして、自分のニーズに応じて、使用セクタだけをクローンすることも、すべてのセクタをクローンすることもできます。また、SSDの読み取りと書き込み速度を加速し、SSDの寿命を延長することもできます。

さらに、システムクローン(有料版のみ)とパーティションクローン機能を提供します。最近、システムをWindows 11にアップグレードした場合、このソフトウェアをWindows 11移行ツールとして使用することができます。このソフトをダウンロードして、より多くの便利な機能を探索しましょう~