By Comnena / 最後の更新 2021年09月27日

1TBのHDDを500GBのSSDにクローンできますか?

1TBのハードディスクを使用していますが、ゲーム機のスピードを上げるために500GBのSamsung 850 EVO SSDを購入したいです。ここで、質問が2つあります。

Samsung Migration Software(日本語版)で新規購入したSamsung 850 EVO SSDにすべてのデータをHDDからクローンできますか?

Windows 10の内蔵ユーティリティを使用して2TB HDDから1TB HDDへデータをクローンする場合、問題が発生したことがありますから、1TB HDDから500GB SSDに無事クローンする方法はありませんか?

--実例

大容量HDDから小容量SSDにクローンする理由

ソリッドステートドライブ(SSD)は、簡単に言えばハードディスク(HDD)に代わる記憶媒体になります。SSDはますます普及しており、より優れたパフォーマンスを得るには、ハードディスクドライブ(HDD)をソリッドステートドライブ(SSD)にアップグレード/換装しようと考えているユーザーは多いです。

1tb hdd ssd 換装

大容量HDDから小容量SSDへクローンすれば、より多くの利点をもたらしてくれます:

起動時間が短くなります。
プログラムやゲームの読み書きスピードが速くなります。
応答速度が速くなります。

最高のHDDからSSDへのクローンフリーソフト

ノートパソコンで大容量HDDから小容量HDD/SSDへのクローンを作成する場合が多いです。例えば、1TB HDDから500GB SSDにクローン、1TB HDDから250GB SSDにクローン、1TB HDDから256GB SSDにクローンなど。異なる容量のHDDのクローンは簡単なことではありません。だから、1TB HDDから500GB SSDにクローンするためのクローンソフトウェアが必要になります。

AOMEI Backupper StandardはWindows 7/8/10/11向け最高のHDDクローンソフトウェアで、大容量HDDから小容量SSDへクローン/換装したり、小容量HDDから大容量SSD/HDDへクローン/換装したりすることができます。このソフトウェアは、MBR/GPTディスク、NTFS/FAT/EXTファイルシステム、ダイナミックディスクやハードウェアRAIDなどをサポートしています。また、Samsung SSD、Toshiba OCZ SSD、SanDisk SSD、WD SSDやKinston SSDなどにも適用されます。

✦ PCの安全性を保証するためにシステムをバックアップし、システムイメージを作成します。
✦ HDD全体、SSDまたは特定のパーティションをバックアップし、イメージファイルを作成します。
✦ 重要なファイルやフォルダを定期的にバックアップし、または同期します。
✦ 自動バックアップまたは増分バックアップを設定し、時間とストレージスペースを節約します。
ファイルの自動同期:スケジュールを設定し、毎日、毎週または毎月ソースパスからターゲットパスへファイルを自動同期させます。

クローニング前

以下を準備してください。

✦ オリジナルの1TB HDDがインストールされたコンピューター
✦ 500GB、521GB、256GB SSDなどの小さいSSD:1TB HDDからデータを保存するのに十分な容量があることを確認してください。そうしないと、クローン作成に失敗します。
✦ SATA-USB変換ケーブル:新しいSSDを、ハードドライブベイが1つしかないラップトップに接続します。
✦ AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、大きなHDDを小さなSSDに無料でクローンしてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

1TB HDDから500GB SSDにクローンする方法

開始する前に、SATA-USB変換ケーブル経由でSSDをパソコンにインストールします。では次に、Windows10で1TB HDDから500GB SSDにクローンする方法を説明します(他のケースにも適用されます:1TBHDDから256GBHDDにクローンなど)。言い換えれば、HDDをSSDに換装しましょう~

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをお使いのパソコンにインストールし、実行します。「クローン」>>「ディスククローン」を選択します。

 ※補足:無料版はデータディスク間のクローンとMBRタイプの起動ディスクからMBRディスクへのクローンのみをサポートしています。GPTタイプの起動ディスクをクローンするか、MBRタイプの起動ディスクからGPTディスクにクローンする場合は、AOMEI Backupper Professionalまたは他の有料版へアップグレードする必要があります。

ディスククローン

ステップ 2. 1TB HDDをソースディスクとして選択します。「次へ」をクリックします。

1TB HDDをソースディスクとして選択

ステップ 3. 1TB HDD上のデータを保存する用500GB SSDをターゲットディスクとして選択します。「次へ」をクリックします。

500GB SSDを選択を宛先として選択

ステップ 4. 「SSD 4Kアライメント」を選択した後、「開始」をクリックします。

開始

★ヒント:
「セクタ単位のクローン」を選択する場合は、ターゲットディスクがせめてソースディスクの容量と同じであることを確認してください。
「SSD 4Kアライメント」オプションをオンにすると、クローン先SSDドライブの読み取りおよび書き込み速度を加速したり、寿命を延ばします。
パーティションを編集:クローン作成中にターゲットSSDのパーティションサイズを調整して、クローン先ドライブのストレージスペースを完全に使用することができます。この機能はAOMEI Backupper Professionalで利用できます。お楽しみいただくには、Professionalにアップグレードしてください。

時間コストは、1TB HDD上のデータのサイズによって異なります。コーヒーを飲んで休憩してください。

クローンしたSSDから起動します

1TB HDDから500GB SSDへのクローン作成の操作が終了したら、次のようにクローンしたSSDから起動するようにBIOSをセットアップします。

デスクトップの場合は、コンピューターを再起動し、製造元に応じてF2F10F12DEL、またはその他のキーを繰り返しクリックしてBIOSに入り、最初の起動デバイスがクローンしたSSDであることを設定してから、通常どおり起動します。

ラップトップの場合は、コンピューターをシャットダウンし、1TBのHDDを取り出し、500GBのSSDをスロットに挿入し、コンピューターを再起動して、クローンしたSSDから通常どおり起動します。

今まで、すべてが行われています。

まとめ

AOMEI Backupperは専門的なバックアップソフトです。それはあなたが簡単かつ安全に1TB HDDから500GB SSDにクローン/換装するのに役立ちます。さらに、このソフトウェアは写真を同期、システムイメージを作成、外付けHDDにバックアップなど、より多くの機能を提供します。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。

最後までありがとうございます。o(〃'▽'〃)o