コンピューターのためにシステムイメージを作成する方法

システムイメージとは

システムイメージはコンピューターが実行するのに必要なパーティションのバックアップです。通常に、一つのシステムイメージバックアップは、オペレーティングシステム、ブートセクター、カスタム設定、これらのパーティションにインストールされたすべてのプログラムと保存されたファイルを含む圧縮ファイルです。そのため、HDDが故障したり、Windowsが起動できない場合、システムイメージバックアップからコンピューターを復元できます。一般的に、システムイメージはCドライブのバックアップに等しいですが、いつもそうではありません。一部の状況で、それもシステム予約済みパーティションまたはEFIシステムパーティション(ESP)を含みます。

時には、システムイメージはディスクイメージに等しいですが、時には違います。例えば、お使いのコンピューターに一つの内蔵ディスクだけがあります。そして、パーティションレイアウトは「C:ドライブ」、「D:ドライブ」、「E:ドライブ」です。この状況で、システムイメージはC:ドライブだけをバックアップします。しかし、ディスクイメージはC:ドライブ、D:ドライブ、E:ドライブをバックアップします。もし、ディスクにはC:ドライブだけがある場合、システムイメージとディスクイメージは同じです。

いつシステムイメージバックアップの作成が必要ですか

OSの向上、データのバックアップとハードウェアのアップグレードなどのためにシステムイメージはとても有用です。

  • コンピューターでWindowsと最も頻繁に使用されたソフトウェアのクリーンインストールを完了したばかりです。これは多分システムイメージを作成する最高の時間ポイントです。この時、システムのすべてのことがクリーンで、順調に実行します。この後、悪いことが発生すると、この元の状態にコンピューターを戻すことができます。

  • 速いSSDで遅い機械的なHDDを交換しようとします。システムイメージを作成します。SSDのためにHDDを交換して、SSDへシステムイメージを復元します。もし、HDDとSSDは同時にコンピューターに挿入されることができるなら、直接にHDDからSSDにOSを移行できます。それは時間を節約します。

  • 「SMART Failure Predicted on Hard Disk」、「Hard disk failure is imminent」、「Windows detected a hard disk problem」などのエラー警告を受ける時、システムイメージまたはディスクイメージを作成する必要があります。現在HDDが故障しなくても、将来問題があるかもしれません。

システムイメージを作成する方法

「バックアップと復元」というシステムイメージツールは最初MicrosoftによってWindows 7で紹介されます。Windows 10とWindows 8.1で、この機能が「ファイル履歴」の下に移動されます。しかし、どちらもいくつかの制限があります。例えば、複数のスケジュールを設定できません。フラッシュドライブにシステムイメージを保存できません。システムイメージを保存するディスクはNTFSでフォーマットされないといけません。AOMEI Backupperのようなサードパーティ製の無料バックアップソフトウェアはこれらの制限を解除できます。そして、簡単にシステムイメージバックアップを作成できます。

1: AOMEI Backupperをダウンロードして、インストールし、起動します。マウスポインタを「バックアップ」に移動して、それをクリックします。そして、右側のリストから「システムバックアップ」を選択します。

システムイメージ

2:まず、デフォルト「タスク名」を編集できます。プログラムは自動的に必要なパーティションを選択しました。システムイメージを作成する時、どのドライブがバックアップされる必要があるのを知らない素人にとってそれは良いと思います。

システムイメージ作成

「2」で、このプログラムは自動的にシステムイメージバックアップを保存する一つの場所を選択しました。それをクリックして、別の場所を選択できます。ローカルディスク、外付けHDD、USBフラッシュドライブまたはCD/DVDにシステムイメージを保存するために、「PC」(あるいは「コンピューター」)をクリックして、宛先を選択してください。「Share/NAS」をクリックして、NASデバイスやネットワークドライブにシステムイメージを保存することもできます。

バックアップ場所

3:それでほぼ終了しますが、システムイメージはいつも最新のことに保つのを確保するために、「スケジュール」前のチェックボックスをチェックして、スケジュールシステムイメージバックアップを作成したほうがいいです。ここでは複数のスケジュールを同時に作成できます。例えば、デイリー、ウイークリーとマンスリーです。「詳細」をクリックした後、フルバックアップ、増分バックアップまたは差分バックアップからシステムイメージをスケジュールする方法を選択できます。

スケジュールシステムイメージ

また、「オプション」をクリックして、バックアップの設定を行えます。例えば、コメントを書き、パスワードでシステムイメージを暗号化し、高いレベルでディスクイメージを圧縮します。

バックアップ設定

4: 自分のニーズによって、「スケジュール」や「オプション」はオプショナルです。ステップ3をスキップして、システムイメージを保存する場所を選択した後、直接に「開始」をクリックできます。

開始

ディスクイメージ回復を行う方法

AOMEI Backupperは速くて、柔軟なディスクイメージ回復ソリューションを提供します:

  • システムクがラッシュしたり、ディスクが故障する場合、「ブータブルメディアの作成」を使用して、Windows PEブータブルUSB/CDを作ります。それで、コンピューターを起動し、ディスクイメージ回復を実行します。

  • もし、全体ディスクイメージでなく、個々のファイルだけを選択して、復元したい場合、「イメージファイルを検索」を使用して、ディスクイメージを仮想パーティションとしてマウントし、データをコピーできます。

  • 異なるハードウェアを持っている新しいコンピューターで古いコンピューターを代替したい場合、「ユニバーサル復元」を使用して、HDDイメージ回復を実行できます。

  • 手動で一つずつ復元する代わりに、複数のコンピューターにディスクイメージをデプロイしたい場合、AOMEI Image Deployを使用して、イメージデプロイメントを実行できます。