フリーウェアによって、C ドライブをSSDに移行する方法

SSDとHDDについて

貴方はなぜ人々はC ドライブをSSDにクローンまたは移行する必要があることに好奇 心を持つかもしれません。このパズルを把握するには、HDDとSSDを比較して、SSDの 利点を知らなければなりません。通常に、コンピューターは、OEM (オリジナル機器 メーカー)からHDD が装備されています。 HDDはSSDより安いですけれど、より大き い容量を持ちます。しかし、HDDのインプットスピードとアウトプットスピードはSSD に及びません。SSDはユーザーに移植性、低消費電力とかの使用体験を感じさせる可 能があります。SSDは殆ど振動と発熱なし運行します。振動とストライクでデータを 失うリスクをさげることができます。そして、SSDは強大なプロパティのおかげ で、-10°cから70°cまでの温度段で運行することができます。高度な要求のため、 SSDはかんたんにRAID arrayとして使用されるのも可能ですけれど、これはHDDに難 しいです。なぜ人々はCドライブをSSDにクローンするかと今分かるだろう。

だから、SSDへ移行し、より良いパフォーマンスを得るつもりがあるかもしれません 。或いは、数年の使用後、ハードドライブをアップグレードしたいだけです。

Cドライブを移行する前に

CハードドライブをSSDへ移行する前に、まずはシステムとデータをバックアップしま す。この移行プロセスにはデータを失うことは発生しませんが、念の為に、バックア ップしたほうがいいです。そして、デスクトップにとって、60GBのボリューム付きの SSDは通常に十分です。ノートパソコンにとって、ユーザーはただ唯一のディスクベ イがありますから、より複雑になります。もしノートパソコンを持ちながら、歩き回 っていれば、予算範囲内でもっと大きいSSD (120 GBか250 GB)は適切のかもしれませ ん。最も大切なことはデータを保存するストレージスペースが十分大きいということ です。もし十分大きくなければ、そしてもっと大きいのも買いたくなければ、いくつ かのアプリケーションかファイルをアンインストールしてCドライブをを最小化しま す。通常、このタスクを完了するソリューションが二つある:内蔵ディスク管理とサ ードパーティのソフトウェアです。

Windowsツールによって、CドライブをSSDへ移行する方法

最初のソリューションは、Windowsツールといくつかの手動の実用的な操作 (Windows7を例とする)によって、Cドライブを移行します。もし実用的な操作が好 きではなければ、直接に次のソリューションに入ってください。

まず、通常HDDはSSDより大きいですから、より小さなSSDに納まるように C ドライブ を縮小します。「コンピュータ」を右クリック->「管理」->「ディスクの管理」、そ してC ドライブを右クリックして「ボリュームの縮小」を選びます。(「縮小する領 域のサイズ(MB)」にSSDのボリュームよりせめて10%小さい数値を入れる)

ボリュームの縮小

次は、縮小されたC ドライブとシステム保留パーティションをバックアップディスク へバックアップします。「コントロ—ルパネル」->「システムとセキュリティ」->「 バックアップと復元」->「システムイメージの作成」。バックアップイメージは作成 してから、修復ディスクが必要です。Windows 7インストレーションディスクがあれ ば、「いいえ」をクリックする一方、もしなければ、「はい」をクルックしてウィザ ードの指示に従って一つ作成します。後、PCをシャットダウンします。

システムイメージ

他に、SSDをインストールし、バックアップイメージから復元します。PCケースを開 いて、バックアップディスク以外ドライブを全部切断します。修復ディスクまたは Windows 7インストレーションディスクを挿入します。PCは光ディスクから起動して から、「コンピュータの修復」を選ぶ->「前作成されたシステムイメージでコンピュ ータを復元」->「最新の利用可能なシステムイメージ」。消去されますから、復元し たいハードドライブはただ一つと確認してください。もし他のハードドライブもあれ ば、これらを除外しなければなりません。「次へ」->「終了」->「再起動禁止」->「 シャットダウン」のようにクリックしてください。

最後、元OSドライブ以外、他のドライブを全部接続して、コンピュータは起動するこ とができるかどうか検査します。コンピュータを起動し、ディスク管理を開きます。 新たなOSパーティションを右クリックし、「ボリュームの拡張」を選択してSSD を満 たします。(Windows は自動に計算しますから、既定値を変更しないでください。) 管理者モードの状態でコマンドプロンプトで単一コマンドを入力します。「スタート 」->「全部プログラム」->「アクセサリー」の通りに選択し、「コマンドプロンプト 」を右クリックし、これを管理者として運行しています。後、このコマンドを入力す る:Winsat disk。このコマンドラインで、Windows は新たなドライブを検出し、そ のドライブをSSDとします。だから、これらのドライブに固有のすべての機能を有効 にします。

随分複雑だろう。他に、このソリューションには潜在的な問題があります。例えば、 CドライブをSSDに納まれるまで縮小しなくてどうすればいいんですか?これらのハー ドドライブをインストールしてから、コンピュータは起動しなくてどうすればいいん ですか?確かに手動の実用な操作が必要です。

幸いなことに、もう一つソリューションがある:サードパーティのソフトウェアでハ ードドライブをSSDにクローンします。もしネットサーフィンするのなら、類似な機 能を提供してくれる殆どのソフトウェアは有料ソフトだと分かります。しかし、ある フリーウェアを試すことができる--AOMEI Backupper Standard、これは以上の問題を 全部解決できます。このプログラムでただいくつかのクリックしてCドライブを移行 できる機能――「システムクローン」あります。こうして複雑な実用操作がなくなり ます。どんなコマンドラインも入力する必要がありません。これは流行っている Windows OSを全部サポートします。例えば、 Windows XP/Vista/7/8/8.1/10。AOMEI Backupperをダウンロードし、使用してみてください。

AOMEI BackupperでCドライブを移行する

システムをSSDにクローンすることで、このプログラムは移行することを完成します。SSDを挿入し て、Windowsから検出されると確認してください。ノートパソコンにとって、外部エンクロージャ またはアジャスターでコンピューターにSSD を接続します。

ステップ1. AOMEI Backupperをインストールし、起動します。「クローン」を選択-> 「システム クローン」(この機能を使用する為に、まず、ソーシャルネットワークでメッセージの共有で機能 ロックを解除する必要があります。ウィザードの通りにやってください。)

クローン

ステップ2. 宛先ディスクを選びます。(もしSSDは検出されたら、きっと見えます。SSDを特定場 所とする必要があります。)

宛先パーティション

ステップ3. 「操作の概要」をチェックします。(Cドライブと保留システムはもう選択されて、こ うしてSSDから正常に起動することができます。)確認してから、「スタートクローン」をクリッ クします。

操作概要

ヒント:

「セクター BYセクター」:このオプションにすれば、ソフトウェアは全てのセクターをクローン します。

「パーティションのアライメントでSSDを最適化する」:宛先ディスクはSSDですから、このオプシ ョンにすると強くお勧めします。この操作は上述のコマンドラインを入力することと同じ結果があ ります。

もしよかったら、SSDを始めの起動装置とします。古いHDDと言えば、コンピュータの二番目のスト レージとして使えます。これは最初のソリューションより簡単だろう。ただいくつかのクリックで CドライブをSSDに移行することができます。実際に、AOMEI Backupperにはもっと強力な機能があ ります。もし必要があれば、全部のディスクをクローンすることもできます。そして、コンピュー ターが故障しないように起動レスキューメディアを作成します。重要なことはAOMEI Backupperを ダウンロードしてより良好なコンピュータ管理を体験してみてください。