By ゆき / 最後の更新 2021年08月27日

なぜSSDクローンソフトが必要か?

ご存知のように、SSD(ソリッドステートドライブ)の上にWindows 10/8/7をインストールして、ゲームをすることは素晴らしい体験です。だから、沢山のユーザーはHDD(ハードディスクドライブ)をSSDにアップグレードしたいです。一部の人は、新規インストールが好きですが、WindowsをSSDにクリーンインストールした後、アクティブ化するか心配する場合があります。他の人は、SSDのより良いパフォーマンスを取得したいですが、Windowsシステムとプログラムを再インストールする時間を費やしたくないです。彼らの悩みについては、HDDクローンソフト - AOMEI Backupperが解決できます。これは誰でも簡単に使えるWindows 10/8/7向けSSDクローンソフトです。とてもオススメです!

SSDクローンフリーソフト ‐ AOMEI Backupper Standard

AOMEI Backupper StandardはWindows 10/8.1/8/7のために開発されたバックアップフリーソフトで、データをあるディスクから別ディスク(SSDとHDDどちらでもいい)に転送することができます。データをHDDからSSDにクローンするように、それは3つの方法を提供します:システムクローン(SSDにOSだけを移行する)、パーティションクローン(SSDに特定のパーティションをコピーする)、およびディスククローン(SSDにHDD全体をコピーする)です。

しかし、システムクローンを実行したい場合、やシステムディスクをMBRからGPTへ、またはGPTからMBR/GPTへクローンしたい場合、AOMEI Backupper Standard版をAOMEI Backupper Professional版にアップグレードする必要があります。また、AOMEI Backupper Professionalで異なるハードウェアを搭載した別コンピューターにシステムバックアップやディスクバックアップを復元できます。
購入前にその体験版をダウンロードし、その強力な機能を試みることができます。Proの無料体験

ソースディスクのデータを格納するのにSSDは十分な空き容量を持つ限り、大容量HDDを小容量SSDに換装することもできます。もしSSDには十分なディスク容量がないなら、HDDから一部のデータを他のストレージ(外部記憶装置)に移動することができます。

※ちなみに、Windowsの起動に関するファイル(OSと関連するアプリ)をすべてSSDに転送するシステムクローンは、実行中にコンピューターをそのまま使用できます。

AOMEI Backupper StandardでHDDをSSDにクロンする方法

AOMEI Backupper StandardでHDDをSSDにクローンするのは、ただ数回のクリックが必要です。さて、どのようにMBR HDDを丸ごとMBR SSDにコピーするかを例として、このSSDクローンソフトの使い方を見てみましょう。

  • ノート:システムディスクでもMBRディスクからMBRディスクへクローンする場合、無料版のAOMEI Backupper Standardを使うのは十分です。

ステップ 1. このフリーソフトをダウンロードし、インストールし、開きます。

ステップ 2. 「クローン」タブをクリックしてから「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 3. システムディスク(MBR HDD)をソースディスク(クローン元)として選択して「はい」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 4. MBR SSDをターゲットディスク(クローン先)として選択して「はい」をクリックします。指定したターゲットディスクの上にパーティションやデータがあれば、クローン中にすべて削除されることに注意してください。

ターゲットディスク

ステップ 5. 「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れます。そして、操作を確認して問題なければ「開始」をクリックします。

開始

ステップ 6. このクローンタスクから離れて、コンピューターで他の仕事をしてもいいです。終了したら、「完了」をクリックします。

結論

データをSSDに転送するつもりなら、このSSDクローンソフトを試してみてください。また、AOMEI Backupperはバックアップ&復元ソフトなので、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイル/フォルダのバックアップなどができます。復元の機能も思った以上すごいです。コンピューターが起動できない時、ブータブルメディアAOMEI PXE Toolを使用して、コンピューターをバックアップイメージから回復できます。

そのほかのバージョン | AOMEI Backupper:1台のServer向けのServer版、台数無制限のPC向けのTechnician版、台数無制限のServer向けのTechnician Plus版もあります。Technician(Plus)版を利用して、クライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較