By AOMEI / 最後の更新 2020年04月08日

Crucial SSDのインストールキットについて

もしHDDをCrucial SSDにクローンするつもりがあれば、Crucial SSDのインストールキットを購入しようと思ったことがあるでしょう。そのキットにはHDDをSSDにクローンする用の機能が全てあるからです。例えば、データ移動ソフトウェア、USB-SATAケーブル、3.5インチアダプターブラケット、いくつかの螺丝、標準のSATAケーブルです。そして、Crucial公式サイトで24.99ドルかかって、手に入れることができます。しかし、弱点があります。データ移動ソフトウェアは古いし、フォーマットされたGPTと互換性がありません。デスクトップへCrucial SSDをインストールする場合は、元々ある機能の他に、SATA電源ケーブルも必要です。もしこのキットを購入したくなければ、HDDからcrucial SSDへのクローンをサポートする無料のSSDクローンソフトウェアを利用してよろしいです。

HDDをcrucial SSDにクローンする方法

無料のクローンソフトウェアAOMEI Backupper Standardで、パーティションテーブルが異なっても、大きなHDDを小さなSSDにクローンすることもできます。すなわち、ディスクの変換なしで、MBRからGPTへのクローン、GPTからMBRへのクローンもできることです。そこで、Windowsの作動やクローンの実行には互換性があります。そのクローンソフトウェアを使用するには、わざわざ起動可能なメディアでコンピュータを起動する必要がありません。もちろん、そのソフトウェアでWindowsをロードせずに、ブート可能なUSBディスクまたはCD/DVDを作成して、クローンを実行してもよろしいです。

バックアップ&復元フリーソフト | AOMEI Backupper Standard

Windows 10/8.1/8/7/Vista/XPなどすべてのWindows PCオペレーティングシステムをサポートしています。

無料ダウンロード

Win 10/8.1/8/7/XP

ダウンロード数が2千万回を超えた

HDDをSSDにクローンするには:

1. SATAケーブルでCrucial SSDをデスクトップに接続します。或いは、SATA―USBケーブルでSSDをデスクトップに接続します。

2. HDDをCrucial SSDにクローンするには、その無料のクローンソフトウェアをダウンロードし、実行します。

3. プログラムが正常に読み込まれると、「クローン」 をクリックし、「ディスククローン」を選択します。一方、OS のクローンをしたければ、「システムクローン」を選択します。

ディスククローン

4. HDDをソースディスクと選択し、Crucial SSDを宛先ディスクとします。

ソースの選択

5. HDDをCrucial SSDにクローンする最後のステップ、「開始」をクリックしてクローンを始めます。

開始

クローン中、コンピューターで別のことができます。クローンが完了したら、SSDを最初の起動デバイスとします。さらに、AOMEI Backupperも、バックアップと復元機能を提供してくれますから、SSDにHDDをバックアップと復元することもできます。

結語

最後までありがとうございます。AOMEI Backupperは、強力な機能を持って、いつもユーザー側から考える最高のバックアップおよび復元ソフトウェアです。もっと高級なバージョンであるAOMEI Backupper Professionalは、スケジュールされたバックアップを実行することができます。また、スケジュール設定を開いて、完全バックアップ、増分/差分バックアップも実行できます。もしWindows Serverである場合、AOMEI Backupper Serverのバージョンが最適です。