最高の無料のCrucial SSDクローンソフトをダウンロード!使い方付き

Windows 11、10、8、7でCrucial SSDへのクローンを実行するために利用できる無料Crucial SSDクローンソフトウェアを探していますか?この記事では、Crucial SSDのクローンを作成するための最高のクローンソフトとその使い方についてご紹介します。興味のある方、ぜひ続けてご覧ください。

Comnena

By Comnena 最後の更新 2024年06月14日

共有: instagram reddit

最高の無料のCrucial SSDクローンソフトウェアをダウンロードする前に、まずCrucial SSDとは何かを理解しましょう~(●'◡'●)

Crucial SSDについて

SSDはPCストレージの次の進化形であり、HDD内の老朽化したテクノロジーよりも高速、静音、低温で動作します。さらに、可動部分がないため、ハードドライブよりも耐久性と信頼性が高くなります。

あらゆる種類のSSDの中で、Crucial(クルーシャル) SSDは最も有名なSSDの1つです。これは、世界最大のメモリメーカーの1つであるMicronの一部であり、ソリッドステートドライブの初期の頃から開発されています。Crucial P5 Plus、Crucial X6、Crucial MX500、Crucial BX500などのCrucial SSDが市場で人気があります。

Crucial SSD

Crucial SSDを使用すると、パソコンのパフォーマンスを向上させることができます。それ故に、ハードディスクをCrucial SSDにアップグレードするのはよい選択です。アップグレードを実行するときに、すべてのデータをCrucial SSDに移行することができます。ただし、そのために、クルーシャルSSDクローンソフトウェアの助けが必要です。

Crucial SSDインストールキット

デスクトップPCシステムでHDDをCrucial SSDにアップグレードすることを計画している場合は、SSD用のCrucialデスクトップ簡単インストールキットが役立つかもしれません。2,800 円でクルーシャル公式サイトで入手できます。キットには、SATA-SATAデータ転送ケーブル、USB-SATAデータ転送ケーブル、2.5インチから3.5インチのサイズ変換SSDブラケット、取り付けネジが含まれています。

Crucial SSDインストールキット

また、キットにはSSDクローンソフトウェアAcronis True Imageが含まれていますが、多くのユーザーから、ディスクの移行中にソフトウェアがSSDを認識できなかったり、不明な理由でデータの移行に失敗したりしたとの報告がありました。

Acronis for CrucialがSSDを認識しない

残念ながら、そのような状況に遭遇した場合、または同様の状況を回避したい場合は、最初に他の無料のクローン作成ソフトウェアを試すことができます。

最高のCrucial SSDクローンフリーソフト【オススメ】

最高のCrucial SSDクローンフリーソフトAOMEI Clonerは、数回クリックするだけでデータを移行することができます。

✦ この無料のSSDクローンソフトウェアは、インストールされているアプリケーション、および失われたくないその他すべてのデータを含む、ディスク全体をCrucial SSDにクローンするのことができます。

✦ 「セクター単位のクローン」機能を使用すると、使用されているかどうかに関係なく、すべてのセクターのクローンを作成できます。この機能により、暗号化されたディスクを解除せずに、クローンすることができます。

✦ デフォルトで、使用されているセクターのみをクローン先にクローンするので、SSDをより小さなSSDにクローンすることもできます。たとえば、500GBのHDDを250GBのSSDにクローンします。唯一の前提は、ターゲットドライブに元のSSDにデータを保存するのに十分なスペースがあることです。また、この機能で、クローン元の不良セクターがスキップされ、不良セクターによるクローン失敗を避けられます。

✦ 「SSD 4Kアライメント」オプションを提供します。このオプションにチェックを入れると、パーティションを調整して、クローンしたSSDの読み取りおよび書き込み速度を最適化できます。

CrucialクローンフリーソフトでCrucial SSDにクローンする方法

AOMEI Clonerは、Windows 11/10/8.1/8/7/XP/Vista PCで正常に動作し、Crucial P5 Plus、Crucial X6、Crucial MX500、Crucial BX500などを含むすべてのCrucial SSDをサポートしています。数回クリックするだけでクローン作成を完了できます。Crucial SSDクローンに関する詳細な手順については、読み続けてください。

注意:クローンした後、ターゲットディスクにあるすべてのデータが上書きされるので、Crucial SSDに重要なデータが保存されている場合は、事前にそれらのファイルをバックアップしておいてください。

クローンを実行する前に、Crucial SSDをPCに接続し、それが検出できることを確認してください。次に、AOMEI Clonerを使用してHDDをSSDにクローンする方法をご案内しましょう。

手順 1. Crucial SSDクローンフリーソフト(AOMEI Cloner)をダウンロード、インストール、起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/Vista/XP
安全かつ高速

手順 2. 「クローン」タブで「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

注意:無料版はデータディスク(システムが入っていないディスク)のクローンのみをサポートしています。システム/起動ディスクをクローンしたい場合、プロ版へアップグレードする必要があります。

手順 3. ソースディスクとしてHDD(システムディスクまたはデータディスク)を選択して、ターゲットディスクとしてCrucial SSDを選択します。

ソースディスク

ターゲットディスク

手順 4. 「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れ、ターゲットSSDの読み取りおよび書き込み速度を加速します。次に、「開始」をクリックします。

開始

💛便利なオプション:

パーティションを編集(有料版で利用可能):ターゲットディスクの容量がソースディスクと同じまたはより大きい場合、ターゲットディスクのパーティションサイズを調整できます。クローン完了後、クローン先のディスクに使えない未割り当て領域がないことを確保できます。

手順 5. ディスククローンの進捗状況が100%に達すると、「完了」をクリックしてください。

進捗状況

クローンしたSSDから起動する方法

Crucial SSDへのクローン作成の操作が終了したら、次のようにCrucial SSDから起動するようにBIOSをセットアップします。

1. デスクトップPCの場合

コンピューターを再起動し、製造元に応じてF2F10F12DEL、またはその他のキーを繰り返しクリックしてBIOSに入り、最初の起動デバイスがCrucial SSDであることを設定してから、通常どおり起動します。

🚩詳しい手順については「起動ドライブをSSDに簡単に変更する方法」をご参照ください

BIOS起動キー

bios

2. ノートPCの場合

コンピューターをシャットダウンし、古いディスクを取り出し、Crucial SSDをスロットに挿入し、コンピューターを再起動して、Crucial SSDから通常どおり起動します。

SSDのクローンに関するよくある質問

このセクションでは、SSDのクローンに関するよくある質問に答えます。同じ質問を持っている方、読み進めてチェックしてください。

SSDクローンの失敗にはいくつかの原因が考えられます。一般的な原因としては次のようなものがあります:
 
  • 不良なケーブルや接続:データが正常に転送されない場合があります。
  • 不良セクター:クローン元のSSDに不良セクターがあると、クローン作業が失敗することがあります。
  • ソフトウェアの問題:クローンソフトウェア自体が正しく動作していない場合もあります。アップデートを確認し、最新版を使用することをお勧めします。
  • 不十分な空き容量:クローン先のSSDに元のデータが収まらない場合、失敗することがあります。
クローン作成前にSSDをフォーマットする必要がありますか?
 
通常、クローン作成前にSSDをフォーマットする必要はありません。クローン作業を行うソフトウェアは、新しいSSDを適切にフォーマットし、データをコピーします。ただし、もし元のSSDに重要なデータが残っている場合、バックアップを取ってからクローン作業を行うことをお勧めします。

🚩参考記事:クローン作成前に新しいSSDをフォーマットする必要がありますか?
SSDの2TBのクローンにどれくらい時間がかかりますか?
 
クローンにかかる時間は、いくつかの要因に依存します。具体的な時間は、SSDの速度・クローンソフトの性能・システムの負荷などの要素によって変わります。

一般的に、2TBのSSDクローンには3時間から6時間かかることがあります。
SSDクローン500GBで何時間かかりますか?
 
一般的に、500GBのSSDのクローン作成には約90分かかります。

おまけ:古いディスクの安全処分または再利用

AOMEI Backupper Standardというソフトは、バックアップ、復元、同期、ディスク消去など他の機能を提供しています。これらの機能を使用して、古いディスクの安全処分または再利用に役立ちます。

1. 古いディスクの安全処分

古いディスクには、たくさんの重要なデータが保存されているでしょう。廃棄・譲渡する前に、「削除」「ゴミ箱を空にする」「初期化」で重要なデータを完全に削除することが可能ですか?

それは無理です。

消去

これらの方法によって削除されたデータは、消去されたように見えても、実際には他のデータに上書きされるまでにはディスクに残っています。そのため、データ回復ソフトを使用することにより、これらのデータを復元することが可能です。

したがって、データを復元できないように消去したい場合、データ消去ツールを使用する必要があります。AOMEI Backupperの「ディスク消去」機能は、全セクタにゼロを書き込む、全セクタにランダムデータを書き込む、DoD 5220.22-M、Gutmann(35回上書き、現在規格化されているデータ消去方式の中では、最も強力な消去方式)の4つの消去方式をサポートし、これらの方式でシステムを含むディスク上のデータを完全に消去することができます。データ流出を回避することができます。

ディスク消去

2. 古いディスクの再利用

古いディスクを他人に譲たり、データ保存用ディスクとして使用したりしたいユーザーもたくさんあるでしょう。この場合、ディスクのパフォーマンスを向上させるために、ディスク上のデータを完全に消去することも必要です。

ヒント:古いディスクがSSDである場合、正常に再利用するために、「SSDのデータを消去する方法」をご参照ください。HDDである場合、または再利用の必要がないSSDである場合、上のパートで紹介する「ディスク消去ツール」でOKです。

それに、データ保存用ディスクとして使用する場合、AOMEI Backupperのバックアップ機能で、新しいCrucial SSDにあるシステムや重要なファイルをそこに定期的にバックアップすることをお勧めします。

こうすれば、PCに問題があって正常に起動できない場合、作成されたバックアップを使用してデータ損失を最小限に抑えながら、システムを正常な状態に戻せます。また、データが失われた場合、バックアップで簡単ですばやく取り戻せます。

参考記事:AOMEI Backupperでシステムイメージを作成する方法

システムバックアップ

まとめ

要約すると、最高の無料のCrucial SSDクローンソフトウェアAOMEI Clonerをダウンロードして、HDDをCrucial SSDに簡単にクローンできます。

また、AOMEI Backupper Standardはバックアップ、復元、ファイル同期、ディスク消去などの強力な機能を提供しています。クローン作成した後、古いディスクの安全処分または再利用、新しいCrucial SSDのデータ保護に役立ちます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)のユーザーである場合、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。より高度な機能を楽しめます。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。

Comnena
Comnena· 編集者
Comnenaは、AOMEI Technology会社の編集者として長年AOMEI製品についての記事やコンピュータに関する記事を翻訳したり、書いたりしています。パソコンの基礎知識とか、AOMEI製品のバックアップ&復元、クローン、同期などの機能について詳しいです。 IT業界に対して深い興味を持っています。そのほか、旅行、アニメ、音楽、色々なことに趣味があります。