By Comnena / 最後の更新 2022年03月21日

Acronis True Image:SSDへのクローン

Acronis True Image

より大きなドライブにアップグレードする場合でも、パフォーマンスを向上させる場合でも、現在のドライブをSSDにクローンすることをお勧めします。Windowsにはディスククローン用の組み込みツールがないため、ユーザーはAcronis  True Imageなどの一部のサードパーティプログラムしか使用できません。

Acronis True Imageは、ターゲットドライブの容量が異なる場合でも、基本ドライブ(MBRとGPTの両方)を他のドライブにクローンできるようにする統合アプリケーションです。Acronis True Image 2017以前の場合、クローン作成はAcronisブータブルメディアから実行する必要があります。

ただし、Acronis True Image 2018以降、起動可能なメディアなしで直接クローンを作成できます。このプログラムは、ディスククローンに加えて、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ディスク復元などの機能も備えています。

Acronis True Image 2019でSSDにクローンを作成する方法

次に、Acronis True Image 2019でSSDにクローンする手順を示します。

手順 1. SSDをコンピューターに接続します。検出できることを確認してください。このプログラムを起動して、「ツール」と「ディスクのクローン作成」をクリックします。

ディスクのクローン作成

手順 2. 自動(推奨)または手動モードのどちらを使用するかを選択します。次に、「次へ」をクリックします。

自動:パーティションは、ターゲットドライブに合わせて比例してサイズ変更されます。
手動:必要に応じてディスクパーティションのレイアウトを変更します。

自動(推奨)

手順 3. ソースHDDを選択します。次に、「次へ」をクリックします。

1

手順 4. ターゲットドライブとしてSSDを選択し、「次へ」をクリックします。

SSDを選択

手順 5. 「除外する対象」手順で、クローンしないファイルとフォルダを指定します。

手順 6. 終了ステップで、構成された設定がニーズに合っていることを確認します。次に、「続行」をクリックします。

手順 7. プロセスが完了するのを待ちます。次に、このプログラムは、実行する次のステップを通知します。

1

★ヒント:
✍このプログラムでダイナミックディスクをクローンすることはできません。
✍クローンしたドライブには、Windows内に文字がないことに注意してください。このドライブから新しいデバイスを起動すると、文字が自動的に割り当てられます。
✍Acronis True Imageで小さいSSDにクローンする場合は、ターゲットドライブにソースドライブの内容を収めるのに十分な容量があることを確認してください。

Acronis True ImageでHDDをSSDにクローンすることはできますが、Acronis True Imageがハードドライブを見つけられない、Acronisクローンディスク操作が失敗するなど、操作中に多くの問題が発生する可能性があります。HDDをSSDにクローンするための信頼性が高く柔軟なツールが必要な場合は、Acronis True Imageの代替手段を使用することをお勧めします。

Acronis True Imageの最良の代替手段-AOMEI Backupper

AOMEI Backupper Professionalは、Acronis True Imageに似ていますが、より多くの機能を備えたハードドライブクローン作成ソフトウェアです。数回クリックするだけで、ベーシックドライブまたはダイナミックドライブを内蔵/外付けハードドライブにクローンできます。その安定性により、Windows 10/8.1/8/7/Vista/XPでスムーズに実行できます。AOMEI Backupperを使用すると、次のクローン操作を実行できます。

◆ ハードドライブをより大きなもの(HDDまたはSSD)にクローンします。
◆ 小さいSSDの容量がソースディスクからのすべてのデータを保存する限り、HDDを小さいSSDにクローンします。
◆ インテリジェントクローンモード(デフォルトモード)で不良セクタをスキップするようにディスクをクローンします。これは、選択したハードドライブで使用されているセクタのみがターゲットドライブにクローンされることを意味します。
◆ 「セクター単位のクローン」クローンモードでは、ソースドライブ上のすべてのセクターがターゲットドライブにクローンされます。
◆ 再インストールせずにWindows 7/8/10/11 OSをSSDに移行します。

それがどのように機能するか見てみましょう。

簡単な手順でHDDをSSDに安全にクローンする

クローンを作成する前に:
◆ SSDに重要なファイルを保存している場合は、事前にファイルをバックアップすることをお勧めします。クローン作成プロセスによってターゲットドライブが上書きされるためです。
◆ SSDをSATA-USBケーブルまたはSATA電源ケーブルを介してコンピューターに接続し、検出できることを確認します。
◆ AOMEI Backupper Professionalの30日間試用版をWindowsコンピューターにダウンロードして、試してみてください。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
 安全かつ高速

手順 1. ディスククローンソフトウェア(AOMEI Backupper Professional)をインストールして起動します。左側のペインから「クローン」を選択します。次に、「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

手順 2. ソースディスクを選択します。次に、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

手順 3. SSDをターゲットディスクとして選択します。次に、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスクとして選択

手順 4. ここで操作の概要を確認できます。「SSD 4Kアライメント」にチェックマークを付けて、SSDのパフォーマンスを向上させることができます。次に、「開始」をクリックします。

開始

★ヒント:
✍パーティションを編集:クリックして、ターゲットドライブのパーティションのサイズを変更します。3つのオプションがサポートされています:パーティションのサイズを変更せずコピー、各パーティションに未使用領域を追加、パーティションのサイズを手動で変更。
✍セクター単位のクローン:上記のように、ソースディスクが使用されているか、空白であるか、不良セクターであるかに関係なく、ソースディスク上のすべてのセクターをクローンできます。
✍クローン作成後、ソースドライブは消去されません。バックアップとして保持することも、他の目的のためにハードドライブを再フォーマットすることもできます。

手順 5. クローンしたSSDから起動する:コンピューターを再起動し、特定のキー(F2、F10、F12、DEL、ESCキーなど)を押してBIOSに入り、BIOS内の起動順序を変更して、クローンしたSSDから起動します。

1

ハードドライブスロットが1つしかないラップトップまたはデスクトップの場合は、コンピューターをシャットダウンしてバッテリーを取り外し、ドライバーを使用して古いハードドライブ(HDD)をSSDに交換してから、コンピューターを起動します。

まとめ

この記事では、Acronis True ImageでSSDにクローンを作成する方法を学習しました。ただし、ハードドライブをクローンするためのより信頼性が高く柔軟な方法が必要な場合は、AOMEI Backupper Professionalが最適です。簡単な操作手順と包括的な機能を備えています。

AOMEI Backupperは、ディスククローン作成ソフトウェアだけでなく、強力なWindowsバックアップおよび復元ソフトウェアです。これにより、ディスク、オペレーティングシステム、パーティションを安全な場所にバックアップし、異なるハードウェアコンピューターに復元し、コマンドラインユーティリティでクローン/バックアップ/復元/削除を行うことができます。Windows Server 2003、2008、2012、2016、2019、2022(R2を含む)、SBS 2003、2008、2011を実行している方は、AOMEI Backupper Serverをお試しください。