By ゆき / 最後の更新 2020年04月24日

Acronis True Image WD editionクローン失敗した理由

1. システムが再起動を要求した場合、Acronis True Image OEM Quick BackupはHDDのクローン作成に失敗します。それでHDDのクローンを作成しようとすると、コンピュータの再起動が必要です。ただし、コンピュータが再起動しないことがあります。

説明:BIOSで安全な起動を可能にします。セキュアブートでは、クローン作成プロセスの一環としてこのブートパスが許可されません。これはシステムのBIOSに組み込まれたセキュリティ対策であり、信頼できないファームウェアの実行を防ぐために使用されます。

2. Acronis True Image WD editionはWestern Digitalドライブを認識しません。Acronisは現在、Windowsコンピュータでターゲットとして使用されているexFATでフォーマットされたドライブをサポートしていません。そして現代のデジタルドライブの大部分はexFATでフォーマットされています。そのため、Acronis True Image OEM Quick Backupは、exFATファイルシステムのドライブを認識しません。

説明:最も可能性の高い原因は、ドライブに有効なMBRがないか、サードパーティ製のソフトウェアがハードディスクドライブへのアクセスをブロックしていることです。

Acronis True Image WD editionがクローンできない時の対処法

Acronisコンピュータの再起動が必要です

HDDのクローンを作成する前に、BIOSでセキュアブートを無効にすることができ ます。クローンを作成したら、もう一度有効にすることを選択できます。

Acronisによってディスクを認識されない

場合によっては、ディスクの管理でディスクが正常に表示されることがあります。ただし、Acronisのようなサードパーティ製のツールでは検出できません。この状況は無効なMBRが原因である可能性があります。また、使用しているソフトウェアがこのタイプのディスクをサポートしていない可能性があります。

問題を解決するには、ディスクをクリーニングして初期化する必要があります。この操作はすべてのデータを消去するため、大切なデータをバックアップしたほうがいいです。

手順 1. 検索ボックスで「cmd」と入力して管理者として実行します。

手順 2. コマンドプロンプトで「diskpart」と入力して「Enter」を押します。

手順 3. list disk」と入力して「Enter」を押します。

手順 4.select disk n(nはディスクの番号です)」と入力して「Enter」を押します。

手順 5.clean.」と入力して「Enter」を押します。

手順 6. Win + R」を同時に押して、「diskmgmt.msc」と入力します。

手順 7.不明とマークされているディスクを右クリックして、「初期化」を選択します。

それとは別に、まだ直接サードパーティ製のツールを使ってexFATをFAT32/NTFSにフォーマットすることができます。それでもディスク認識しない問題を解決することができます。

Acronis True Image WD editionの代替品--AOMEI Backupper

Acronis True Image WD editionを使用してディスクをクローンする時、Acronis True Image WD editionがクローンできないなどの様々な問題が起こすこととわかります

だから、ここでは、別のディスククローンソフトウェア--AOMEI Backupper Standard(無料)をお勧めします。

オススメのクローンソフトAOMEI Backupper Standard(無料)は頼もしくて強力なクローンフリーソフトです。システムクローン・ディスククローン・パーティションクローンなどの様々なクローンソリューションを提供します。

特に「ディスククローン」機能はわずかの手順で簡単にできます。SanDisk SSD、SAMSUNGなど他のブランドのSSD、USBドライブ、NAS、HDD、SSHDなどにクローンすることもできます。こちらからダウンロード完全無料PRO版30日間無料体験Windows 10/8/7/Vista/XPをサポート

【補足】大きな割引で無料版をAOMEI Backupper Professional(有料版)アップグレードすると、差分バックアップ、システムクローン、ユニバーサル復元など、もっと多くの高度な機能を使用できます。また、Windows Server 2003、2008(R2)、2012(R2)、2016のためにAOMEI Backupper Server版(有料)もあります。各AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

Windows 7/8/10でディスクをクローンする手順

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードして開けます。

手順 2.クローン」>「ディスククローン」の順にクリックします。

クローン

手順 3. ソースディスクを選択します。

クローン元

手順 4. ターゲットディスクを選択します。

クローン先

手順 5. 操作概要をプレビューします。SSDにクローンしている場合は、「SSD 4Kアライメント」オプションをオンにします。

開始

手順 6. 「パーティションを編集」で、ターゲットディスクを編集することができます。

注:
一般に、ソースディスクがデスティネーションディスクより小さい場合は、追加の未割り当て領域があります。したがって、ディスクスペースを最大限に活用したい場合は、「パーティションを編集」をクリックして好きな方法を選択できます。

手順 7.開始」をクリックして、完了するまでを待ちます。

まとめ

Acronis True Image OEM Quick Backupを使用してハードドライブのクローンを作成すると、クローンエラーが起こす可能性があります。この記事より解決できると言えますけど。最も頼りが高いクローンフリーソフト--AOMEI Backupper Standardを使用することをおすすめします。AOMEI Backupper Standardで初期化や変換を行わずに、ディスクを直接exFATディスクにクローンすることもできます。ディスク全体のクローンを作成したくない場合は、システムパーティションのみ、または指定したパーティションのクローンを作成することを選択できます。