By Akira / 最後の更新 2022年04月07日

実例:Windows 11を新しいSSDに移行したい

 

誤ってSSDではなくハードディスクにWindows 11をインストールしてしまいました。システムが常にスローダウンし、C:ドライブは100%の使用率で止まっており、基本的に一度に30分ほどシステムが使用できなくなります。これは非常に悔しいことです。今、Windows 11をSSDに移行したいのですが、システムをインストールせずに移行する方法はないでしょうか?ありがとうございました。

- Yahoo!ユーザーからの質問

windows 11

また、誤ってハードディスクにWindows 11をインストールしてしまったユーザーもいるかもしれません。そして、彼らはシステムをHDDからSSDに移行したいと思います。そこで、この記事では、システムを再インストールすることなく、Windows 11をSSDに移行する最も簡単な方法を紹介します。詳しくは、以下をお読みください。

Windows 11をSSDに移行する理由

Windows 11は、Microsoftが開発したオペレーティングシステムです。2021年6月24日に正式リリースされた。MicrosoftがWindows 11を次世代オペレーティングシステムにすることで、多くのユーザーがシステムをWindows 11に更新することを選択しています。同時に、多くのユーザーがWindows11をHDDからSSDに移行したいと考えています。これは主に2つの理由によるものです。

パフォーマンスの向上:起動速度とシステム全体のパフォーマンスを大幅に向上させます。
再インストールなし:ファイル、プログラム、設定を一切変更することなく、Windows 11の完全なコピーを入手することができます。

Windows 11をSSDに移行する最も簡単な方法

システムをインストールせずにWindows 11をSSDに移行するには、専門的なディスククローンソフトウェアであるAOMEI Backupper Standardを選択することができます。このソフトはディスククローン、システムクローン(有料版のみ)、パーティションクローンを含んでいます。下記のような利点があります。

インテリジェントクローン:デフォルトモードでは、使用されているセクターのみがコピーされるため、大きなHDDを小さなSSDに簡単にクローンし、クローンされたSSDから正常に起動できます。
SSD 4Kアライメント:ディスクをSSDにクローンしている間、読み取りと書き込みの速度を上げることができます。
セクター単位のクローン:使用されているかどうかに関係なく、すべてのセクターのクローンが作成されます。
複数のSSDタイプとブランド:さまざまなタイプ(SATA、NVMe、PCIe、M.2、U.2)とブランド(Samsung、Seagate、WD、Intelなど)をサポートします。
さまざまなシステム:Windows 11/10/8/7/XP/Vistaなどをサポートします。

以上、ディスククローンソフトウェアについて説明しました。次に、この二つの異なる機能を利用して、システムをSSDに移行する具体的なステップを紹介します。自分のニーズによって、選択してください。

  • システムディスクと非システムディスクの一部の内容をクローンしたい場合、ディスククローン機能を使用することができます。
  • もしOSをSSDに移行するだけなら、AOMEI Backupper Professionalなどの上位エディションにアップグレードして、システムクローンを選択してください。

クローン作成前の準備

AOMEI BackupperでSSDにシステムのクローンを開始する前に、いくつかの準備作業を行う必要があります:

  • 正しいフォームファクターとインターフェースのSSDを入手する:ほとんどのラップトップには、厚さ7または9.5 mmの2.5インチドライブと、SATA、IDEなどのさまざまなインターフェイスがあります。
  • HDDとSSDの使用スペースを確認する:SSDの容量が、移行したいOSやその他の関連ドライブの容量よりも多いことを確認する必要があります。
  • SSDが検出できることを確認する:SATA-USBアダプタまたはM.2-SATAまたはM.2-PCIeアダプタが必要で、ディスクインターフェースに依存します。
  • ディスクをクリーンアップして、より多くのスペースを確保する:いくつかのソフトウェアをアンインストールし、不要なファイルを消去します。
  • 重要なファイルをあらかじめバックアップする:クローン作成中、ターゲットディスクは完全に上書きされるため、重要なファイルがあれば、ぜひバックアップしてください。

Windows 11をSSDに移行する方法(無料)

ステップ 1. SSDをコンピューターに接続します。AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、インストールし、開きます。「クローン」>「ディスククローン」をクリックします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ディスククローン

ヒント:ディスククローンは、無料版では2つのクローンタイプ、つまりMBRディスクとデータディスククローンの間のシステムディスクのクローンのみをサポートします。GPTからGPT、MBRからGPT、またはGPTからMBRのクローンを作成する必要がある場合は、Professional版をダウンロードできます。

ステップ 2. 元のハードドライブをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. SSDを保存先ディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ステップ 4. 「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れて、SSDディスクの読み書きの速度を向上させます。そして、「開始」をクリックします。

開始

ヒント:
パーティションを編集:この機能を使ってパーティションサイズを変更することができ、Professional版などの上位エディションで利用可能です。
セクター単位のクローン:すべてのセクタをクローンし、ソースディスク上のすべてのデータをコピーします。さらに、この機能は通常、同じサイズまたはそれ以上のサイズのディスクのクローンを作成するときに使用できます。大きなディスクから小さなディスクにクローンを作成する場合、このオプションをオンにすると、代わりにクローンが失敗します。

Windows 11のOSのみをSSDに移行する方法(オススメ)

ステップ 1. SSDをパソコンに接続します。AOMEI Backupper Professionalをダウンロードして、インストールし、起動します。「クローン」>「システムクローン」を選択します。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

システムクローン

ヒント:このソフトウェアは、起動に必要なOSとブートパーティションを自動的に選択します。

ステップ 2. SSDを保存先として選択し、「次へ」をクリックします。

保存先

ステップ 3. 操作を確認し、「開始」をクリックします。

開始

注意:ターゲットディスクがSSDなので、「SSD 4Kアライメント」のオプションにチェックを入れるのを忘れないようにしてください。読み書きの速度と寿命を向上させることができます。

まとめ

Windows 11をSSDに移行する必要があるとき、AOMEI Backupperの無料版とプロ版の両方はあなたを助けることができます。ディスク全体をクローンしたい場合、ディスククローンは良い選択です。システムのクローンを作成したい場合、アドバンス版でシステムクローン機能を選択できます。

そのほか、このソフトはシステムバックアップ、ディスクバックアップなどの関連機能を提供し、クローンする前に重要なファイル及びデータをバックアップすることができます。Windows Severユーザーの場合は、Server版を利用してください。

はい、以上です。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。