By Akira / 最後の更新 2022年07月19日

クローン作成前に、新しいSSDをフォーマットする必要がありますか?

 

ノートパソコンにインストールされている古いドライブをSSDにクローンしてから、ノートパソコンにSSDを取り付けたいです。古いドライブをクローンする前にSSDをフォーマットしたほうがいいのでしょうか?クローンを作成するためにサードパーティのソフトウェアを使用するつもりです。

- あるユーザーからの質問

SSDをフォーマットするとは、SSD上のすべてのデータを消去し、ファイルシステムを再構築して、オペレーティングシステムがSSDからデータを読み取ったり、SSDにデータを書き込んだりできるようにすることを指します。通常、この方法は、ウイルスやジャンクファイルを削除し、ストレージの問題を解決するために使用されます。

ご存知のように、ディスククローンによって、ドライブの交換を簡単に実行できます。しかし、よく質問されることがあります。クローンを作成する前に、新しいSSDをフォーマットする必要があるのでしょうか?答えは、「いいえ、その必要はありません」。その理由は主に2つあります。

操作手順が複雑で時間がかかります。SSDのフォーマットには多くの方法がありますが、いずれも時間がかかります。
ディスククローンは、パーティションスタイルをクローンし、ターゲットディスクに上書きします。新しいSSDのデータはすべてカバーされるので、クローン作成前にSSDを初期化する必要はありません。

フォーマットせずにHDDをSSDにクローンするフリーソフト

クローン作成前にSSDを初期化した方が良いですか?最高の無料クローンソフトウェアAOMEI Backupper Standardを使用すれば、新しいSSDをフォーマットする必要はありません。このソフトを利用して、フォーマットせずにHDDをSSDにクローンできます。

また、SSDがHDDのすべてのデータを保存するために十分なスペースを持っている限り、このソフトは大容量HDDをより小さいSSDにクローンすることを適用します。また、SSDをより大きな容量の新しいSSDにクローンすることもできます。

さらに、「SSD 4Kアライメント」の機能を利用して、クローン先のSSDの読み取りと書き込みの速度を向上させることができます。このSSDクローンフリーソフト(Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP対応)をダウンロードするだけで、古いドライブをフォーマットせずに新しいSSDにコピーすることができます。以下の具体的な手順を見てみましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:Windows Server 2012/2016/2019/2022に対応したい場合、Server版を使うことができます。企業で台数無制限のPCを守りたい場合、Technician版を選ぶことができます。企業で台数無制限のPCとサーバーを守りたい場合、Technician Plus版を選ぶことができます。AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

フォーマットせずにHDDをSSDにクローンする方法

では、以下の手順に従ってフォーマットせずにHDDをSSDにクローンしましょう~

事前の準備:
まず、新しいSSDをパソコンに接続します。
クローン作成は新しいSSDのすべてのデータを削除します。もしデータがあれば、必ず事前にディスクのバックアップをとってください。
クローン作成する前に、AOMEI Backupper Standardをインストールし、起動する必要があります。

ステップ 1. 左側の「クローン」タブを選択してから「ディスククローン」を選択します。

ヒント:AOMEI Backupper Standard(無料版)は、MBRシステムディスクからMBRディスクへのクローンのみをサポートします。MBRディスクからGPTディスクへのクローン、GPTディスクからMBR/GPTディスクへのクローンを実行したい場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。

ディスククローン

パーティションスタイルの確認:「スタート」ボタンを右クリックし、「ディスクの管理」を選択します。クローン先のディスクとターゲットディスクを右クリックし、「プロパティ」→「ボリューム」タブをクリックし、「パーティションのスタイル」でディスクのパーティションスタイルを確認します。または、ターゲットディスク/ソースディスクの選択ページにも確認できます。具体的に、「ディスク」の文字の下、ディスク容量の上に表示されます。

パーティーションスタイルの確認

ステップ 2. コピーしたいソースディスク(クローン元のディスク)を選択します。そして「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. SSDをターゲットディスク(クローン先のディスク)として選択します。そして「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ステップ 4. 下のスクリーンショットのように、3つの重要なオプションがあります。

パーティションを編集(Professional版でサポート):このオプションを使うと、「パーティションのサイズを変更せずコピー」、「各パーティションに未使用領域を追加」(推薦)、「パーティションのサイズを手動で変更」を選択できます。
セクター単位のクローン:使用されたかどうかに関係なく、HDDの全てのセクターをSSDにコピーします。SSDのサイズはソースディスクと同じ、あるいはソースディスクよりも大きい場合しかこれを選択できません。
SSD 4Kアライメント:SSDのパフォーマンスを最適化するために、この機能を使ってください。

パーティーションを編集

開始

ステップ 5. 最後は「開始」をクリックしてHDDからSSDへのクローンを実行します。後は進捗状況をチェックできます。クローンが完了したら、BIOSで起動順序を変更するか、古いドライブをクローンSSDに置き換えて、新しいSSDから起動します。

ヒント:
NVMe SSDの転送速度がもっと速いから、最高のパフォーマンスを得るために、Windows 10をNVMe SSDにクローンすることができます。
もしOSだけをクローンしたいなら、AOMEI Backupper Professionalは「システムクローン」の機能をサポートします。

FAQ:クローンSSDを起動できない?

通常、コンピューターは通常どおり起動できますが、できない場合の原因は以下のように考えられます。

1. ソースディスクに不良セクターがあります。

2. クローン中にOSが破損しました。

3. システム予約済みパーティションのようなクローン関連のブート関連ドライブがありません。

4. 間違ったドライブを設定して起動します。

5. MBRとGPTの競合があります。

もっと詳しいのは、「Windows 11/10/8/7でクローンしたSSDが起動しない!4つの対処法とは?」をクリックして参照してください。

まとめ

クローン作成前にSSDをフォーマットする必要がありますか?この記事では、AOMEI Backupper Standardを使用する限り、その必要がないことを説明します。ハードディスクをSSDにコピーする以外に、このフリーソフトはノートパソコンのHDDをSSDに交換すること、SSDをより大きなSSDにクローンすること、Windows 11を外付けHDDにバックアップすることなどもサポートします。ぜひダウンロードしてお試してみましょう~

はい、以上です。この記事が役立つ場合は、友達と共有してください。何か質問や提案がある場合は、コメント欄に残してください。または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。