By AOMEI / 最後の更新 2020年11月11日

BitLockerドライブ暗号化について

BitLockerドライブ暗号化は、BitLocker(ビットロッカー)とも呼ばれ、Windows Vistaで初めて導入されたオペレーティングシステムのデータ保護機能です。ハードディスクやSSD、USBメモリ、リムーバブルハードディスクなどの内容を暗号化してセキュリティを確保することができます。

●メリット:BitLockerでは、ファイルとシステムに対する保護が強化されるため、コンピューターの紛失や盗難などが発生したとしても、パスワード/スマートカードなどを持たない第三者はデータを読み出すことができなくなり、データに不正にアクセスされる危険や情報漏洩を回避することができます。また、BitLockerはWindows OSに標準搭載されているため、すぐに導入できるという点でも、企業にとっては大きなメリットになるでしょう。

●デメリット:BitLockerの安全性は完璧かと聞かれればそうではありません。実際にはBitLockerで暗号化するとデータが完全に読めなくなるというわけではありません。暗号化されたデータは、原理的には時間をかければ解読されてしまう可能性があるからです。また、企業の運用・管理面においてもデメリットがあります。

BitLockerドライブ暗号化

BitLockerを有効にする時に回復キーのバックアップ方法(Microsoftアカウント、USBメモリ、ファイルに保存するか、回復キーを印刷する)を指定したり、ドライブを暗号化する範囲(ドライブ全体を暗号化するか、ディスク上の使用済みの領域のみ暗号化する)を選択したりすることができます。

BitLockerを有効にする

☆関連記事:Windows10 [ BitLockerの設定 ・解除 ]

上述のように、BitLockerで暗号化されたディスク(ボリューム)を別のPCに接続しても、中身のデータが読み込めなくなります。BitLockerで暗号化されたディスクをコピーまたはクローンする場合にも、データへのアクセス権がないため、通常のクローンソフトウェアが使用できなくなります。

BitLockerで暗号化されたディスクをコピーするための無料クローンソフト

AOMEI Backupper Standardは、BitLockerで暗号化されたドライブのロックを解除ぜずにクローンを作成することができる無料HDDクローンソフトウェアです。通常、インテリジェントセクタコピーを使用して、容量の大きなHDDから小さなSSDにクローンすることができます。しかし、BitLockerで暗号化されたディスクをクローンするには、セクタ単位のクローンを使用することができます。

つまり、起動ディスク(ソースディスク)はBitLockerによって暗号化されている場合、HDDの暗号化を解除する必要なく、AOMEI Backupperでクローンしたディスクからシステムを正常に起動させることができます。

※注意:「セクタ単位のクローン」を使用するには、ターゲットディスク(クローン先)とソースディスク(クローン元)は少なくとも同じ容量を持つべきです。 もし、ターゲットディスクがソースディスクより小さいなら、クローンを作成する前にBitLockerで暗号化されたドライブのロックを解除する(BitLockerを無効にする)必要があります。

☆関連記事:BitLocker回復キー(48桁の数字のパスワード)の入力を求めるメッセージが表示された場合は、「Windows 10でのBitLocker回復キーの検索」を参考にしてください。

BitLockerで暗号化されたSSDまたはHDDをクローンする方法

ターゲットディスクをドライブベイに挿入するか、SATA-USB変換アダプタ経由でパソコンに接続します。Bitlockerディスクのクローン作成中に、ターゲットディスク上のデータがすべて消去されるので、予め重要なデータをバックアップしておいてください。

▼BitLockerで暗号化されたドライブをクローンする手順は次の通りです。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardクローンソフトを無料でダウンロードし、インストールし、実行します。「クローン」タブの「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

ステップ 2. BitLockerで暗号化されたディスクをソースディスク(この例ではディスク1です)として選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

ステップ 3. 別のディスクをターゲットディスク(この例ではディスク2です)として選択し、「次へ」をクリックします。

※前述のように、BitLockerで暗号化されたディスクをロック解除せず丸ごとコピーするために、クローン先のディスク容量はせめてクローン元のディスク容量と同じです。

宛先ディスクを選択

※注:クローン先のディスクのデータがすべて削除されるので、クローンを実行する前に、重要なデータをバックアップしておいてください。

バックアップ

ステップ 4. 操作概要画面で「セクタ単位のクローン」にチェックを入れて「開始」をクリックします。

開始

このBitlockerディスクコピー方式は、未使用のディスク領域も一緒にクローンされるため、少し時間がかかります。BitLockerで暗号化されたディスクのクローン・コピーが実行されると同時に、コンピュータを使用してその他の仕事をすることができます。かなり便利でしょう!また、クローン機能に加えて、AOMEI Backupperは「ディスクバックアップ」機能も提供して、暗号化されたドライブを簡単にバックアップすることもできます。