Windows 10/8/7でBitlockerによって暗号化されたディスクをクローン<

BitLockerドライブ暗号化について

BitLockerドライブ暗号化は、BitLockerとも呼ばれ、Windows Vistaで初めて導入されたオペレーティングシステムのデータ保護機能です。BitLockerを有効にするときに、ディスク全体を暗号化するか、ディスク上の使用領域のみを暗号化するかを選択できます。他のPCにディスクを接続されても、中身を読むことはできないです。ただし、BitLockerで暗号化されたディスクをクローンする場合、データへのアクセス権がないため、通常のクローンソフトウェアが無効です。

BitLockerで暗号化されたディスクをクローンするための無料クローンソフトウェア

AOMEI Backupper Standardは、BitLockerで暗号化されたドライブのロックを解除ぜずにクローンをサポートする無料HDDクローンソフトウェアです。通常、[インテリジェントセクタークローン]を使用して、より大きいHDDをより小さなSSDにクローンすることができます。BitLockerで暗号化されたディスクをクローンするには、[セクタ単位のクローン]を使用できます。

システムドライブがソースディスク上で暗号化されている場合、HDDの暗号化を解除する必要なく、クローンされたディスクから正常に起動できます。[セクタ単位のクローン]を使用する前提は、宛先ディスクの容量は少なくともソースディスクと同じであることです。

もしお持ちのディスクがソースディスクより小さいなら、クローンを作成する前にBitLockerで暗号化されたドライブのロックを解除する必要があります。パスワードをお持ちでない場合は、BitLockerドライブ暗号化の回復キーが必要なものになります。

接続元のコンピュータがドメインに所属している場合、管理者に回復キーを問い合わせることができます。そうでない場合は、回復キーをオンラインで見つけます。そして、回復キーをUSBのような他の場所に保存している可能性があるでしょうか?

BitLockerで暗号化されたSSDまたはHDDをクローンする方法

宛先ディスクを2番目のドライブベイに接続するか、SATA-USBアダプタ経由で接続します。以下の操作を行うする前に、クローン中に宛先ディスク上のデータがすべて消去されますので、予め重要なデータをバックアップしてくださいようお勧めします。

BitLockerで暗号化されたドライブをクローンする手順:

ステップ1:クローンソフトを無料でダウンロードし、インストールし、実行します。[クローン]タブの[ディスククローン]をクリックします。

ディスククローン

ステップ2:BitLockerで暗号化されたドライブをクリックして[ソースディスク]として選択し(ここではディスク2を例とする)、[次へ]をクリックします。

ソースディスクを選択

ステップ3:別のディスクを[宛先ディスク]として選択し(ここではディスク1を例とする)、[次へ]をクリックします。前述のように、このツールではBitLockerで暗号化されたディスクを丸ごとクローンするので、宛先ディスクの容量はせめて元のディスクと同じでなければなりません。

宛先ディスクを選択

注:ディスク上のデータが削除されるので、クローンを開始する前に、バックアップしてください。

バックアップ

ステップ4:操作の概要画面で、[セクタ単位のクローン]をチェックし、[開始]をクリックして、暗号化されたディスクのクローニングを開始します。

開始

未使用ディスクの空き領域も一緒クローンされるため、少し時間がかかります。だが、BitLockerで暗号化されたディスクをクローンしながらコンピュータを使用することができます。便利でしょう!また、クローン機能に加えて、AOMEI Backupperは、暗号化されたドライブにディスクバックアップ機能も提供します。