By ゆき / 最後の更新 2022年11月02日

HDDからSanDisk SSDへクローンする理由

SSDは、Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)の頭文字をとったもので、半導体メモリをディスクドライブのように扱える補助記憶装置の一種です。伝統的なHDDより、➊データの読み書きは、はるかに高速です。それに❷衝撃に強く、発熱、消費電力が少ない❸作動音がないなど、優れた特性のおかげでSSDはユーザー間で非常に人気があります。

補足:ご存知のように、HDDは、磁性体を塗布した円盤を高速回転し、磁気ヘッドを移動することで、情報を記録し読み出す補助記憶装置の一種です。HDDの構造なので、それが作動する時にカリカリ音はします。

SanDisk(サンディスク)は結構有名なメーカーです。SanDiskはSSD(ソリッドステートドライブ)がユーザーにより優れたコンピューター体験をもたらすことを宣言します。SSDは従来のHDDより高度な技術で確かにより良い性能をもたらします。SanDisk SSDはいくつかのシリーズを含みます。例えば、ポータブルSSD SanDisk Extreme 900/510/500、2.5” Internal SanDisk Ultra II /Extreme Pro/Plus/Ready Cache SSD、SanDisk Ultra II mSATA SSD for mSATA formです。

sandisk ssd

一般に、記憶装置の変更は、OSやアプリケーションの再インストールを意味します。これは長い時間がかかります。しかし、HDDからSanDisk SSDへクローンすれば、使い慣れたOS、アプリ、すべてのデータをそのまま移行、コピーできるし、より簡単操作なので、時間を節約できます。そのため、頼もしいサンディスクSSDクローンソフトウェアが必要です。

最高のSanDisk SSDクローンソフトは何ですか?

多くのユーザーは、「SanDisk SSDにはクローン作成ソフトウェアが付属していますか?」と質問するかもしれません。SanDisk SSDにはクローンソフトウェアが付属しており、ユーザーがデータ、アプリケーション、およびオペレーティングシステムをクローンするのに役立ちます。このキットには、ステップバイステップの説明と、ドライブを接続するための高速USB3.0-SATAケーブルが含まれています。約25ドルを支払うことで、このクローンソフトウェアを使用して、すべてのデータを1つのハードドライブからSanDisk SSDドライブに移行できます。

このほかにも、SanDisk SSDクローンソフトはあります。以下は詳しい説明と使い方を紹介します。

SanDisk SSDクローンソフトでSanDisk SSDにクローンする方法

次は、HDDをSanDisk SSDへクローンする2つの方法をご紹介します。

方法1:Apricorn EZ Gig IVというクローニングソフトを使う

方法2:サードパーティ製SanDisk SSDクローンソフトを使う

Apricorn EZ Gig IVというクローンソフトを使う

SSDに付属していたソフト「EZ Gig IV」は、SanDisk SSDのクローンによく使用されます。

Apricorn EZ Gig IVでクローンを行う前に、以下のことを用意する必要があります。
✎SanDisk SSD
✎SATA-USB変換ケーブル
✎Windowsの入っている古いHDD

ステップ 1. まずは、SanDisk SSDをコンピュータに接続します。SSDはクローンソフトによって検出されることを確認します。

新しいSanDisk SSDはWindows Explorerに表示されませんが、クローンソフトウェアはそれを認識できます。

ステップ 2. EZ Gig IVを起動した後、3つのシンプルな手順でHDDからSanDisk SSDへのクローンが完成できます。

▶最初はソースドライブ(クローン元 - 古いHDD)を選択します。

EZ Gig IVソース

▶そしてターゲットドライブ(クローン先 - SanDisk SSD)を選択します。

EZ Gig IVターゲット

ここでは「Data Select(データの選択)」機能を使用してクローンから特定のファイルを除外できます。こうすると、大容量HDDから小容量SSDへのクローンができます。

データ選択

▶最後は「Start Clone(クローンの開始)」ボタンを押してクローンを実行します。

EZ Gig IVクローン

サードパーティ製SanDisk SSDクローンソフトを使う

この記事では、AOMEI Backupper Standard(無料)というクローンフリーソフトを強くお勧めします。SAMSUNG、SanDiskなど、様々なブランドのSSDに対応します。EZ Gig IVよりもっと多くの強力な機能を備えます。SSDへのクローンだけでなく、特定のパーティションのクローンもできます。

❤AOMEI Backupper StandardをAOMEI Backupper Professionalにアップグレードしたら、システムクローン、ユニバーサル復元、電子メール&SMS通知など、もっと高度な機能を使用できます。そのほか、台数無制限のPCで使用可能なAOMEI Backupper Technicianもあります。

AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールし、起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 2. 「クローン」タブをクリックすると、「ディスククローン」「システムクローン」「パーティションクローン」3つのクローン種類が表示されます。必要に応じて、1つを選択してください。ここではHDD全体をSanDisk SSDにクローンするために、「ディスククローン」を選択します。

ヒント:無料のAOMEI Backupper Standard版はデータディスク間のクローンを実行できますが、システムディスクをクローンする場合、有料版AOMEI Backupper Professionalを使用する必要があります。

ディスククローン

ステップ 3. 次は、ウィザードに従って、古いHDDをソースドライブとして選択します。

ソースディスク

ステップ 4. SanDisk SSDをターゲットドライブとして選択します。

ターゲットディスク

ステップ 5. クローン元とクローン先を選択した後、操作概要を確認してください。データをSSDへ転送するので、「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れてください。このオプションはクローン後、SanDisk SSDの性能を自動的に向上させることができます。問題なければ「開始」をクリックします。

開始

★ヒント:
「セクター単位のクローン」にチェックを入れると、HDDからSSDへのクローンはセクタごとに実行されます。こういう場合、SanDisk SSDの容量は少なくともソースディスクの容量と等しくなければなりません。
SSDをその最高の状態で使用するように「パーティションを編集」でターゲットディスク(SSD)上のパーティションサイズを調整することができます(有料版のみで利用可能)。「セクター単位のクローン」の機能を利用する場合は、この機能を利用できません。

パーディションを編集

SanDisk SSDからパソコンを起動する方法

ご覧のように、SanDisk SSDクローンソフトで、ほんの数回のクリックでHDDをSanDisk SSDにクローンできます。

クローンが完了した後、パソコンを再起動し、メーカーのロゴが表示されると、パソコン/マザーボードのメーカーによって特定のキーを押して、BIOS設定にアクセスします。

特定キー

矢印キーで「Boot」に移動し、SanDisk SSDを最初に起動するドライブとして設定し、「F10」キーを押して、設定を保存します。これで、パソコンはクローンしたディスクから起動します。

bios

結論

この2つのSanDisk SSDクローンソフトはそれぞれの利点があります。個人的に言えば、AOMEI Backupperはもっと多くの強力な機能を持っているため、それを使用したほうがいいと思います。また、クローン完了後、AOMEI Backupperのファイル/パーティション/システム/ディスクバックアップ機能を使って、様々な面からSanDisk SSD上のデータを持続的に保護できます。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。