By Machi / 最後の更新 2022年05月20日

SSDとHDDを併用する必要性

 

HDDとSSDについての質問です。インターネットで簡単に答えられないことは分かっていますけど、初めてPCを作るので、SSDをシステム用ドライブ、HDDをデータ用ドライブとして使いたいんです。基本的なことはなんとなくわかっているのですが、HDDのパーティションを分割する必要があると聞き、混乱しています。SSDとHDDを併用するやり方について具体的に教えてください。よろしくお願いします。

 

これはフォーラムに寄せられた実際のユーザー事例であり、多くのユーザーの声でもあります。SSDをシステム用ドライブとして使用し、HDDをデータ用ドライブとして使用し、それぞれの利点を大きく生かすことができるので、当然といえば当然です。具体的には、同じ価格であれば、SSDの方が性能が良く(例:速度が速い)、HDDの方が容量が大きいからです。

さらに、SSDには、軽量、静音、耐久性がよい、消費電力が少ないという多くのメリットがあります。また、SSDには可動部がないため、破損する可能性も低いです。したがって、OSをSSDに、それ以外のデータをHDDに保存するのがベストな選択です。

SSDとHDDを併用

SSDとHDDを併用する一番良いやり方

SSDをシステムディスク、HDDをデータディスクにするには、OSをSSDに移行してからHDDをフォーマットして再利用するのが最適な方法です。しかし、具体的な状況によって、方法は少し異なります。

状況1:お使いのパソコンが新しい

パソコンが新品の場合、MicrosoftからISOファイルをダウンロードしてインストールメディアを作成し、SSDにOSをクリーンインストールすることができます。その後、「ディスクの管理」でハードディスクをフォーマットします。また、古いパソコンのイメージをバックアップして、新しいパソコンに復元を実行することもできます。

状況2:お使いのパソコンはよく設定されている

もしあなたのパソコンが長い間使用され、多くのソフトウェアがインストールされ、写真、音楽、ビデオ、ドキュメントなど多くのデータが保存されている場合、OSだけをSSDにクローンすることが最良の選択です。こうすれば、Windowsの再インストール、プログラムの再インストール、システム設定の再インストールをせず、データ損失も心配する必要がありません。

要するに、お使いのパソコンにソフトがない場合、Microsoftが提供するISOイメージファイルを利用して、新規インストールすることができます。もし他の古いパソコンを持っている、またはお使いのパソコンのシステムがよく設定されている場合、クローンまたはバックアップ&復元がより良い選択となります。

SSDをシステムディスク、HDDをデータディスクにする最適なソフト

SSDをシステム用ドライブ、HDDをデータ用ドライブとして使用するには、AOMEI Backupper ProfessionalのようなWindows 11/10/8/7/Vista/XP用のオールインワンソフトの助けが必要です。このソフトは、クローン、バックアップ&復元機能を備えています。「ユニバーサル復元」という機能があって、システムバックアップを異なるハードウェアの別のPCへ復元しても、起動問題を心配する必要がありません。

デフォルトでは、このソフトウェアは、システム、システム設定、個人データやシステムパーティションに格納されているプログラムなど、使用されているセクターのみをクローンまたはバックアップします。このように、どの方法を使っても、HDDからSSDにシステムを成功に移行することができ、たとえ大容量HDDから小容量SSDに移行しても、何の障害もなくクローンしたSSDから起動することができます。そして、そのプロセスで、多くの便利な機能を楽しめます:

SSD 4KアライメントターゲットディスクがSSDである場合、クローンした後、SSDの読み取りと書き込み速度をさらに加速し、その寿命を延ばすことができます。
セクター単位のクローン/完全なバックアップ使用されているかどうかにかかわらず、すべてのセクターをクローンします。ターゲットディスクの容量はソースディスクと同じまたはより大きい必要がありません。

SSDを起動ドライブにした後、HDDをデータ用ドライブとして使用する必要があります。では、どのようにすればよいのでしょうか?その「ディスク消去」機能を使用して、システムパーティションまたはディスク全体のすべてのデータを消去することをお勧めします。4つの消去方式に対応していて、HDDを完全に消去できます。消去した後、HDDを新品のように使用することができます。

今すぐダウンロードして、使ってみましょう!無料体験版ではシステムクローンが利用不可で、有料版へアップグレードして楽しみましょう(╹ڡ╹ )

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

SSDをシステムディスク、HDDをデータディスクにしてSSDとHDDを併用する方法

これから、前述した2つの利用可能な方法を順番に紹介します。1番目の方法は、システムをSSDにクローンして、HDDをフォーマットすることです。しかし、その間に、クローンしたSSDが起動可能かどうかを確認する必要があり、そうでなければ、コンピュータが起動できなくなる可能性があります。

2番目の方法は1番目の方法と似ていて、ただクローン作業をバックアップ&復元に置き換えます。ターゲットパソコンが新しいもので、ハードウェアが古いパソコンと異なる場合、この方法を使用することをお勧めします。

次に、以下の手順に従って、SSDをシステムディスクに、HDDをデータディスクにしましょう~でも、その前に2つのことを確認する必要があります:

コンピュータのケースに3.5インチと2.5インチのドライブが入れることを確認します。一般的にSSDは3.5インチ、HDDは2.5インチです。
SSDが120GB以上であることを確認します。

方法1:システムをSSDにクローンし、HDDを消去する

パート1:システムクローンでOSのみをSSDにクローンする

ステップ 1. 用意したSSDをパソコンに接続し、検出できることを確認します。AOMEI Backupper Professionalを起動して、「クローン」タブ→「システムクローン」をクリックします。

システムクローン

▶ 注意:元のディスクのすべてのデータをクローンしたい場合、「ディスククローン」をご利用ください。

ステップ 2. デフォルトで、Windowsの起動に必要なドライブが既に選択されるので、SSDをクローン先として選択すればよいです。

クローン先

ステップ 3. 「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れて、「開始」をクリックします。

開始

パート2:クローンしたSSDからパソコンを起動する

クローン作成が完了した後、HDDをデータディスクとして使用するには、フォーマットする必要があります。でもその前に、クローンしたSSDが起動できることを確認する必要があります。そうしなければ、クローンしたSSDが動作しない場合、コンピュータが起動できなくなります。

ステップ 1. コンピュータを再起動し、メーカーのロゴが表示されると、パソコン/マザーボードのメーカーによって特定のキーを押して、「BIOS」に入ります。

bios起動キー

ステップ 2. 矢印キーで「Boot」タブに移動し、クローンしたSSDを最初に起動するドライブとして設定します。

bios

ステップ 3. 「F10」キーを押して変更を保存し、「BIOS」を終了します。その後、パソコンがクローンしたSSDから起動します。そうでない場合、こちらを参照し、SSDから起動しない原因を特定し、対応する方法で問題を解決します。 

パート3:再利用のためにHDDを消去する

ステップ 1. AOMEI Backupperを起動し、「ツール」→「ディスク消去」をクリックします。

ディスク消去

ステップ 2. ニーズに応じて消去タイプを選択し、「次へ」をクリックします。

>> OSのみ消去したい場合は、「ディスク上のパーティションまたは未割り当て領域を消去」を選択します。

>> ディスク全体を消去したい場合は、「ディスクを消去」を選択します。

消去タイプ

ステップ 3. 次に、前のステップで選択したオプションに応じて、パーティション、未割り当て領域またはディスクを選択するように求められます。選択した後、「次へ」をクリックします。

消去するディスクを選択

ステップ 4. ニーズに応じて消去方式を選択し、「開始」をクリックします。

>> パーティションまたはディスク上のすべてのデータを迅速に削除したい場合は、「全セクタにゼロを書き込む」または「全セクタにランダムデータを書き込む」を選択するのをお勧めします。比較すると、後者の方がより安全です。

>> データを徹底的に消去したい場合は、「DoD 52220.22-M」または「Gutman」を選択するのをお勧めします。

消去方式を選択

また、Windows標準機能の「ディスクの管理」でディスクをフォーマットすることもできます。詳細については、読み続けてください。

ステップ 1. 「Win」+「R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」で「diskmgmt.msc」を入力し、「Enter」キーを押します。

ステップ 2. 消去したいHDDを右クリックして、「フォーマット」を選択します。

フォーマット

ステップ 3. 次に、ファイルシステムとして「FAT32」または「NTFS」を選択し、「OK」をクリックして確認します。

ok

方法2:システムをSSDにバックアップ&復元し、HDDを消去する

バックアップ&復元機能でSSDをシステムディスクにするには、SSD以外は、バックアップイメージを一時的に保存するためのディスクがもう1枚必要です。また、ハードウェアが異なるパソコンでシステムイメージを復元する場合は、SSDをそのパソコンに取り付け、それを起動して復元するためのブータブルメディアを作成する必要があります。同じパソコン上にイメージを復元する場合は、ブータブルメディアが必要ありません。

パート1:システムバックアップでシステムイメージのバックアップを作成する

ステップ 1. AOMEI Backupperを起動し、「バックアップ」→「システムバックアップ」に移動します。

システムバックアップ

ステップ 2. システムクローンと同じように、デフォルトで、Windowsの起動に必要なドライブが既に選択され、バックアップ先のディスクを選択すればよいです。その後、「開始」をクリックします。

開始

パート2:パソコンを起動するための起動可能なUSBを作成する

ステップ 1. 「ツール」→「ブータブルメディアの作成」をクリックします。

ブータブルメディアの作成

ステップ 2. 「Windows PE-Windows PEに基づいてブータブルメディアを作成」を選択し、「次へ」をクリックします。

Windows PE

ステップ 3. ニーズに応じて、ブートファイルを保存するストレージデバイスを選択します。「次へ」をクリックして作成を開始します。

次へ

パート3:システムイメージをSSDに復元する

ステップ 1. 新しいパソコンにSSDを取り付け、作成したブータブルUSBとシステムイメージの入ったディスクを接続します。パソコンを再起動し、BIOSで起動可能なUSBを最初に起動するドライブとして設定します。その後、変更を保存して、Windows PEに再起動します。

ステップ 2. AOMEI Backupperのメインページが表示され、「復元」→「イメージファイルを選択」をクリックして、接続したディスクに保存しているバックアップイメージを選択します。

イメージファイルを選択

ステップ 3. 「このシステムイメージを復元」を選択し、「システムを他の場所に復元。」にチェックを入れます。そして、「次へ」をクリックします。

このシステムイメージを復元

ステップ 4. SSDを復元先として選択し、「次へ」をクリックします。

次へ

ステップ 5. 「SSD 4Kアライメント」と「ユニバーサル復元」にチェックを入れ、「開始」をクリックします。

開始

システムの復元が完了した後、復元されたSSDが起動可能であるかどうかを確認してから、再利用のためにHDDを消去する必要があります。手順は方法1のパート2、3と全く同じです。

まとめ

ノートパソコンやデスクトップパソコンでSSDとHDDを併用したい場合、SSDをシステム用ドライブ、HDDをデータ用ドライブとして使うのが一番良い選択です。この方法でしか、SSDとHDDの最大の利点を同時に十分に生かすことができ、パソコンの動作が速くなり、より多くのデータを保存することができます。

では、どうすれば簡単にできるのでしょうか?ソフトをインストールしていない新品パソコンなら、Windowsを一からインストールすることができます。もしパソコンに多くのデータやプログラムがある場合、または古いパソコンにすべての設定を保持したい場合、システムをSSDにクローンまたはバックアップ&復元することをご検討ください。

AOMEI Backupper Professionalは信頼できるソフトウェアで、クローン及びバックアップと復元機能をサポートしています。また、HDDをデータ用ドライブにするには、その「ディスク消去」機能を利用して、システムパーティションまたはディスク全体を消去できます。非常に便利でしょう?今すぐダウンロードし、使いましょう!