By Akira / 最後の更新 2022年01月12日

実例

 

現在使っているHDDは1週間ほど前から著しく処理速度が低下するため、新しい内蔵HDDを買ってそっちに古いHDDのデータをクローンしました。ただし、クローンを作成した後、新しいドライブから起動する時ブルースクリーン(問題が検出されました)が表示されます。この問題を解決する方法がありますか?ありがとうございました!

- ユーザーからの質問

なぜWindows 7でクローンされたHDDが起動しない?

Windows 7でクローンされたHDDが起動しない問題の原因はたくさんありますが、ここでいくつかの一般的な理由をまとめました。

  • ソースディスクに不良セクタが含まれている:これにより、クローンディスクが直接起動できなくなります。

  • 複数のデバイスがある:複数のデバイスがある場合、クローンされたHDDが正しく起動しない可能性があります。

  • クローン作成が不完全である:システムディスクにシステム予約パーティションまたはEFIシステムパーティションがあるため、システム全体のクローンを作成できません。

  • ディスクタイプと起動モードが一致しない:MBRディスクがある場合は、レガシーモードから起動する必要があります。GPTディスクを使用する場合は、UEFIモードから起動する必要があります。そうしないと、クローンされたHDDが起動しません。

  • 起動順序を変更しない:BIOSで起動順序を変更しないと、システムが古い起動ディスクから起動する可能性があります。

では、Windows 7でクローンされたHDDが起動しない時の対処法がありますか?以下を読み続けてください。

クローンされたHDDが起動しない問題の解決策

次に、クローンされたHDDが起動しない問題を解決するための5つの簡単な方法を紹介します。

1. HDDをPCに接続する

クローン作成されたハードディスクが起動しない場合、HDDがPCに正しく接続されているかどうかを確認する必要があります。そうでない場合、HDDを外部ではなく内部でPCに再接続してください。

2. 起動順序を変更する

PCに複数のデバイスがある場合、起動順位が間違っているかどうかを検討する必要があります。起動順位が間違っている場合は、BIOSに入り、起動デバイスを変更し、クローンしたHDDから起動するように設定します。

手順 1. PCを再起動し、特定のキー(F1、F2、F10、F12、Deleteなど)を押してBIOS設定に入ります。

手順 2. ブートメニューを見つけて、クローンされたHDDを最初の起動ドライブとして設定します。

起動ドライブ

手順 3. F10を押して設定を保存し、終了します。

3. パーティションのスタイルをチェックして、起動モードを調整する

MBRディスクとGPTディスクは、異なる起動モードに対応しています。MBRディスクの場合は、レガシーモードから起動する必要があります。GPTディスクを使用する場合は、UEFIモードから起動する必要があります。

以下の手順でパーティションのスタイルを確認します。

手順 1. ターゲットディスクをPCに挿入します。「ディスクの管理」でターゲットディスクを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

手順 2. 選択したディスクのプロパティの画面で、「ボリューム」タブをクリックします。「パーティションのスタイル」の項目で、MBR形式もしくはGPT形式なのかを確認することができます。

パーティションのスタイル

次に、以下の手順に従って、正しい起動モードを設定できます。

手順 1. PCを再起動し、特定なキー(F1、F2、F10、F12、Deleteなど)を押してBIOS設定に入ります。

手順 2. ブートメニューで、「Boot」>「UEFI / BIOS BootMode」を選択します。次にEnterキーを押します。

手順 3. 次に、パーティションのスタイルに応じてレガシーまたはUEFIを選択します。

UEFI

手順 4. 最後に、設定を保存してPCを再起動します。

4. ブートセクターを修復する

破損したブートセクターがあれば、クローンされたHDDは起動しません。この場合、ブートセクターを修復して、この問題を解決できます。以下の具体的な手順を確認します。

手順 1. PCが再起動する時にF8キーを押し続けます。次に、「詳細ブートオプション」メニューに入ります。「セーフモードとコマンドプロンプト」を選択し、Enterキーを押します。

セーフモードコマンドプロンプト

手順 2. 次のコマンドラインを入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

bootrec / fixmbr

bootrec / fixboot

bootrec / scanos

bootrec / rebuildbcd

コマンドライン

手順 3. 「exit」と入力してEnterを押すと、コマンドプロンプトが終了します。後でPCを再起動してください。

5. 専門的なクローン作成ソフトでHDDをクローンする

上記の方法に加えて、AOMEI Backupper Professionalなどの安全かつ信頼性の高いディスククローンソフトを使用してディスクのクローンを作成することもできます。クローンを作成した後、クローンされたHDDからPCを正常に起動できます。また、次の利点もあります。

  • ディスククローンに加えて、システムクローンまたはパーティションクローンにも使用できます。

  • ディスクをMBR形式とGPT形式の間で変換せずにMBRディスクとGPTディスクの間で直接クローン作成できます。

  • セクター単位のクローン」の機能をサポートします。これにより、システム予約パーティションまたはEFIシステムパーティションを含む、ディスク上のすべてのセクターのクローンを作成することができます。

  • Windows 11/10/8/7/XP/Vistaなどをサポートします。

では、以下のチュートリアルに従ってHDDをクローンします。

手順 1. AOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、インストールして起動します。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 「クローン」タブで「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

手順 3. 元のHDDをソースディスクとして選択して、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

手順 4. 新しいHDDをターゲットディスクとして選択して、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

注:クローン中、ターゲットディスク上のデータは全て削除されるので、重要なファイルがあれば、事前にバックアップを取っておいたほうがいいです。

注意

手順 5. 操作概要を確認して問題なければ「開始」をクリックして、クローン操作を実行します。

操作概要

ヒント:
パーティションを編集」は、パーティションのサイズを変更することに役立ちます。クリックすると、「パーティションサイズを変更せずにコピー」、「各パーティションに未使用領域を追加」、「パーティションのサイズを手動で変更」という3つのオプションを利用できます。
「セクター単位のクローン」をクリックして、使用されているかどうかに関係なく、すべてのセクターのクローンを作成することができます。
「SSD 4K アライメント」をクリックして、SSDのパフォーマンスを最適化します。宛先ディスクがSSDの場合は、このオプションを選択することを強くお勧めします。

まとめ

つまり、クローンされたHDDが起動しない時、この記事から対応する方法を見つけることができます。また、ディスクをクローンして安全に起動できるため、AOMEI Backupperを使用することをお勧めします。デフォルトで使用済みパーティションのクローンを作成することに加えて、「セクター単位のクローン」の機能を使用すると、すべてのセクターをクローンすることができます。今すぐダウンロードしてお試しください!