By Akira / 最後の更新 2022年03月04日

なぜAcronis True Image for Crucialクローンが失敗する?

 

Acronis True Image for Crucialを使用し、HDDをSSDにクローンしようとしていますが、5番目のパーティションに問題があります。「クローンが失敗しました」というエラーメッセージが表示されました。Acronis True Imageのクローン作成のエラーを解決する方法を知りたいです。どんな助けでも大歓迎です。

--ユーザーからの質問

Acronis True Image for Crucialクローン

では、なぜAcronis True Image for Crucialクローンが失敗したのでしょうか?

  • Acronis TrueImageは最新バージョンではありません。最新バージョンにアップグレードして、問題が解決したかどうかを確認できます。

  • Acronisが通常の状況で一部の非表示パーティションのクローンを作成できないことが原因である可能性もあります。これらのパーティションは通常、ドライブの最後の部分にあるため、クローン作成が80〜95%で停止し、Acronisのディスククローンが失敗する場合があります。

  • クローン(コピー)元、あるいはクローン先のSSD/HDDに、Crucialの製品を利用している必要があります(厳密には、クローン元・クローン先でなくとも、PCにCrucialのSSD/HDDを接続していれば OK)。

  • Crucialの製品を利用していない場合には、OSクローンは機能しません。

ただし、同様の状況が発生した場合でも、心配しないでください。この記事では、Acronis True Image for Crucialのクローン作成の失敗の問題を解決するのに役立つソリューションを紹介します。記事を読んで、詳しい方法を学びましょう。

Acronis True Image for Crucialクローンの失敗を修正する簡単な方法

先に述べたように、Acronis True Image for Crucialのクローンが失敗した主な理由は、隠しリカバリパーティションのクローンを作成できないことをご存知かもしれません。この問題を回避するために、起動可能なメディアを作成できます。システムを起動し、Acronisが隠しパーティションのクローンを作成できるようにします。

だたし、クローン作成中にAcronis True Imageがハングしたり、Acronisがクローンしたディスクからデータを読み取れないなど、他のユーザーがすでに遭遇している状況に気付く場合があります。

上記の状況を心配する場合は、同様の無料のディスククローン作成ソフトウェア--AOMEI Backupper Standardを選択してください。ディスククローンの機能を利用して、隠しリカバリパーティションを含む古いディスクをCrucialなどの新しいSSDにクローンするのに役立ちます。クローン作成した後で、クローンしたディスクはコンピューターを正常に起動できます。

ここでは、このディスククローンソフトウェアをダウンロードして、Crucialのクローン作成の詳細な手順を引き続き学習できます。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

AOMEI BackupperでAcronis True Image for Crucialクローンの失敗を修正

AOMEI Backupper Standardは、無料で信頼性の高いディスククローン作成ソフトウェアです。ディスククローンだけでなく、パーティションクローンもサポートしています。人気のあるディスククローン作成ソフトウェアとして、以下のいくつかの利点があります。

  • 安全な起動の確保:クローン作成した後、Crucial SSDと同じように、クローン作成されたディスクを使用してコンピューターを正常に起動できます。

  • セクター単位のクローン:使用されているかどうかに関係なく、すべてのセクターのクローンが作成されます。したがって、一部の非表示パーティションをクローンできないことを心配する必要はありません。

  • SSD 4Kアライメント:ターゲットディスクがCrucialのようなSSDの場合、この機能により読み取りと書き込みの速度を上げることができます。

  • 複数のHDD/SSDタイプ:さまざまなタイプのHDD(PATA、SATA、SCSI)およびSSD(SATA、NVMe、PCIe、M.2、U.2)をサポートします。

  • さまざまなシステム:Windows 11/10/8/7/XP/Vistaなどをサポートします。

HDDをSSDにクローンする必要がある場合は、以下の手順に従うことができます。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして起動します。次に、「クローン」>「ディスククローン」をクリックします。

ヒント:無料版では、ディスククローンは2種類しかサポートしていません。1つはMBRからMBRへのシステムディスククローン、もう1つはデータディスククローンです。GPTからGPTへ、MBRからGPTへ、またはGPTからMBRへのクローンを作成する必要がある場合は、AOMEI Backupper Professionalをダウンロードしてください。

ディスククローン

手順 2. クローンを作成するHDDをソースディスクとして選択します。

ソースディスク

手順 3. SSDをターゲットディスクとして選択します。

ターゲットディスク

手順 4. 「セクター単位のクローン」にチェックマークを付けると、すべてのセクターがクローンされ、非表示のパーティションが失われないようになります。次に、「開始」をクリックします。

開始

そのほか:
パーティションを編集(Professional版にアップグレードする必要があります):このオプションを使うと、「パーティションのサイズを変更せずコピー」、「各パーティションに未使用領域を追加」(推薦)、「パーティションのサイズを手動で変更」を選択できます。

まとめ

クローン作成後、Acronis True Image for Crucialクローンに失敗する問題は簡単に解決されました。また、オペレーティングシステムをSSDに移行する場合は、AOMEI Backupperを利用して、OSをSSDにクローンすることもできます。

さらに、このソフトウェアは、システムのバックアップ、ファイルのバックアップと復元などの他の機能も提供します。今すぐダウンロードして、その他の機能をご覧ください。