By Akira / 最後の更新 2021年09月16日

実例

Windows11でHDDに障害が発生しそうなので、すべてのデータを新しいHDDに転送したいと思います。PCのHDDとSSDを接続するのに十分なケーブルがあるので、すべてのファイルを転送する最も簡単な方法は何ですか?

-あるユーザーからの質問

なぜWindows11でHDDのクローンを作成する?

 

さまざまなユーザーがさまざまな原因でWindows11でHDDのクローンを作成したいと考えていますが、主に以下のような点が挙げられます。

データ損失の防止:ランサムウェアのようなマルウェアに感染したり、誤ってシステムファイルを削除したりするなど予想外の出来事が起こりやすいです。HDDの故障や不具合は突然発生するかもしれません。そうしたトラブルから大切なデータを守るために、Windows 11でディスク全体を別のHDD(またはSSD)にクローンして、重大なシステムトラブルは発生したら、コピー元のHDDを置き換えれば、すぐに以前の状態に復元できます。
ディスクのアップグレードまたは交換:小容量ディスクを大容量ディスクにアップグレードしたり、古いHDDを新しいHDDに交換したり、HDDをSSDに交換したりする場合、ディスククローンを使用すると、システムやアプリケーションを再インストールせずにすばやく実行できます。
データ移行:OS、ブートファイル、その他のデータを含むすべてのデータを古いディスクから新しいディスクに安全に移行し、新しいディスクから起動できます。

したがって、ユーザーにとって、Windows 11でディスクのクローンを作成するには、まず適切なクローン作成ソフトウェアを見つける必要があります。

Windows 11向けHDDクローンフリーソフト

ディスクを更新または変更するときに、システムを再インストールせずにデータを安全に移行できるように、多くのユーザーは、Windows 11用の信頼性の高いディスククローン作成ソフトウェアを探しています。ここでは、ディスククローンフリーソフト-AOMEI Backupper Standardをお勧めします。

このソフトは完全無料ですし、Windows 11、10、Windows8.1/8、Windows7、XP、Vistaに対応します。誰でも簡単に使えるため、パソコン初心者にもおすすめです。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

クローン作成プロセス中に得られる利点は次のとおりです:

  • シンプルで使いやすい:シンプルで理解しやすいインターフェースを提供します。ユーザーはページのプロンプトに従うだけで、クローン作成を段階的に完了できます。

  • スマートクローン:デフォルトモードでは、使用されているセクターのみをクローンするため、大きなHDDを小さなSSDに簡単にクローンできます。

  • SSD 4Kアライメント:ディスクをSSDにクローンしている場合、読み取りと書き込みの速度を上げることができます。

さらに、AOMEI Backupper Professionalで「パーティションを編集」の機能を使用できます。これにより、ユーザーは、小さいディスクを大きいディスクにクローンするときに、宛先ディスクのパーティションを調整できます。クローンした後に宛先ディスクのすべての容量を利用できます。

Windows 11でHDDをクローンする詳しい手順

Windows 11でHDDのクローンを作成する前に、いくつかの準備をしてください:
▶ターゲットディスクをコンピューターに接続し、Windowsがそれを認識できることを確認する必要があります。
▶ノートパソコンを使用している場合は、ディスクを接続するためにUSB-SATAケーブルまたはアダプタが必要になります。
▶クローン作成した後、宛先ドライブのデータがすべて消去されますので、重要なファイルをバックアップすることを忘れないでください。

これらの準備が完了したら、以下の手順に従って、AOMEI Backupper Standardを使用してディスククローンの作成を開始します。

手順 1. AOMEI Backuper Standardをダウンロードしてインストールして起動します。メイン画面で「クローン」をクリックして、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ご注意:データディスクをMBR形式とGPT形式の間で変換せずに直接クローンできますが、システムディスクをMBRからGPTへ、GPTからMBRへ、GPTからGPTへクローンしたい場合、AOMEI Backupperの有料版にアップグレードする必要があります。

手順 2. クローンしたいディスクをソースディスクとして選択して「次へ」をクリックします。

ソースディスク

手順 3. 用意したHDDまたはSSDをターゲットディスクとして選択して「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

手順 4. ディスクをより大きなSSDにクローンする場合は、「SSD 4Kアライメント」にチェックマークを付けて、読み取りと書き込みの速度を上げることができます。操作概要を確認して問題なければ「開始」をクリックします。

操作概要

ヒント:

1.「パーティションを編集」をクリックして、以下の2つのオプションから選択してパーティションサイズを変更できます。(個人PC用のProfessional版またはビジネスPC用のWorkstation版にアップグレードする必要があります。)

各パーティションに未使用領域を追加:ターゲットディスクの容量を十分に活用するために、ターゲットディスク全体に合わせて各パーティションのサイズを自動的に調整します。
パーティションのサイズを手動で変更:スクロールバーをドラッグすることによって、手動でパーティションのサイズと場所を調整します。

パーティションを編集

2.「セクター単位のクローン」を選択すると、使用・未使用にかかわらずソースディスクの全ての領域がクローンされます。

結論

上記から、Windows 11でのクローンを作成する場合、AOMEI Backupper Standardが最良の選択です。このソフトウェアは無料で使いやすいです。

また、このソフトは異なるブランドのHDDをサポートし、「セクター単位のクローン」高度なオプションを提供します。クローン機能に加えて、AOMEI Backupper Standardにはバックアップと復元機能が組み込まれています。今すぐダウンロードしてお試しください。

コンピューターはServerである場合、AOMEI Backupper Serverの利用をお勧めします。もし、高級機能を求めない場合、無料版はいつまで利用しても構いません。最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。@(o・ェ・o)@