By Akira / 最後の更新 2022年11月03日

実例:Windows 11 HDDのデータを新しいHDDにクローンしたい

Windows11のHDDが壊れてしまい、すべてのデータを新しいHDDにクローンしたいと思います。PCのHDDとほかのHDDとSSDを接続するケーブルがあるので、すべてのファイルを転送する最も簡単な方法は何ですか?

-あるユーザーからの質問

windows 11

このユーザーのように、これまでのデータを新しいHDDに移行する必要がある場合は、下記のHDDに簡単かつ安全にデータを移行する方法を詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

なぜWindows 11でHDDのクローンを作成する?

さまざまなユーザーがさまざまな原因でWindows11でHDDのクローンを作成したいと考えていますが、主に以下のような点が挙げられます。

データ損失の防止:ランサムウェアのようなマルウェアに感染したり、誤ってシステムファイルを削除したりするなど予想外の出来事が起こりやすいです。HDDの故障や不具合は突然発生するかもしれません。そうしたトラブルから大切なデータを守るために、Windows 11でディスク全体を別のHDD(またはSSD)にクローンして、重大なシステムトラブルは発生したら、コピー元のHDDを置き換えれば、すぐに以前の状態に復元できます。
ディスクのアップグレードまたは交換:小容量ディスクを大容量ディスクにアップグレードしたり、古いHDDを新しいHDDに交換したり、HDDをSSDに交換したりする場合、ディスククローンを使用すると、システムやアプリケーションを再インストールせずにすばやく実行できます。

したがって、ユーザーにとって、Windows 11でディスクのクローンを作成するには、まず適切なクローン作成ソフトウェアを見つける必要があります。

Windows 11向けHDDクローンソフト

ディスクを更新または変更するときに、システムを再インストールせずにデータを安全に移行できるように、多くのユーザーは、Windows 11用の信頼性の高いディスククローン作成ソフトウェアを探しています。ここでは、ディスククローンソフト-AOMEI Backupper Professionalをお勧めします。

このソフトはWindows 11、10、Windows 8.1/8、Windows 7、XP、Vistaに対応します。誰でも簡単に使えるため、パソコン初心者にもおすすめです。

クローン作成プロセス中に得られる利点は次のとおりです:

シンプルで使いやすい:シンプルで理解しやすいインターフェースを提供します。ユーザーはページのプロンプトに従うだけで、クローン作成を段階的に完了できます。
スマートクローン:デフォルトモードでは、使用されているセクターのみをクローンするため、大きなHDDを小さなSSDに簡単にクローンできます。
SSD 4Kアライメント:ハードディスクをSSDにコピーしている場合、読み取りと書き込みの速度を上げることができます。
Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

さらに、AOMEI Backupperの「パーティションを編集」の機能を使用できます。これにより、ユーザーは、小さいディスクを大きいディスクにクローンするときに、宛先ディスクのパーティションを調整できます。クローンした後に宛先ディスクのすべての容量を利用できます。

Windows 11でHDDをクローンする詳しい手順

Windows 11でHDDをクローンする前に、いくつかの準備が必要です:

1. 新しいハードドライブまたはSSDを準備する

Windows 11のHDDを新しいハードドライブやSSDにクローンするためには、より容量の多い理想的なSSDを準備する必要があります。クローン作成に使用するハードディスクやSSDは、既存のハードディスクよりも多くの記憶容量が必要です。

SSD

2. 新しいディスクをPCに正しくインストールして接続する

PCにディスクスロットが1つしかない場合は、SATA-USB接続ケーブルを使用してハードドライブをPCに接続します。2番目のスロットがある場合は、新しいドライブをラップトップ/PCにインストールします。ケーブルはSATAまたはSCSIにすることもできます。

sata

3.新しいハードドライブまたはSSDを初期化する

次に、ディスクの管理で新しいドライブを初期化して、Windows 11のHDDのクローンを作成します。初期化するには、「スタート」アイコンを右クリックし、「ディスクの管理」を選択します。

手順 1. 「ディスクの管理」ダイアログボックスが開き、SSDを初期化するように指示されます。

手順 2. MBR(マスターブートレコード)またはGUIDパーティションテーブル(GPT)を選択し、「OK」をクリックします。新SSDの場合、GPTの方が優れています。未割り当てのボタンを右クリックして、新しいボリュームを作成します。このボリュームは、ハードドライブのクローンを作成する目的で使用されます。

ディスクの管理

手順 3. 「パーティションのフォーマット」画面で、ドライブ文字を選択して「次へ」を押します。希望のスペースと文字を割り当てて、セットアップを完了します。これは非常に重要なステップなので、注意深く指示に従ってください。

パーティションスタイルを確認する方法:「スタート」ボタンを右クリックし、「ディスクの管理」を選択します。クローン元のディスクとターゲットディスクを右クリックし、「プロパティ」→「ボリューム」タブをクリックし、「パーティションのスタイル」でディスクのパーティションスタイルを確認します。または、ターゲットディスク/ソースディスクの選択ページにも確認できます。具体的に、「ディスク」の文字の下、ディスク容量の上に表示されます。

パーティーションスタイルの確認

これらの準備が完了したら、以下の手順に従って、AOMEI Backupper Professionalを使用してディスククローンの作成を実行しましょう:

手順 1. AOMEI Backuper Professionalをダウンロードしてインストールして起動します。メイン画面で「クローン」をクリックして、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 2. クローンしたいディスクをソースディスクとして選択して「次へ」をクリックします。

ソースディスク

手順 3. 用意したHDDまたはSSDをターゲットディスクとして選択して「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

手順 4. ディスクをより大きなSSDにクローンする場合は、「SSD 4Kアライメント」にチェックマークを付けて、読み取りと書き込みの速度を上げることができます。操作概要を確認して問題なければ「開始」をクリックします。

開始

ヒント:

1.「パーティションを編集」をクリックして、以下の2つのオプションから選択してパーティションサイズを変更できます。

各パーティションに未使用領域を追加:ターゲットディスクの容量を十分に活用するために、ターゲットディスク全体に合わせて各パーティションのサイズを自動的に調整します。
パーティションのサイズを手動で変更:スクロールバーをドラッグすることによって、手動でパーティションのサイズと場所を調整します。

パーディションを編集

2.「セクター単位のクローン」を選択すると、使用・未使用にかかわらずソースディスクの全ての領域がクローンされます。

クローンしたディスクからWindows 11を起動する方法

ご覧のように、AOMEI Backupperを使えば、ほんの数回のクリックでWindows 11のハードディスクをクローンすることができます。

クローンが完了した後、パソコンを再起動し、メーカーのロゴが表示されると、パソコン/マザーボードのメーカーによって特定のキーを押して、BIOS設定にアクセスします。

特定キー

矢印キーで「Boot」に移動し、クローンしたディスクを最初に起動するドライブとして設定し、「F10」キーを押して、設定を保存します。これで、パソコンはクローンしたディスクから起動します。

bios

結論

上記から、Windows 11のHDDのクローンを作成する場合、AOMEI Backupperが最良の選択です。このソフトウェアは使いやすいです。

また、このソフトは異なるブランドのHDDをサポートし、「セクター単位のクローン」高度なオプションを提供します。クローン機能に加えて、AOMEI Backupperにはバックアップと復元機能が組み込まれています。今すぐダウンロードしてお試しください。

コンピューターはServerである場合、AOMEI Backupper Serverの利用をお勧めします。もし、高級機能を求めない場合、無料版はいつまで利用しても構いません。最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。@(o・ェ・o)@