By Akira / 最後の更新 2022年10月14日

Windows 11でファイルを外付けHDDにバックアップする原因

 

特定のファイルを外付けHDDにバックアップする方法を探しています。ソフトウェアを使用してほとんどのHDDをバックアップしますが、選択したファイルを外付けHDD(約500 GB)にもバックアップしたいと考えています。他のオプションはありますか?ちなみに、Windows11を使用しています。

- ユーザーからの質問

Windows 11

上記の場合のように、多くのユーザーはWindows 11でファイルを外付けHDDにバックアップしたいと考えています。今日、ますます多くの人々がさまざまなファイルやデータを保存する必要があります。ただし、ご存知のとおり、データが多いほど、データ損失のセキュリティリスクが高くなります。したがって、データの損失を防ぐために、事前にデータをバックアップすることが非常に重要です。

では、なぜファイルを外付けHDDにバックアップするのでしょうか?この記事では、次の一般的な原因を要約しています。

  • 収納スペースを広げます。

  • システムクラッシュ、コンピュータウイルス、マルウェアの侵入などによるデータの損失を回避します。

  • 重要なドキュメントが誤って削除されるのを防ぎます。

  • いつでもどこでも必要なファイルやデータにアクセスできます。

次に、ファイルを外付けHDDにバックアップする3つの方法を詳しく紹介します。

「ファイル履歴」を使用してWindows 11でファイルを外付けHDDにバックアップ

組み込みのソフトウェア「ファイル履歴」を利用してファイルを外付けHDDにバックアップすることができます。デスクトップフォルダ内のドキュメント、音楽、写真、ビデオ、ファイルを定期的にバックアップします。時間の経過とともに、複数のバックアップコピーが作成されます。元のファイルが失われたり、破損したり、削除されたりした場合は、それらを復元できます。以下の手順に従ってください。

手順 1. 最初に外付けHDDをコンピューターに接続します。次に、設定>更新とセキュリティ>バックアップの順にクリックします。次に、「ファイル履歴を使用してバックアップ」の下の「ドライブの追加」オプションをクリックします。

ドライブの追加

手順 2. 「ファイルのバックアップを自動的に実行」オプションの下にある「オン」をクリックし、「その他のオプション」を選択します。

その他のオプション

手順 3. 次に、ファイルをバックアップする頻度、これらのバックアップイメージを保持する期間、およびバックアップするファイルの構成を設定することができます。

ファイルのバックアップを実行:デフォルトでは、ファイル履歴は1時間ごとにファイルをバックアップしますが、この設定は変更できます。10分から24時間までさまざまなオプションがあります。
バックアップを保持:デフォルトではバックアップを永久に保持するように設定されていますが、この設定を変更して、バックアップを削除する前に1か月から2年に保持することができます。
バックアップ対象のフォルダー:このウィンドウでフォルダの完全なリストを表示し、「フォルダの追加」を選択してバックアップするフォルダをさらに追加できます。ここでフォルダを選択し、「削除」ボタンを使用して、Windowsがそのフォルダをバックアップしないようにすることもできます。

バックアップファイルの設定

手順 4. 完了したら、保存して終了します。次に、「今すぐバックアップ」をクリックします。Windows 11で、ドライブをコンピューターに接続すると、ファイルを外付けHDDに自動的にバックアップします。

ファイル履歴を使用して外部HDDからファイルを復元するには、次の手順に従います。

手順 1. ファイル履歴の「バックアップオプション」ウィンドウに再度移動し、下部にある「現在のバックアップからファイルを復元する」を選択します。

現在のバックアップからファイルを復元する

手順 2. 下の矢印をクリックして、復元するバックアップファイルを見つけます。また、検索ボックスでファイルを検索できます。歯車のアイコンをクリックして、元に戻すを選択します。

復元

「バックアップと復元」を使用してファイルを外付けHDDにバックアップ

別の組み込みツール「バックアップと復元」を使用してファイルをバックアップすることもできます。ライブラリ、デスクトップ、およびデフォルトのWindowsフォルダに保存されているデータファイルを定期的にバックアップすることができます。また、オペレーティングシステム、アプリケーション、設定など、システム全体のバックアップイメージを作成することもできます。

この方法でファイルを外付けHDDにバックアップする場合は、以下の手順に従ってください。

手順 1. 設定>更新とセキュリティ>バックアップに移動します。バックアップと復元(Windows 7)をクリックします。「バックアップ」セクションで「バックアップの設定」オプションを選択します。

バックアップの設定

手順 2. 「バックアップを保存する場所の選択」画面が表示されます。バックアップ先(外付けHDD)を指定し、「次へ」をクリックします。

バックアップを保存する場所の選択

手順 3. 「バックアップの対象」画面が表示されます。「自動選択」オプションを選択しを選択して「次へ」をクリックします。ライブラリに保存されているファイル、デスクトップ上のファイル、デフォルトのWindowsフォルダなど、ユーザーに関するすべてのファイルをバックアップすることができます。

自動選択

手順 4. 「設定を保存してバックアップを実行する」ボタンをクリックします。

設定を保存してバックアップを実行

ファイルを失うことになった場合は、以下の手順に従ってファイルとデータを復元できます。

手順 1. 設定>更新とセキュリティ>バックアップ>バックアップと復元(Windows 7)に移動します。

ファイルの復元

手順 2. 「フォルダーの参照」ボタンをクリックして、バックアップイメージから復元するフォルダを選択します。フォルダを選択したら、「次へ」をクリックして復元するプロセスを開始します。

フォルダーの参照

上記の組み込みツールは非常に便利ですが、Windows 11のバックアップがフォルダを追加できない、ファイル履歴が外付けHDDを認識できない、システムは指定されたファイルを見つけることができないなど、無視できない欠点もいくつかあります。

したがって、AOMEI Backupper Standardなど、より安全かつ安定なサードパーティのファイルバックアップソフトウェアを選択できます。

AOMEI Backupperを使用してファイルを外付けHDDにバックアップ

AOMEI Backupper Standardは、すべてのファイルをバックアップし、イメージファイルに圧縮することで安全性を確保できます。その利点のいくつかを次に示します。

❥ファイルバックアップだけでなく、パーティションバックアップ、システムバックアップ、ディスクバックアップもサポートしています。
❥バックアップにコメントを書き込んだり、電子メール通知を設定したりすることができます。
❥さまざまなバックアップモード(インテリジェントセクターバックアップなど)とさまざまな圧縮レベル(高/通常/低)を提供します。
❥増分バックアップまたは差分バックアップ(差分バックアップはAOMEI Backupper Professionalでサポートされています)を使用して変更されたファイルのみのバックアップをサポートします。一定の間隔(ディリー/ウィークリー/マンスリー)でファイルをバックアップし、バックアップのスケジュールを実行することができます。
❥USB、HDD、SSDなどのさまざまなストレージデバイスをサポートします。
❥オペレーティングシステム(Windows 7、8、8.1、10、11、XP、Vistaなど)との優れた互換性があります。

AOMEI Backupper Standardを使用してWindows 11でファイルを外付けHDDにバックアップするには、以下の手順に従ってください。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして開きます。外付けHDDを接続します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 「バックアップ」タブで「ファイルバックアップ」をクリックします。

ファイルバックアップ

手順 3. 「ファイルの追加」または「フォルダの追加」をクリックしてから、バックアップするファイルまたはフォルダを選択します。

フォルダの追加

手順 4. 外付けHDDをバックアップ先として選択します。

「オプション」または「スケジュール」を選択して、より多くの設定を取得できます。
オプション:電子メール通知を有効にし、バックアップファイルの圧縮レベルを選択し、必要な分割方法(Professional版でサポート)を選択できます。
スケジュール:ファイルのバックアップを、ディリー/ウィークリー/マンスリーで自動的に実行するように設定できます。イベントトリガーとUSB挿入を設定することができますが、Professional版などの上位エディションにアップグレードする必要があります。

バックアップ先

手順 5. すべての準備ができたら、「開始」をクリックしてファイルバックアップを実行します。

開始

ヒント:複数のバックアップイメージの原因でディスク容量が不足することに悩まされたくない場合は、「スキーム」(Professional版でサポート)を使用して古いバックアップを削除できます。

補足:また、AOMEI BackupperはクラウドストレージAOMEI Cloudを提供しています。クラウドストレージは実体がなく、物理的な損傷などによるデータ損失を回避できますし、インタネットがあれば、どこでもクラウドからデータを復元できるというメリットがあります。

クラウドバックアップ」機能を使用して、ファイル/フォルダをAOMEI Cloudにバックアップできます。元のファイル/フォルダが紛失・破損した場合、AOMEI Cloudからデータを復元することで、簡単に取り戻すことができます。AOMEI Cloud(1TB)は、15日間無料試用可能で、ぜひ使ってみてください。

クラウドバックアップ

Windows 11のデータを紛失した場合は、このソフトウェアの復元機能を使用して、以前にバックアップしたファイルを復元できます。具体的な手順は次のとおりです。

手順 1. 最初にバックアップイメージを含む外部HDDをPCに接続します。次に、ソフトウェアを開きます。「復元」>「イメージファイルを選択」に移動して、バックアップファイルを検索します。

イメージファイルを選択

手順 2. バックアップリストで復元するバックアップファイルを選択し、「次へ」をクリックします。

ファイルの選択

手順 3. 復元する必要があるファイルまたはフォルダを選択し、「次へ」をクリックします。

必要があるファイル

手順 4. 「元の場所へ復元」を選択するか、「新しい場所へ復元」を選択して目的のパスを指定できます。次に、「開始」をクリックします。

開始

まとめ

ここで、Windows 11のファイルを外付けHDDにバックアップする3つの方法を学びました。正直なところ、Windows 11の組み込みツールと比べて、AOMEI Backupperを使用することをお勧めします。

このソフトを利用して、さまざまなファイルを外付けHDDに安全にバックアップできます。また、複数のオペレーティングシステム(Windows 7、8、8.1、10、11、XP、Vistaなど)のファイルをさまざまなデバイス(USB、HDD、SSD、ネットワーク、クラウドなど)にバックアップできます。

これらの機能を楽しみたい場合は、今すぐダウンロードして使用してください。