By Akira / 最後の更新 2022年02月25日

Synology NASの増分バックアップとは何ですか?

増分バックアップとは、前回のフルバックアップまたは増分バックアップ以降に変更または新たに追加されたファイルのみをバックアップすることを指します。そこからデータを復元するには、最後のフルバックアップに加え、復元する時点までのすべての増分バックアップが必要です。そして、Synology NASの増分バックアップは、その名前が示すように、増分モードでSynology NASに、またはSynology NASからデータをバックアップすることを意味します。

Synology NASの増分バックアップの利点と欠点

他のバックアップモードと比較して、増分バックアップは最小限のスペースで、最速でバックアップが実行されます。データをSynology NASにバックアップする場合、またはSynology NASから他の場所にバックアップする場合、これらの特性により時間とストレージスペースを節約することができます。

ただし、増分バックアップの復元プロセスでは、最後のフルバックアップと後続のすべての増分バックアップの両方が順番に必要になるため、回復時間が長くなることは間違いありません。そして、それらのいずれかを失った場合、回復は成功しません。

増分バックアップと差分バックアップの違い

バックアップモードとしては、フルバックアップのほかに、増分バックアップ、差分バックアップが広く受け入れられています。変更されたファイルのみをバックアップするなどの共通点があります。ただし、具体的には、差分バックアップは、最後のフルバックアップに基づいてデータの差異をバックアップします。また、差分バックアップの復元には、最後の完全バックアップと最新の差分バックアップが必要です。

Synologyまたはその他のNASの増分バックアップを実行する方法

Synology NASは機能を拡張するために多くのアドオンパッケージを統合しており、その中にはHyper BackupやGlacier Backupのように増分バックアップを可能にするものもあり、これらはパッケージセンターから簡単にダウンロードすることができます。

ただし、これらのツールは明らかにSynology NASにのみ適用され、機能や対応するストレージデバイスにいくつかの制限があります。この場合、代替プログラムを使用して、あらゆる種類のNASおよびその他のストレージでより堅牢な増分バックアップ実行することもできます。

方法 1. Synology Hyper Backupで増分バックアップを実行

Hyper Backupは、Synology NASのために特別に開発されたデータバックアップユーティリティです。ローカル共有フォルダ、Synology NASに接続された外部ストレージデバイス、リモートSynology NAS、ファイルサーバー、クラウドサービスにデータをバックアップすることができます。

Synology NASの増分バックアップを実行するには、DSMにログインしてパッケージセンターでHyper Backupを検索してください。その後、ダウンロードしてください。

ヒント:Hyper Backupは古いバージョンではサポートされていないため、Synology NASはDSM 6.0以上である必要があります。

1. Synology Hyper Backupを起動し、「+」ボタンをクリックして、「データバックアップタスク」を選択します。

2. バックアップ先を選択します。Synology NASからUSBへの増分バックアップを実行する場合は、NASに接続し、ここで「ローカルフォルダ&USB」を選択してください。「次へ」をクリックして続行します。

ローカルフォルダ&USB

3. 「バックアップタスクの作成」をクリックし、ローカルの共有フォルダまたはSynology NASに接続されている外部ストレージデバイス(USBなど)を選択します。オプションとして、ディレクトリ名を変更することができます。次に、「次へ」をクリックします。

バックアップタスクの作成

4. バックアップするソースデータを選択し、「次へ」をクリックします。暗号化された共有フォルダを選択する場合、プロセス中にマウントされていることを確認してください。そうでない場合、リストに表示されません。

5. 必要に応じて、バックアップデータの圧縮、バックアップスケジュールなどのバックアップ設定を管理します。

バックアップ設定

バックアップローテーションを有効にして、維持するバージョンの最大数を設定します。その後、変更を適用します。

維持するバージョンの最大数を設定

6. 設定が完了すると、「今すぐバックアップ」ボタンをクリックします。

ソースデータの初回バックアップはフルコピーを作成しますが、その後は前回のバックアップに基づく変更点をチェックし、その変更点のみを保存します。

方法 2. Synology Glacier Backupで増分バックアップを実行

Synology NASのスペースを節約するために、ファイルをAmazon Glacierアカウントにバックアップし、データ損失を避けるためのコンティンジェンシープランを提供することができます。

Synology Glacier Backupを使用する前に、AWSのAmazon Glacierアカウントを登録および設定し、DSMのパッケージセンターからGlacier Backupをダウンロードする必要があります。

1. Glacier Backupを起動し、バックアップ>操作>作成をクリックします。

バックアップ作成

2. 任意のタスク名を入力し、「上記の条件を理解しました。」にチェックして「次へ」をクリックします。

3. Amazon GlacierアカウントのAccess KeyとSecret Keyを入力します。オプションで、「転送時の暗号化を有効にする」をチェックしたり、Multiple Uploadのパーツサイズを設定することができます。

バックアップ先の指定

4. バックアップするデータを指定し、「次へ」をクリックします。

5. 次に、バックアップのスケジュールを設定します。Synology NASの増分バックアップを設定するように、初回にフルバックアップを作成し、その後変更されたファイルのみを保存することに注意してください。

スケジュール

方法 3. 最高のサードパーティ製ソフトで増分バックアップを実行

上記の両方の方法は、シンプルな機能を持つSynology NASにのみ適用されます。QNAP NASの増分バックアップやバックアップスケジュールの設定など、さまざまなデバイスのデータバックアップのニーズがある場合は、代替ソフトを使用すると便利です。

AOMEI Backupper Standardは、すべてのWindows PCで動作する完全なバックアップと復元ソフトです。ソースディスクまたは宛先ディスクとして内部/外部ハードドライブ、USB、クラウドドライブ、NASなどを選択することが可能です。

フル/増分バックアップをサポートし、バックアップスケジュールも設定できます。また、インテリジェントバックアップやセクター単位のバックアップも選択できます。
バックアップの暗号化、差分バックアップの実行、古いバックアップを自動削除するバックアップスキームなど、高度な機能を楽しむためにProfession版にアップグレードすることもできます。

次に、AOMEI Backupper StandardでSynology NASの増分バックアップを実行する方法を紹介します。このプロセスに従って、他のNASまたはデバイスをバックアップすることもできます。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

1. AOMEI Backupper Standardをダウンロード→インストール→実行します。バックアップ種類やバックアップ元を選択してから「ネットワーク共有またはNASを選択」をクリックします。

ネットワーク共有またはNASを選択

2. ポップアップウィンドウで「ネットワーク場所を追加」をクリックします。

ネットワーク場所を追加

3. NASのIPアドレスを入力します。また、NASデバイスの表示名を設定することも可能です。

NASデバイスの表示名

4. NASデバイスが追加された後、NAS内のすべてのフォルダは、右側のリストボックスに表示されます。ターゲットパスとして一つのフォルダを選択してから「はい」をクリックします。

ターゲットバス

5. バックアップを開始する前に、バックアップの設定を自由に管理することができます。

Synology NASの自動バックアップを実行するには、下の「スケジュール」をクリックして頻度をセットアップします。「普通」タブでデイリー、ウイークリー、マンスリーのバックアップスケジュールを設定できますが、イベントトリガー、リアルタイム同期、USB挿入を利用したい場合、Professional版にアップグレードしてください。

スケジュール

「詳細」タブをクリックしてフル/差分(有料版のみでサポート)/増分バックアップの実行を設定できます。増分バックアップがデフォルトとして設定されています。

増分バックアップ

Professionalなどの高度なエディションにアップグレードして、「スキーム」の機能を楽しむことができます。ここでバックアップスキームを設定すると、古いバックアップがインテリジェントに削除されるため、ストレージスペースを節約できます。

スキーム

5. 操作を確認し、問題なければ「開始」をクリックします。

開始

まとめ

Synologyの増分バックアップは、あなたの時間とストレージスペースを大幅に節約することができ、それを行うためのいくつかのアドオンパッケージがサポートされています。しかし、他のNASまたはデバイスに適用したい場合、AOMEI Backupperのようなサードパーティのプログラムの方がうまくいくでしょう。

増分または差分バックアップだけでなく、その完全な機能で、2台のNASサーバーの同期を実現することができます。Windows Serverユーザーの場合は、Server版もあります。ぜひダウンロードして試してみましょう~