By Akira / 最後の更新 2022年02月23日

Windows 8/8.1 OSをバックアップする必要がありますか?

システムをインストールした後、Windows OSのバックアップは必要です。Windows 8/8.1でも、Windows XP/Vista/7/10/11でも、システムのバックアップは多くの問題を解決することができます。ここでは、一般的な理由をいくつかまとめてみました。

システム障害とデータ損失を防ぐ:ウイルス攻撃、ハードディスクの故障、人間の間違った操作など、多くの影響により、PCがトラブルに巻き込まれる可能性があります。多くの事故は、システムクラッシュにつながる可能性があります。システムがダウンすると、PCが起動できなくなり、情報が失われ、データが壊れた可能性があります。
高速な回復:システムのバックアップには、OS、システムファイル、ドライバ、インストールされたプログラム、システムパーティション上のデータなどが含まれるため、何か問題が発生した場合でも、ダウンタイムなしでWindows 8イメージをSSDまたはHDDに簡単に復元できます。Windowsを再インストールしたり、工場出荷時にデフォルト設定にリセットしたりする必要はありません。

windows 8

Windows 8/8.1のOSをバックアップする方法

Windows 8/8.1の組み込みツールであるファイル履歴を利用して、Windows 8/8.1のOSをバックアップできます。

では、以下の手順に従って、Windows 8/8.1でファイル履歴を利用してOSをバックアップしましょう~ 

1. タスクバーの検索ボックスに「コントロール パネル」と入力して、Enterキーを押します。「コントロール パネル」の画面で「システムとセキュリティ」の「ファイル履歴でファイルのバックアップ コピーを保存」を選択します。

コントロール パネル

2. 「ファイル履歴」画面が表示されるので、画面左下隅の「システム イメージ バックアップ」を選択します。

システム イメージ バックアップ

3. 「システム イメージの作成」画面で、「どのドライブをバックアップに含めますか?」と表示されるので、バックアップしたい場所を選択し、「次へ」ボタンを選択します。

システム イメージの作成

4. バックアップの設定を確認します。問題なければ「バックアップの開始」をクリックして、Windows 8/8.1 OSのバックアップを開始します。

バックアップの開始

これで、上記のガイドに従って、Windows 8のシステムバックアップを正常に作成できます。ただし、このWindows 8/8.1内蔵ツールはOSバックアップの自動作成をサポートしていない場合があります。つまり、PCをバックアップした状態に復元することしかできず、そこから行われたすべての変更が失われます。

システムの回復後にデータを失うと、ひどい気分になるかもしれません。それでは、Windows 8または8.1のオペレーティングシステムを自動的にバックアップして簡単に作成するにはどうすればよいですか?心配しないでください。次のパートでは、サードパーティの信頼できるバックアップソフトウェアを紹介します。

Windows 8/8.1を自動的にバックアップする方法(簡単で効果的な方法)

AOMEI Backupper Standardは、世界中の何百万人ものユーザーに使用されている強力なバックアップソフトウェアです。このソフトで、Windows 8/8.1システムだけでなく、10、11、7、Vista、XPなどのシステムのバックアップを簡単に作成することができます。また、このソフトは以下のいくつかのメリットがあります。

システムを自動的にバックアップ:日次、週次、月次でシステムをバックアップし、前回のバックアップから変更されたデータをバックアップできます。
バックアップの時間やディスク容量を節約:ファイルシステムの使用済みセクターのみをバックアップしたり、変更されたファイルのみを保持したり(増分バックアップを使用)、バックアップイメージをより小さく圧縮したりできます。
様々なバックアップ先:Windows 8/8.1 OS を外付けHDD、USB ドライブ、クラウド、ネットワークなどにバックアップできます。

ここでは、AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールします。以下の手順に従って、Windows 8/8.1を自動的にバックアップしましょう~

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

1. AOMEI Backupper Standardを起動し、「バックアップ」タブをクリックして、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

2. システムバックアップのウィンドウでは、デフォルトでシステムとブートパーティションが選択されているので、バックアップイメージを保存する場所を選択するだけです。ローカルスペースや外付けHDDを選択することができ、NASにバックアップすることも可能です。

ターゲットバス

3. 「スケジュール」オプションをクリックしてWindows 8/8.1での自動バックアップを設定します。

※ヒント:ここでは、デイリー/ウィークリー/マンスリーバックアップを設定できますが、イベントトリガー/USB挿入/差分バックアップを実行したい場合、有料版にアップグレードしてください。

スケジュール

4. すべての設定を終えたら、「開始」をクリックします。

ヒント:
「オプション」をクリックすると、バックアップにコメントを追加したり、パスワードを設定したりすることができます。
「スキーム」をクリックして、フルバックアップまたは増分バックアップのバックアップ方式を設定することができます。また、Professional版にアップグレードすると、差分バックアップを使用したり、古いバックアップイメージを削除したりすることができます。

まとめ

信頼できるバックアップソフトウェアがあれば、Windows 8/8.1 OSのバックアップを簡単にバックアップできます。組み込みのツールは、システムを手動でバックアップしても問題ないと思われる場合に適したオプションです。ただし、このタスクを自動的かつ簡単に実行したい場合は、AOMEI Backupper Standardの方が適しています。

加えて、AOMEI Backupperはバックアップ機能だけでなく、システム/ディスク/パーティションの復元、クローン機能、起動可能なメディアの作成など機能も提供します。Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

はい、以上です。この記事が役立つ場合は、友達と共有してください。何か質問や提案がある場合は、コメント欄に残してください。または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。