By Akira / 最後の更新 2021年09月24日

USB回復ドライブを作成する利点

Windows 10/11のブート可能なUSBメモリは、USBメモリを利用して起動可能な回復ドライブを作成することを意味します。システムがクラッシュする前に既にこのようなドライブを作成していれば、コンピュータを起動できないときにコンピュータをリセットして問題を解決できます。そして、USBメモリが持っない場合は、CD/DVDを利用してWindows 10/11システム修復ディスクを作成することもできます。

USB回復ドライブを作成する方法

全体として、Windows 10/11に問題が発生した場合、回復ドライブを作成することは賢明な選択です。詳細な手順は次のとおりです。

1. USBメモリをコンピュータに接続し、検出できることを確認します。

PS:貴重なデータがある場合は、まずファイルをバックアップしましょう。この操作では、USBメモリ上のすべてのデータが削除されてしまいます。

2. 検索ボックスに「回復ドライブ」と入力し、「回復ドライブの作成」を選択します。

3. それから、オプション 「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」をチェックし、「次へ」をクリックします。

回復ドライブの作成

4. USBメモリを選択し、「次へ」をクリックします。

USBメモリを選択

5. 「ディスクの作成」をクリックして開始します。

USB回復ドライブでWindows 10/11を修復する方法

OSの起動に失敗したときに回復ドライブを利用してシステムを修復しようとする場合は、コンピュータにUSB回復ドライブを挿入し、BIOSを入力して起動可能なディスクからコンピュータを起動させることができます。その後、回復画面が表示されたら、「詳細オプション」>「トラブルシューティング」>「起動修復」に進みます。

スタートアップ修復で問題を解決できない場合は、「詳細オプション」の「コマンドプロンプト」にアクセスしてWindows 10/11を修復してみましょう。コマンドプロンプトで、損傷したシステムファイルを修復する必要がある場合は、「sfc/scannow/offbootdir = d:\ / offwindir = d:\ windows 」を押し、「Enter」キーを押します。BCD設定を再構築する必要がある場合は、次のコマンドを実行します。

  • bootrec/fixmbr

  • bootrec/fixboot

  • bootrec/rebuildbcd

回復ドライブがあれば十分ですか?

上記のとおり、ブート可能なUSBメモリは、問題を解決するのに役立ちます。更に、システムの復元や再インストールにも役立ちます。しかし、システム修復ディスクは、それを作成したコンピュータ以外のコンピュータを起動できませんので、Windows 10/11で回復USBディスクを作成できないかもしれません。

そのような場合には、AOMEI Backupper Standardをお勧めします。これは、異なるバージョンのWindowsを起動するための起動可能なメディアを作成することを目指して設計されたフリーソフトであり、毎日、毎週、毎月、イベントトリガー(有料)、リアルタイム同期(有料)など、さまざまなスケジュールでシステムをバックアップできます。つまり、システムが起動できない場合は、AOMEI Backupperを利用して起動可能なUSBドライブからコンピュータを起動して、システムイメージファイルを作成したり、システムを復元したりできます。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
起動可能なメディアを作成する前に:
コンピュータにUSBドライブを挿入し、検出できることを確認します。
データを失わないように、操作の前にバックアップをしておきましょう。
AOMEI Backupperをダウンロード し、インストールして起動します。

1. メインインターフェイスで、「ツール」タブの下にある「ブータブルメディアの作成」をクリックします。

ブータブルメディアの作成

2. 作成するブート可能なメディアの種類を選択します。

メディアの種類を選択

3. システムがUEFIブートモードの場合、2つのオプションがあり、UEFIブートモードに基づいて起動可能ディスクを作成することをお勧めします。

UEFIブートモード

ノート:Linuxに基づくブータブルメディアを利用すると、AOMEI Backupperの基本的な機能にアクセスでき、Windows PEに基づくブータブルメディアを利用すると、AOMEI Backupperのすべての機能にアクセスできます。

4. 3つのオプション(ここではUSBが選択されています)の中から起動可能なメディアを選択し、「次へ」をクリックして操作を実行します。

USBの選択

5. 「終了」をクリックして完成します。

起動可能なUSBドライブを作成した後、USBドライブから起動する方法は以下のように示しています。システムを復元する必要があるコンピュータに起動可能なUSBドライブを挿入する>コンピュータを起動しているときに特定のキーを押してBIOSに入る>USBドライブからコンピュータを起動する>AOMEI Backupperでシステムを復元します。

評価

コンピュータが起動できなくなった場合は、Windows 10/11ブート可能なUSBメモリを利用して問題を解決してください。AOMEI Backupperが作成したブータブルメディアを利用してシステムを復元することは効果的で簡単です。システムを事前にバックアップするのが賢明です。必要に応じてシステムを復元することができます。

そのほかのバージョン | AOMEI Backupper:1台のServer向けのServer版、台数無制限のPC向けのTechnician版、台数無制限のServer向けのTechnician Plus版もあります。Technician(Plus)版を利用して、クライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較