By Akira / 最後の更新 2022年09月24日

システム修復ディスクと回復ドライブの比較

システム修復ディスクと回復ドライブは、Windows OSに組み込まれているさまざまな機能です。各タイプの回復メディアにより、Windowsの高度な起動オプションが利用できます。それは、システム修復ディスクを使用してコンピュータを起動することができ、重大なエラーからWindowsを回復するか、システムイメージからコンピュータを復元するのに役立つWindowsシステム回復ツールが含まれています。回復ドライブも同じ役割を果たしていますが、最後の復元になる傾向があります。すべてが上書きされ、コンピュータは回復ドライブを作成するときの状態に戻ります。

usb

Windows 10は、Windows 7のバックアップとリストアに従います。この機能は、Windows 7でシステムディスクを作成するのと同じ場所にあります。Windows 10のシステム修復ディスクを作成するには、CD/DVDディスクが必要です。ただし、USBメモリにリカバリドライブを作成することはできますが、16GBを超える必要があります。まれに、システム修復ディスクまたは回復ドライブを作成するために必要なファイルがすべてコンピュータで使用できない場合、プログラムはインストールディスクを要求します。

システム修復ディスクや回復ドライブを作成する理由については、その答えがはっきりしています。すべての操作は、コンピュータの問題を解決していざという時からPCを救うための予防措置です。また、Windowsのインストールや再インストールも可能です。

Windows 10システムの修復ディスクを作成する方法

1. 空のCD/DVDをコンピュータに挿入し、Windows 10で検出されていることを確認します。

2. 検索ボックスに「バックアップと復元」と入力し、「バックアップと復元」に移動(Windows 7)を選択します。

Bバックアップと復元

3. 「システム修復ディスクの作成」をクリックします。

システム修復ディスクの作成

4. デフォルトでは、CD/DVDディスクは自動的に検出されます。そうでない場合は、手動で選択するかリフレッシュして、やり直してください。次に、「ディスクの作成」をクリックします。

ディスクの作成

5. リックした直後にディスクを作成し始めます。

ディスクを作成

6. 終了すると、ダイアログが表示されます。情報を読み、「閉じる」をクリックして「はい」をクリックします。

ノート:すべてのデータが上書きされますので、大事なファイルをバックアップしてください。

これは、Windows 10でシステム修復ディスクを作成するためのすべての手順です。この修復ディスクは、システムに問題がある場合に使用できます。他のコンピュータでシステム修復ディスクを使用する場合は、ディスク内のツールを使用するためにキーボード、マウス、光学式ドライブを接続する必要があります。

より良い方法で修復ディスクを作成する

実際には、コンピュータを保護したり復旧させる他の多くの方法がありますが、システム修復ディスクの作成に失敗することもあります。それを避けるために、プロバックアップソフトウェアをおすすめします。

たとえば、起動可能なCD/DVDや起動可能なUSBフラッシュドライブなどの起動可能なレスキュードライブを作成することができます。同時に、Windows 10でシステムドライブのバックアップを作成します。システムを復元する場合は、最新のバックアップを利用してディスクの回復またはシステムの復元を実行することもできます。

1. USBメモリをコンピュータに接続します。無料のAOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして起動してください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

2. 「ツール」タブの「ブータブルメディアの作成」をクリックします。

ユーティリティ

3. 起動可能なディスクタイプを選択します。LinuxベースのブータブルメディアではAOMEI Backupper Standardの基本機能のみを使用できますが、Windows PEではすべての機能にアクセスできます。

Windows PE

4. Windows PEのブートモードを選択します。

ブートモード

5. 起動可能なストレージメディアを選択します。ご覧のとおり、3つのオプションがあります。最後に、「次へ」をクリックして作成プロセスを開始します。

ストレージメディア

ヒント:
選択したUSBドライブがフォーマットされます。重要なファイルは事前にバックアップしてください。
AOMEI Backupper Standardは、Windows 11、10、8/8.1、7、XP、Vistaに対応しています。もっと高度な機能を使用したい場合、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてみてください。

まとめ

これまでWindows 10のシステム修復USBブートディスクが作成されました。実際、システム修復ディスクのトラブルシューティングは、コンピュータの知識が限られている通常のユーザーにとっては少し複雑です。したがって、最新のものをすべてバックアップすることでシステムを保護することは、より受け入れられる可能性があります。AOMEI Backupperを利用すると、Windows 10を外付けハードドライブに移行できるだけでなく、自動バックアップすることができます。そのため、コンピュータに何か悪いことが起きたとしても、バックアップイメージは災害から生き残ります。

そのほかのバージョン | AOMEI Backupper:1台のServer向けのServer版、台数無制限のPC向けのTechnician版、台数無制限のServer向けのTechnician Plus版もあります。Technician(Plus)版を利用して、クライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較