Windows 10起動ディスクのバックアップを作成する方法

なぜWindows 10起動ディスクのバックアップを作成しますか

Windows OSと個人的なデータは、ハッカー、ウイルス、重要なソフトウェアのエラー、またはハードウェア障害に直面するのに脆弱です。それは、なぜ掛け替えのなくて、貴重なデータをバックアップして、保護するかの理由です。バックアップを実行できるかぎり、それを実行してください。災害が発生する時、作成されたバックアップの以外、何もそれを救えません。最新のWindows 10にとってそれもそうです。HDDにHDDをコピーすることを考えるかもしれませんが、それは保存により多い空間と時間が必要です。

内蔵のツールでWindows 10をバックアップします

Windows 10イメージバックアップの機能は全体システムのビット単位のコピーを含みます。Windows 10起動ディスクのバックアップを作成するために、2つの別々な方法でそれを完成する必要があります。ファイルバックアップとシステムイメージの作成です。もし、同時にそれらを使用する必要があるなら、事前にバックアップイメージをマージしなければなりません。また、システムイメージを復元する時、イメージに含まれた全てのイベントを復元します。つまり、システムバックアップイメージから個人的なファイルを復元できません。

システムイメージを作成する手順は
スタート>コントロールパネル>システムとセキュリティ>ファイル履歴(スタートのディレクトリの下にコントロールパネルアイコンがないなら、Win+Rを押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。それにコントロールパネルを入力してみて、Enterを押します)
左下隅でシステムイメージバックアップのリンクをクリックします。事前に、PCにターゲット場所としての外付けHDDを接続することを確認してください。その後、このイベントを完成するためにバックアップウィザードに従ってください。

ファイル履歴

Windows 10ファイルをバックアップする手順は
スタート>設定>更新とセキュリティ>バックアップ
通常にこの機能はライブラリ、デスクトップ、お気に入りと連絡先フォルダのファイルだけをバックアップします。より多いフォルダをバックアップしたい場合、その他のオプションをクリックして、それらを追加します。しかし、バックアップのディレクトリにCドライブフォルダを追加してもファイルだけをバックアップします。

設定

実は、Windows10ブートディスクのバックアップはいくつかの強力な専門バックアップソフトウェア-AOMEI Backupperを介して実行されることもできます。このソフトウェアのディスクバックアップの機能は一つのボタンのソリューションを提供します。全体PCを保護するために2つのバックアップが必要ではありません。上記のプログラムのStandardエディションはホームと商業のユーザーのために無料です。

AOMEI BackupperでWindows 10ブートディスクをバックアップします

ステップ 1. AOMEI Backupperをダウンロードして、起動します。「バックアップ」タブで「ディスクバックアップ」をクリックします。

ディスクバックアップ

ステップ 2. ソースディスクを選択します。

ソースディスクを選択

ディスク0を選択

ステップ 3. ターゲット場所を選択して、「開始」をクリックします。

開始

ノート

*オプション: このオプションをクリックして、カスタマイズされた設定を実行することができます。

バックアップオプション

*スケジュール:ここでは、バックアップモード(デイリー、ウイークリー、マンスリー)、バックアップ種類(フルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップ)を設定できます。

スケジュール

要するに、Windows 10起動ディスクのバックアップを一度に作成できます。また、Windows 8とWindows 7でブートディスクを作成することもできます。AOMEI Backupperは選択的なファイルを復元することをサポートします。つまり、全体バックアップイメージを復元せずにバックアップイメージから個人的なファイルとフォルダを復元できます。