By Akira / 最後の更新 2022年04月08日

Windows 11の新機能は?

間違いなく、2015年のWindows 10のリリース以来のWindowsの最大の更新は、Windows 11のデビューです。ある調査によると、2021年11月末時点で9%のPCがWindows 11に移行しています。

windows 11

ここでは、Windows 11がもたらす新機能の中から、特に注目すべきものを紹介します。

  • ユーザーエクスペリエンス

マイクロソフトは、以前からWindows 10のユーザーエクスペリエンスに関する多くの変更を計画してきました。Windows 11は、「サンバレー」というコード名のプロジェクトを介して、スタートメニュー、アクションセンター、さらにはファイルエクスプローラーのユーザーインターフェイスを、一貫性のあるモダンなデザイン、より優れたアニメーション、新機能で更新しました。

  • Microsoft Store

Windows 11は、Microsoft Storeを変更して、開発者とWindowsユーザーの両方にとってより重要なものにします。これにより、開発者はパッケージ化されていないWin32アプリをストアに送信し、アプリとアップデートを独自のCDNでホストし、アプリでサードパーティのコマースプラットフォームを使用できるようになります。さらに、顧客は大規模なアプリやゲームのより安定したダウンロードとインストールのエクスペリエンスを得ることができます。

  • Microsoft Teamの統合

Teamsは改良され、Windows 11タスクバーに固定されているため、アクセスが簡単になっています。Windows、Mac、Android、またはiOSからTeamsにアクセスできるようになります。

Windows 11の詳細については、Microsoftのウェブサイトを参照してください。

なぜWindows 11の起動可能なUSBを作成するのか?

Windows 10/8/7をWindows 11にアップグレードした場合、以下の理由でWindows 11の起動可能なUSBを作成することがあります。

  • クラッシュしたパソコンをWindows 11の回復環境で起動します。
  • システム障害が発生した後、Windows 11を再インストールします。
  • 新しいハードウェアまたは新しいPCにWindows 11をクリーンインストールします。

Windows 11の起動可能なUSBを作成するツール【オススメ】

Windows 11のブータブルUSBを作るには、2つのツールを利用できます。

1. Windows 11/10/8/7用の無料ブータブルUSBを作成するソフト

最高のフリーUSBブータブルソフトウェア-AOMEI Backupper Standardは、Windows 11回復USBドライブを簡単に作成するのに役立ちます。以下はその主な機能です。

Windows 11、10、8.1/8、7、Vista、XPなど、すべてのWindows OSで起動可能なUSBドライブを作成することができます。
WindowsのブートメニューからアクセスできるWindows回復環境を作成できるため、故障したシステムの起動にブートデバイスは必要ありません。
さまざまな種類のデータをバックアップできるように、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップを提供します。

2. Windows 11メディア作成ツール

公式のWindows11メディア作成ツールを使用すると、Windows 11 ISOをダウンロードしたり、インストールメディアを作成して、問題のあるPCのクリーンインストールや修復を実行したりできます。サポートされていないデバイスや互換性のないデバイスに、インストールメディアを使用してWindows11をインストールすることもできます。

Windows 11で起動可能なUSBを作成する方法

起動可能なUSBを作成する前の準備:
Windows 11は、UEFIブートモードのみをサポートします。Windows 11をPCに直接インストールする場合は、システムディスクがGPTディスクであることを確認してください。そうでない場合は、データを失うことなくMBRをGPTに変換してください。
13GB以上のUSBドライブを用意する必要があります(読み取りと書き込みの速度が速いため、USB 3.0ドライブをお勧めします)。
USB上のすべてのデータは消去されます。事前にバックアップを作成してください。
新しいシステムを作成する場合は、Windows 11 ISOファイルをダウンロードする必要があります。

1. AOMEI BackupperでWindows 11の起動可能なUSBを作成

ステップ 1. USBドライブをパソコンに接続します。AOMEI Backupperをダウンロード、インストールし、起動します。そして、「ツール」をクリックして、「ブータブルメディアの作成」を選択します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ブータブルメディアの作成

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、「Windows PE - Windows PEに基づいてブータブルメディアを作成」を選択し、「次へ」をクリックします。

win pe

ヒント:ネットワーク接続があり、システムにWinPE作成環境がないことが検出された場合、「インターネットからWinPEの作成環境をダウンロード」オプションが自動的にチェックされます。

ステップ 3. 「USBブートデバイス」を選択し、「次へ」をクリックします。USBディスクがフォーマットされることを確認するメッセージが表示されます。以前にバックアップを作成したことがあるため、「はい」をクリックして起動可能なメディアの作成を開始します。

開始

★ AOMEI Backupperでシステムイメージを作成する方法

古いオペレーティングシステムにロールバックできるシステムイメージを作成するには、「バックアップ」>「システムバックアップ」に移動して、古いOSのシステムイメージを作成します。イメージファイルの安全性を確保するために、システムイメージを外部ドライブまたはネットワークの場所に保存することをお勧めします。

システムバックアップ

★AOMEI Backupperで重要なファイルをバックアップする方法

大切なデータを紛失から保護するために、「バックアップ」>「ファイルバックアップ」で特定のファイル/フォルダのバックアップを作成することができます。手元にバックアップイメージがあれば、紛失したファイルを楽に復元することができます。

ファイルバックアップ

2. メディア作成ツールでWindows 11の起動可能なUSBを作成

ステップ 1. USBメモリーをパソコンに接続します。マイクロソフト公式サイトからメディア作成ツールをダウンロードします。「Windows 11のインストールメディアを作成する」の下にある「今すぐダウンロード」をクリックします。

今すぐダウンロード

ステップ 2. インストールした「MediaCreationToolW11.exe」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

管理者として実行

ステップ 3. マイクロソフトソフトウェアライセンス条項が表示され、「同意する」をクリックします。

同意する

ステップ 4. 「実行する操作を選んでください」画面で、「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択し、「次へ」をクリックします。

別のPCのインストールメディアを作成する

ステップ 5. 現在のWindows環境に応じて、Windows 11の言語、エディションが自動的に選択されます。デフォルトの設定を変更したい場合は、「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外すと、オプションが選択できるようになります。問題がなければ、「次へ」をクリックします。

このPCにおすすめのオプションを使う

ステップ 6. 「使用するメディアを選んでください」が表示されたら、「USBフラッシュドライブ」を選択し、「次へ」をクリックします。

USBフラッシュドライブ

ステップ 7. 保存先としてのUSBドライブを選択し、「次へ」をクリックすると、Windows 11のインストールメディアの作成が始まります。

開始

まとめ

これで、最高の無料USBブータブルソフトウェアAOMEI Backupper StandardとWindows 11メディア作成ツールを使用してWindows 11の起動可能なUSBを作成する方法がわかりました。起動可能なUSBドライブに加えて、発生する可能性のあるWindows11の更新エラーに対処するためにシステムイとファイルのバックアップも必要になります。幸い、AOMEI Backupperを使用すると、コンピューターのデータを継続的に保護できます。

Windows 11を一定期間使用した後、Windows11を新しいコンピューターに移動することをお勧めします。AOMEI Backupper Professionalにアップグレードするとスムーズに実行できます。今すぐ試してみませんか?