By Akira / 最後の更新 2022年03月30日

実例:ブータブルUSBを別のUSBにコピーしたい

最近では、多くのユーザーが複数のUSBドライブを所有し、それらを使用して重要なファイルを保存したり、データを別のストレージデバイスに転送したりしています。さらに、トラブルシューティングするときに、コンピューターを起動するためのブータブルUSBを作成するユーザーがますます増えています。ただし、このストレージは攻撃に対して脆弱であるため、ブータブルUSBを別のUSBにコピーする必要があります。以下は、スーパーユーザーフォーラムの例です。

これはばかげた質問だと思いますが、Google検索では、起動可能なドライブから別のUSBにデータをコピーして貼り付けることさえ不可能であることが示されているようです。しかし、それをクローンできたとしても、なぜ機能しないのでしょうか?(つまり、重複した起動可能なドライブを作成します。)では、ブータブルUSBを別USBにコピーする方法は?

 

心配しなくて、この記事では、簡単な手順でブートファイルを含むUSBを別のUSBに安全にコピーする方法を説明します。

ブートファイルを含むUSBフラッシュドライブについて

USBフラッシュドライブまたはUSBハードドライブは、サイズが小さく、軽量で、持ち運びが容易なため、ユーザーの間で人気があります。さらに、安価で耐用年数が長く、壊れやすい可動部品がありません。

USB

したがって、ユーザーはこれをデータストレージとデータ転送に使用するだけでなく、ブートファイルを備えたUSBフラッシュドライブとして使用することもできます。ブータブルUSBディスクは、コンピューターの製造元が提供するCD/DVDインストールディスクの代替品であり、コンピューターのWindowsシステムを再インストールしたり、災害時にコンピューターのトラブルシューティングを行ったりするために使用できます。コンピューターに接続したら、BIOSメニューで起動優先順位をUSBに変更する必要があります。

なぜブータブルUSBを別のUSBにコピーする必要がある?

ブータブルUSBには、Windowsの起動に必要なすべてのファイルが含まれているため、コンピューターを災害から救うことができます。これで、ブータブルUSBの重要性がわかりました。また、これには主に4つの理由で、ブートファイルを含むブータブルUSBを別のUSBにコピーする必要があります。

古いブータブルUSBを新しいものに交換します。何度もプラグを差し込んだり抜いたりすると、フラッシュドライブは脆弱であり、故障する可能性が高いため、最終的には交換することができます。
長期間の使用してからスペースが不足したため、小さいブータブルUSBを大きいUSBにアップグレードします。
いつか紛失した場合に備えて、ブータブルUSBをコピーします。USBドライブは非常に小さいため、紛失しやすいです。念のためブータブルUSBをバックアップしておいてください。
ブータブルUSBを別のUSBにコピーして、同じオペレーティングシステムを他のユーザーと共有します。

ブータブルUSBの特殊性を考慮すると、ユーザーは従来のコピーと貼り付け方法を直接使用して、ブータブルUSBを別のUSBにコピーすることはできません。これには時間がかかり、プログラムが破損したり、オペレーティングシステムが起動しなくなる可能性があります。対照的に、ブータブルUSBのクローン作成はより高速で安全です。最も重要なことは、クローンされたUSBドライブは起動可能です。

最高の無料のブータブルUSBクローンツール

残念なことに、Windowsは起動可能なUSBドライブを直接クローンする方法を提供していません。ただし、最高の無料のブータブルUSBクローン作成ツール-AOMEI Backupper Standardを使用して、Windows 11/10/8.1/8/7/XP/VistaでブータブルUSBを別のUSBにコピーできます。直感的なインターフェイスのおかげで、クローン作成プロセスを簡単かつ迅速に実行できます。

このソフトウェアはディスクのクローン作成をサポートしており、ブータブルUSBのすべてのものを別のUSBにクローンすることができます。Patriot Supersonic Rage、Kingston DataTraveler、SanDisk Extreme、PNY Turbo、Samsung T3 SSD USBフラッシュドライブなど、すべてのブランドのUSBのクローン作成をサポートします。さらに、ラップトップのHDDをSSDに交換したり、DellのHDDをSSDにクローンしたり、SSDをより大きなSSDにクローンしたりすることもできます。

さらに、このソフトウェアはユーザーに多くの便利な機能を提供し、クローン作成プロセスを簡単かつ効率的にします。たとえば、セクター単位のクローンを作成して、ブータブルUSBドライブの正確なコピーを作成します。

ブートファイルを含むUSBを別のUSBに安全にコピーする方法

ここでは、Windows 10を例として取り上げ、Windows 10でブータブルUSBを別のUSBに簡単にクローンする方法を示します。詳細な手順は以下のとおりです。

ステップ 1. USBポーを介して2つのUSBドライブをコンピューターに挿入し、Windowsで検出できるかどうかを確認します。次に、最高の無料USBクローンソフトウェア-AOMEI Backupper Standardをダウンロードしてインストールします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 2. このソフトウェアを起動して、「クローン」の「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

ステップ 3. ブータブルUSBをソースディスクとして選択します。「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 4. 他のUSBをターゲットディスクとして選択します。「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ご注意:
クローン作成をした後、ターゲットディスクの内容はすべて上書きされます。データがある場合は、事前にディスクバックアップを実行することを忘れないでください。

ステップ 5. 次に、操作の概要が表示されます。操作を確認し、「開始」をクリックして、ブータブルUSBを別のUSBにクローンします。

開始

そのほか:
通常では、このソフトウェアは使用済みセクターのみをクローンします。すべてのセクターをクローンしたい場合は、「セクター単位のクローン」の前にあるチェックボックスにチェックを入れてください。ターゲットディスクの容量はソースディスクの容量以上である必要があります。
USBをより大きなUSBにクローンしたい場合は、「パーティションの編集」(AOMEI Backupper Professionalなどの上位エディションにアップグレード)を使用して、ターゲットUSBのパーティションサイズを調整することをお勧めします。また、クローン作成後にクローンされたハードディスクが間違ったサイズを表示するという問題について心配する必要はありません。
データディスクをクローンする場合、または起動ディスクをMBRからMBRへクローンする場合、個人用の無料版AOMEI Backupper Standardが十分です。しかし、起動ディスクをMBRからGPTへ、GPTからGPTへ、GPTからMBRへクローンする場合、Professional版やWorkstation版などのアドバンスト版にアップグレードする必要があります。
USBドライブがSSDの場合、「SSD 4Kアライメント」を使用して最高のパフォーマンスを実現できます。以前よりも速くなります。
古い起動可能なUSBドライブは、重要なデータを保存するためのバックアップストレージとして使用したり、他の目的で再フォーマットしたりできます。

まとめ

これは、ブートファイルを含むUSBを別のUSBに安全にコピーする方法です。最高の無料のUSBクローンソフトウェア-AOMEI Backupper Standardを使用して、プロセス全体を短時間で完了することができます。また、「セクター単位のクローン」、「パーティションの編集」、「SSD 4Kアライメント」などの便利な機能も楽しめます。さらに、これを使用して、Windows 10/8.1/8/7/XP/Vistaを含むすべてのWindowsオペレーティングシステムの起動に使用できるブータブルメディアの作成をすることもできます。

さらに、このソフトウェアは無料のバックアップおよび回復ソフトウェアでもあり、コンピューターとそのデータを保護する完全なソリューションを提供します。

システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップ、増分および差分バックアップ(有料)、システムの復元などを含みます。今すぐダウンロードして使ってください!