By Akira / 最後の更新 2022年04月19日

Windows 10イメージを展開する原因

人々は災害復旧のためにWindowsをバックアップします。障害が発生した場合、Windowsシステムのバックアップイメージで、コンピューターを通常の状態に復元できます。もちろん、バックアップされたWindowsイメージを別のコンピューターに展開することもできます。USBはPCユーザーが簡単に利用できるリムーバブルストレージデバイスであり、大容量のUSBでもそれほどコストはかかりません。したがって、USBを使用してWindows10イメージを別のコンピューターに展開すると非常に便利です。

USBドライブ

また、ターゲットPCとソースPCが同じネットワークにない場合、ネットワーク上でWindows10の展開を実行する可能性はほとんどありません。つまり、USB経由でWindows10イメージを展開するのが最善の方法です。

Windows 10イメージを展開する前の準備

USBドライブのみで展開を実行するには、いくつかの準備が必要です。

2つの16GB以上のUSBドライブが必要です。1つはシステムイメージ用で、もう1つはWinPEブータブルデバイスとして使用されます。
Windows 10をUSBドライブにバックアップし、このチュートリアルでUSB Aとしてマークします。
プロフェッショナルなバックアップおよび復元ソフト-AOMEI Backupper Professionalが必要です。USBドライブを起動可能にし、ワンクリックでWindows10イメージを別のコンピューターに展開するのにも役立ちます。

すべての準備が完了したら、コンピューターにAOMEI Backupper Professionalをダウンロードします。インストールして起動します。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

次に、もう一つのUSBドライブ(USB Bというラベルが付いています)を起動可能なデバイスとして使用します。AOMEI Backupper Professionalの「ブータブルメディアの作成」機能を使用して、そこにWin PE ISOファイルを作成します。次に、USBドライブを使用してWindows10を展開する方法を学びます。

ブータブルメディアの作成

AOMEI Backupper ProfessionalでWindows 10を展開する

ステップ 1. USB B(起動可能デバイス)に挿入して、ターゲットPCを起動します。

ステップ 2. USB AをターゲットPCに接続します。検出できることを確認してください。AOMEI Backupper Professionalを起動して、「復元」をクリックします。通常、バックアップイメージを自動的に検出します。ただし、Windows 10イメージが表示されない場合は、「イメージファイルを選択」をクリックして手動で移動します。

イメージファイルを選択

ステップ 3. 宛先パスを選択して、「次へ」をクリックします。

宛先パス

ステップ 4. 操作概要を確認します。ターゲットPCのハードウェアが異なる場合は、「ユニバーサル復元」ボックスにチェックマークを付けることを忘れないでください。「開始」をクリックします。

開始

まとめ

AOMEI Backupper Professionalを使用して、WinPE USBを介してWindows10を展開することは簡単に解決できます。また、このソフトウェアは、コンピューターにLANまたはCDドライブがない場合にも役立ちます。ネットワーク(NASや共有ネットワークなど)を介したWindowsバックアップイメージの復元をサポートしているためです。

さらに、Windows 10イメージをコンピューターに大規模に展開する必要がある場合は、専用のイメージ展開ソフトウェア-AOMEI Image Deployを利用してください。Windows 7またはWindows 7以前のバージョンである場合には、パソコンにAIKをインストールする必要があります。Windows 8またはWindows 8以降のバージョンである場合には、ADKをインストールする必要があります。