By Akira / 最後の更新 2022年05月12日

Windows Serverバックアップについて

Windows Serverバックアップ

Windows Server バックアップ(WSB)は、Microsoft管理コンソール(MMC)スナップイン、コマンドラインツール、およびWindows PowerShellコマンドレットで構成されています。これによって、日常的なバックアップと回復のニーズに適応した完全なソリューションが提供されます。Windows Server バックアップでは、サーバー全体(すべてのボリューム)、選択したボリューム、システム状態、または特定のファイルやフォルダーをバックアップできるほか、ベアメタル回復に使用できるバックアップを作成できます。

これは、Windows Serverユーザー、特に中小企業の所有者に基本的なバックアップソリューションを提供しますが、その制限に失望する場合があります。したがって、最初にWindows Serverバックアップの制限を理解してから、それを利用してシステムとすべての貴重なデータを保護することをお勧めします。

Windows Serverバックアップの制限

ここでは、WSBのいくつかの主要な制限について説明します。

1. Windows Serverバックアップの2TB制限:

Windows Server 2008(R2)では、WSBはボリュームを仮想ハードディスク(VHD)ファイルにバックアップします。各VHDファイルはバックアップ内のボリュームに対応します。VHDファイルには2TBのファイルサイズ制限があるため、2TBを超えるボリュームはバックアップできません。ただし、Windows Server 2012以降のWSBはVHDXに変更されたため、2TB以上16TB未満のバックアップが可能となりました。

2. Windows Serverバックアップのバックアップ/コピーの数の制限:

WSBは、自動ディスクスペース管理機能を所有しています。この機能は、新しいバックアップ用のスペースが不足していることを検出すると、古いバックアップを自動的に削除します。その結果、WSBが保持するバックアップの数は制限されます。それでも、スナップショットに割り当てられたストレージスペースがターゲットボリュームサイズの1/8未満を縮小することはできません。だから、Windows Serverバックアップが古いバックアップを削除しない場合があります。

3. バックアップされたアイテムの制限:

バックアップするには、ボリューム全体のみを選択でき、個々のファイルやフォルダーは選択できません。さらに、バックアップ用にローカルボリュームのみを選択でき、ネットワーク共有は選択できません。

4. 宛先ドライブの制限:

WSBを使用してテープにバックアップすることはできません。さらに、パーティションだけでなく、バックアップのスケジュールを実行するために、別個の専用ディスクが必要になります。

5. バックアップスケジュールの制限:

WSBのバックアップスケジュールウィザードには、「1日1回」と「1日複数回」の2つのオプションしかありません。Windows Serverで複数のバックアップスケジュールを実行する場合は、タスクスケジューラを使用する必要があります。

6. 監視とレポートなし:

WSBは、多数のサーバーを監視するための集中監視機能を提供していません。また、バックアップステータスに関する自動電子メールレポートも提供していません。

これで、Windows Server 2016/2012/2008のバックアップの制限がわかりました。Windows Serverバックアップの制限を克服する方法は?必要なのは、WSBよりも優れた強力なサーバーバックアップソフトウェアを使用できます。

Windows Serverバックアップの最良の代替手段-AOMEI Backupper Server

サーバー専用のバックアップソフトウェア-AOMEI Backupper Serverは、Windows Serverバックアップの最良の代替手段となります。サーバーのバックアップに関するすべての要求を満たすために、複数の機能が組み込まれています。

  • 多様なバックアップモード:システム/ディスク/パーティション/ファイルバックアップを提供します。

  • スケジュール:自動バックアップは、ディリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガー/USB挿入の5つのスケジュールモードで実行できます。

  • 複数バックアップ先の選択:内部/外付けHDD、ネットワーク共有、NASデバイスなどにバックアップできます。

  • スキーム:バックアップスキーム機能を提供し、必要に応じて保持するバックアップバージョンの数を設定できます。

  • 幅広い互換性:Windows PCオペレーティングシステム(Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP)とWindows Serverオペレーティングシステム(Windows Server 2022/2019/2016/2012/2008/2003など)の両方をサポートします。

試してみませんか?下のボタンをクリックするだけで、AOMEI Backupper Serverの30日間無料体験版をダウンロードできます。

Serverの無料体験版 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

次に、以下の手順に従って、システムをバックアップし、AOMEI Backupper Serverでディスクスペースの自動管理を有効にします。

手順 1. AOMEI Backupper Serverをインストールして起動します。「バックアップ」をクリックし、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

手順 2. 必要なシステムパーティションが自動的で選択されています。バックアップファイルを保存する宛先パスのみを選択します。

宛先パス

手順 3. 「スケジュール」をクリックし、システムバックアップを作成する頻度を設定します。「詳細」タブで、フル/増分/差分バックアップの実行を選択できます。

スケジュール

手順 4. 「スキーム」をクリックし、ポップアップウィンドウで「バックアップスキームを有効にする」を選択します。ドロップダウンメニューからバックアップスキームを1つ選択します。必要に応じて、保持するバックアップバージョンの数を設定することもできます。

スキーム

手順 5. 操作を確認し、「開始」をクリックします。

ヒント:
バックアップステータスに関する電子メール情報を取得するには、「オプション」の「メール通知」を有効にすることができます。
AOMEI Backupper Serverを使用して、異なるハードウェアへのWindows Serverバックアップベアメタル回復を作成することができます。

まとめ

Windows Serverバックアップの制限を理解すると、このツールをより適切に管理するのに役立ちます。Windows Serverバックアップの制限を回避するには、最良の代替AOMEI Backupper Serverを使用できます。AOMEI Backupper Serverは、WSBの欠点を克服するだけでなく、より高度な機能も提供します。システムクローン機能は、システム障害が発生した場合に、動作中のコンピューターをすぐに元に戻すのに役立ちます。

さらに、社内の台数無制限のサーバーとPCを保護したい場合は、AOMEI Backupper Tech Plusの方が適している可能性があります。今すぐAOMEI Backupperに行きましょう!