By Akira / 最後の更新 2022年03月30日

Server 2016にはシステムの復元機能がありますか?

システムの復元は、システムファイル、設定、およびアプリケーションを以前の状態に戻すように設計されたWindowsの機能です。Windows 10などのクライアントOSで使用するには、システム保護を有効にして復元ポイントを作成します。ただし、この機能はWindows Server 2022/2019/2016/2012/2012(R2)には適用されません。

Windows Server 2016システムの復元を実行するには、システムの状態を含むバックアップを作成する必要があります。ただし、Windows Serverバックアップの制限と面倒なプロセスを考慮すると、OSをバックアップおよび復元するためのより簡単な代替方法を試すこともできます。

以下の両方の方法について説明します。

Windows Server 2016

Windows Serverバックアップでシステムのバックアップと復元を実行する

Windows Server 2016のバックアップと復元はどのように機能しますか?まず、バックアップツールをインストールする必要があります。パスは次のとおりです。

「サーバーマネージャー」>>「管理」>>「役割と機能の追加」をクリックします。ウィザードを進めて行き、インストールする「役割」「機能」を選択します。次に、ウィザードに従って「Windows Server バックアップ」を選択してインストールします。

その後、サーバーマネージャーの「ツール」をクリックし、「Windows Server バックアップ」を選択して続行します。

Windows Serverバックアップ

この機能が見つからない、または使用できない場合は、「システムライターがバックアップに見つかりません」を参照してください。

Windows Server 2016でバックアップを作成する

ステップ 1. 「ローカルバックアップ」をクリックして、必要に応じて「バックアップスケジュール」と「単発バックアップ」を選択します。ここでは、前者を選択して自動バックアップを設定します。

ローカルバックアップ

ステップ 2. 「バックアップの構成の選択」をクリックします。サーバー全体とはサーバー上のすべてのデータを指し、カスタムではボリュームとファイルを手動で選択できます。ここではサーバー全体を推奨します。

サーバー全体

ステップ 3. 「バックアップの時間の指定」で好きなようにバックアップ時間を設定できます。ここでは、「1日1回」または「1日複数回」を設定できます。

バックアップの時間の指定

ステップ 4. これで、ハードディスク、ボリューム、共有ネットワークフォルダなどの宛先場所を指定できます。ハードディスクをお勧めします。そして「次へ」をクリックします。

作成先の種類の指定

ステップ 5. 「完了」をクリックしてバックアップを開始します。宛先ディスクはバックアップ後にフォーマットされることに注意してください。空のディスクを使用するか、最初にそのディスク上のデータをバックアップしてください。

Windows Server 2016でシステムのバックアップから復元する

ステップ 1. 前に作成したシステム状態のバックアップを使用して、バックアップタスクを選択してから、復元の開始を選択できます。

ステップ 2. ローカルバックアップの場合は「このサーバー」を選択し、システムの復元に使用するバックアップの日付を選択します。

このサーバー

ステップ 3. 「回復の種類の選択」をクリックします。ここで「システム状態」を選択します。

システム状態

ステップ 4. 「回復オプションの指定」をクリックします。「元の場所」がデフォルトの選択です。

元の場所

ステップ 5. 操作を確認し、「回復」をクリックしてます。

Windows Server 2016でベアメタル回復を実行する

PCの起動に失敗し、以前にベアメタルバックアップを作成したことがある場合は、ベアメタル回復を実行して、重要なボリュームのすべてのデータ(ユーザーデータを除く)を使用してOSを復元できます。

ステップ 1. Windows Server 2016の起動可能なメディアを挿入して起動し、「コンピューターを修復する」をクリックして回復環境に入ります。

コンピューターを修復する

ステップ 2. 「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「イメージでシステムを回復」を順に選択します。

イメージでシステムを回復

ステップ 3. 利用可能な最新のシステムイメージが自動的に検出されます。「次へ」をクリックして続行します。

システムイメージバックアップの選択

ステップ 4. システムイメージのレイアウトに一致するように「ディスクをフォーマットしてパーティションに再分割する」オプションにチェックマークを付けたままにして、「次へ」をクリックします。

ディスクをフォーマットしてパーティションに再分割

ステップ 5. 情報を確認し、「完了」をクリックして、Window Server 2016でシステムイメージの回復を実行します。

Windows Server 2016でシステムの復元を実行するより簡単な方法

Windows Serverバックアップはフル機能のバックアップユーティリティですが、簡単ではありません。また、この操作はいくつかの制限があります。この場合、Windows Server 2016システムの復元を実行するためのより簡単な代替手段-AOMEI Backupper Serverを使用することができます。

  • すべてのWindows OSに対応する:Windows Server 2003、2008、2012、2016、2019(R2を含む)、2022、SBS 2003、2008、2011、およびWindows PCシステムをサポートします。

  • 内蔵/外付けHDDだけでなく、NAS、ネットワーク共有、クラウドサービスなど、さまざまなストレージデバイスをサポートします。

  • システムのバックアップと復元に加えて、ファイルとフォルダ、パーティション、ディスクにも適用されます。

  • これにより、WinPEで回復ドライブと回復システムを作成して、誤動作しているマシンを元に戻すことができます。

  • ユニバーサル復元をサポートする:異なるハードウェアへバックアップイメージを簡単に復元します。

Serverの無料体験版 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

AOMEI Backupper ServerでWindows Serverシステムをバックアップする

ステップ 1. ソフトウェアを起動します。「バックアップ」に移動し、「システムバックアップ」をクリックします。オプションで、ディスクバックアップを選択して、OSとディスク上のすべてのドライブを含むマシン上のすべてをバックアップできます。

システムバックアップ

ステップ 2. システムパーティション内のすべてのシステムファイル、設定、アプリケーション、および個人データがソースとして自動的に選択されます。ターゲット場所を選択するだけです。

ターゲット場所

ステップ 3. バックアップを開始する前に、バックアップを最適化するためにさらに設定を行うことができます。

スケジュール:自動システムバックアップを作成します。デイリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガー/USB挿入を選択できます。

スケジュール

スキーム:バックアップディスク領域の管理、バックアップ計画などとも呼ばれています。この機能を利用して、不要になったイメージファイルを自動的に削除して、バックアップに使用するディスク領域を管理したり、節約したりします。

スキーム

オプション:イメージファイルの圧縮、暗号化、分割、電子メール通知など様々な設定が含まれています。

オプション

ヒント:PCが起動しないときに、Windows Server 2016システムの復元を実行するには、「ツール」>「ブータブルメディアの作成」に移動して、Windows Serverリカバリドライブを作成してください。

AOMEI Backupper ServerでWindows Serverシステムの復元を実行する

●PCが起動可能な場合は、ソフトウェアを通常どおり起動してシステムの復元を実行できます。それ以外の場合は、ブータブルメディアを挿入し、WinPEでシステムの回復を完了する必要があります。

異なるハードウェアへのWindows Serverバックアップベアメタル回復を実行する場合は、ブータブルメディアを使用してWinPEでAOMEI Backupper Serverを起動し、「ユニバーサル復元」にチェックマークを付けます。

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverを起動し、「復元」タブに移動し、「タスクを選択」または「イメージファイルを選択」をクリックして、復元するシステムイメージを見つけます。

イメージファイルを選択

ステップ 2. 「このシステムバックアップを復元」を選択し、「次へ」をクリックします。

このシステムバックアップを復元

ステップ 3. 操作を確認し、「開始」をクリックします。システムイメージが別のハードウェアで作成されている場合は、ユニバーサル復元にチェックマークを付けることを忘れないでください。

操作概要

※補足:AOMEI Backupper Serverのほか、AOMEI OneKey Recovery(OKR)を使用して、ワンキーでシステムをバックアップおよび復元することもできます。より便利で、操作しやすいです。

Lenovo Onekey Recovery(レノボワンキーリカバリー)の代替品としてAOMEI OneKey RecoveryはWindows 10/8.1/8/7/Vista/XP(32ビット版または64ビット版)およびWindows Server 2003/2008(R2)/2012(R2)/2016/2019/2022、SBS 2003、2008、2011に対応し、Lenovo、Dell、HPまたはToshibaなどのすべてのパソコンで使用可能です。

システムを回復パーティションまたは別の場所にバックアップしたら、パソコン起動時にF11(デフォルト)またはAキーを押して、システムをバックアップ時点までの状態に回復することができます。パソコンを他の企業や他の人に渡す(または販売する)前にOKRを利用して、回復パーティションを作成、システムをバックアップすることをお勧めします。
出荷前にDell、HP、Lenovoのようなコンピュータ製造元がOEMパーティションを作成、プリインストールすることに似ています。作成した回復パーティションには、パソコンを出荷状態に戻す時に必要なデータが入っています。システムがクラッシュした場合にその回復パーティションを使用して、PCを元の状態に復元することができます。

無料体験 PC&サーバー向け

リカバリ領域の作成&復元でWindowsシステムを保護

結論

復元ポイントオプションがない場合は、組み込みツールのWindows Serverバックアップを使用して、Windows Server2016でシステムの復元を実行できます。これにより、システムの状態を含むバックアップを作成し、必要に応じて復元することができます。ただし、操作はそれほど簡単ではないため、システムまたはディスク全体をバックアップおよび復元するには、AOMEI Backupper Serverを使用することをお勧めします。

バックアップと復元に加えて、強力なクローン機能を使用すると、Windows ServerでHDDのクローンを作成することもできます。さらに、社内の台数無制限のサーバーとPCを保護したい場合は、AOMEI Backupper Tech Plusの方が適している可能性があります。