Windowsシステム保護-リカバリ領域を作成-システムの復元を行う

リカバリ領域を作成する理由

コンピュータの故障後にオペレーティングシステム、プログラム、設定を再インストールするのは面倒な作業です。リカバリ領域を作成すると、お使いのコンピュータ上の重要なデータのコピーを保存できるようになります。また、コンピュータを簡単に復元して、時間を大幅に節約できます。オペレーティングシステムとソフトウェアを含むシステムパーティション(通常はCパーティション)をバックアップでき、そして、システムを以前の状態に復元できます。さらに、Windowsツールを使用してリカバリ領域を作成することができても、使い方は簡単ではありません。手順が複雑すぎて、特にコンピュータの初心者にとって結構難しいです。そして、異なるブランドのコンピュータには異なるバックアップ/リカバリツールがあり、AOMEI OneKey Recoveryなどのサードパーティ製のソフトウェアを使用して手順を簡素化して時間を節約する方が多くなってきます。

AOMEI OneKey Recoveryの概要

AOMEI OneKey Recoveryは、システムをバックアップおよび復元するために開発された安全かつ操作しやすいソフトウェアである。このソフトウェアはWindows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows VistaおよびWindows XPを含むすべてのWindows PCオペレーティングシステム(OS)をサポートしています。システム障害発生時にシステムパーティション(領域)を元の状態に復元することができます。勿論、必要に応じて簡単に復元できるシステム状態のバックアップを作成することもできます。AOMEI OneKey Recoveryのインターフェースは非常にシンプルで、使いやすいです。

リカバリ領域の作成方法

リカバリ領域を作成する第一歩: AOMEI OneKey Recoveryをダウンロード、インストールおよび起動します。[OneKey System Backup]を選択します。

ワンキーシステムバックアップ

リカバリ領域を作成する第二歩:回復パーティションを作成してシステムをバックアップする方法は二つあります。

  • 方法A:AOMEI OneKey Recovery Partitionへシステムをバックアップするーーシステムバックアップイメージファイルはシステムディスクに保存されます。だから、システムディスクにはイメージファイルを保存する空き容量が充分でなければなりません。


  • 方法B:他の場所へシステムをバックアップするーーシステムバックアップイメージファイルは、内部のセカンダリディスク、外付けハードドライブまたはリムーバブルUSBフラッシュドライブなどの他の場所に保存できます。

バックアップ方法を選択

方法Aを選択した場合、以下の手順に従ってください:

システムバックアップイメージファイルとAOMEI OneKey Recoveryブータブル環境を含むリカバリ領域を作成するために、システムディスク上の既存のパーティションの一つ(ここではD:ドライブ)を選択すして容量を割り当てる必要があります(サイズはシステムパーティションの大きさによって異なります)。

パーティションを選択

ヒント:

  • 回復パーティションを作成する未使用の領域は不十分なので、グレーになったパーティション(例えばF:パーティション)は選択されることができません。選択できるパーティション(D:パーティション)が緑色になります。

  • システムディスクに十分な未割り当て領域がすでにある場合は、プログラムはその領域を自動的に選択してリカバリ領域を作成します。つまり、このステップはスキップされ、プログラムは次のステップに直接入ります。

このウィンドウでは、「+」というラベルが付いた新しいリカバリ領域を作成する前後の変更が表示されます。このリカバリ領域を破損しないように、ドライブレターは割り当てられません。つまり、デフォルトで隠しパーティションとして作成されます。変更を確認するには、[開始]をクリックして実行してください。

リカバリパーティション

方法Bを選択した場合は、以下の手順に従ってシステムをバックアップしてください:

「ファイル名」を編集できます。AOMEI OneKey Recoveryブータブル環境を保存するパーティションを作成するために、システムディスク上の既存のパーティションの一つ(ここではD:ドライブ)を選択して容量を割り当てる必要があります。そして、バックアップ先のフォルダ(ここではリムーバブルUSBドライブ)を選択してシステムバックアップイメージファイルを保存します。

他の場所へのバックアップ

リカバリ領域を作成する第三歩:どちらの方法を選択しても、すべての設定を完了したら、[開始]をクリックしてください。バックアップの進行には数分かかるので、終了まで待つ必要があります。すべての操作が完了すると、ポップアップが表示されます。 最後に[OK]- >[完了]をクリックします。

バックアップの進捗状況

ヒント:

  • ポップアップが示したように、ツールバーの設定アイコンをクリックして、ブートメニューを配置することができます。これにより、ブートメニューを有効または無効にしたり、チェックボックスをチェックするかどうかを確認してメッセージを表示または非表示したり、ブートメニューで滞在時間を変更したりすることができます。


  • ブートメニューの設定

  • システムをバックアップしたいだけでなく、ハードディスク全体、指定したパーティションまたは個人ファイルやフォルダをバックアップする場合は、機能完善のバックアップソフトウェアーーAOMEI Backupperを使用できます。このソフトも外付けハードディスク、USBフラッシュドライブ、CD / DVD、共有ネットワークまたはNASへバックアップすることをサポートします。これはシステムとデータを災害から保護する最も安全な方法です。

OSが起動しない状態からシステムの復元を行う方法

システムがクラッシュし、またはオペレーティングシステムが見つからないために、コンピュータが正常に起動しなかった場合は、バックアップしたイメージを使用して正常に戻すことができます。しかし、システムイメージの復元方法は、システムのディスクパーティションスタイルによってかなり異なるかもしれません。

  • システムのディスクスタイルがMBRである大部分のコンピュータの場合は、システム起動時にキーボードの [F11](デフォルト)または [A]を押してください。その後、コンピュータはWindows PE回復環境(WindowsRE)で起動されます。

    Aを押す
  • システムのディスクスタイルがGPT(EFI / UEFIブート)であるコンピュータの場合は、Windowsのブートメニューで[AOMEI OneKey Recovery]を選択してください。再起動後、コンピュータはWindows PE回復環境(WindowsRE)で起動されます。

    Windows起動メニュー

システムイメージを復元する第一歩:Windows PE回復環境が起動すると、AOMEI OneKey Recoveryが自動的にポップアップします。[はい]をクリックして確認します。[OneKey System Recover]を選択してシステムイメージを復元します。

システム回復

システムイメージを復元する第二歩:システムイメージを復元する方法は2つあります。復元方法はバックアップ方法によって異なります。

どこから復元する

方法Aを選択してシステムをバックアップしたら、以下の手順 に従ってシステムイメージを復元してください:

プログラムはAOMEI OneKey Recoveryパーティション上のシス テムバックアップイメージファイルを使用してシステムイメー ジを復元します。ここでは、システムイメージを復元する選択 は2つありますので、必要に応じて選択してください。

  • 選択1:お使いのコンピュータに他のディスクはありません。このような状況で、元の場所のみに復元できます。変更を確定する場合は、[開始]をクリックしてください:


  • 元の場所に復元する

  • 選択2:お使いのコンピュータに他のディスクがあり、システムを元の場所に復元したくない場合は、[他の場所へ復元]の前にチェックボックスをチェックしてください。[次へ]をクリックして続行します。未割り当てスペースまたはパーティションを選択する必要があります(注:選択されたパーティション上のデータは上書きされます)。最後、[開始]をクリックします。


  • 他の場所に復元する

    復元する場所を選択する

方法 Bを選択してシステムをバックアップする場合は、以下の手順に従ってシステムイメージを復元してください:

[参照]をクリックしてシステムバックアップイメージファイルを探します。 [次へ]をクリックして続行します。

どこから復元する

ここでは、システムイメージを復元する選択は2つありますので、必要に応じて選択してください:

  • 選択1:お使いのコンピュータに他のディスクはありません。このような状況で、元の場所のみに復元できます。変更を確定する場合は、[開始]をクリックしてください。


  • 元の場所に復元する

  • 選択2:お使いのコンピュータに他のディスクがあり、システムを元の場所に復元したくない場合は、[他の場所へ復元]の前にチェックボックスをチェックしてください。[次へ]をクリックして続行します。未割り当てスペースまたはパーティションを選択する必要があります(注:選択されたパーティション上のデータは上書きされます)。最後、[開始]をクリックします。


  • 他の場所に復元する

    復元する場所を選択

システムイメージを復元する第三歩:どちらの方法を選択しても、リカバリの進行には数分かかるので、終了まで待つ必要があります。すべての操作が完了したら、[完了]をクリックします。

復元の進行状況