By AOMEI / 最後の更新 2020年04月09日

ベアメタル回復とは何ですか?

ベアメタル回復はWindows Serverバックアップの機能です。OSまたはシステム全体を、「ベアメタル」とは異なるハードウェアを持つ別のマシンに復元できます。

ターゲットマシンにソフトウェアやシステムをインストールする必要がないため、BMRを使用して物理サーバーを仮想サーバーに復元したり、元に戻したりすることもできます。

何を準備する必要がありますか?

Windows Serverバックアップ(WSB)は、Windows Server 2008で最初に導入されました。ベアメタル回復を実行するには、Windows Server 2008(R2)、2012(R2)、または2016のベアメタルバックアップを作成する必要があります。WSBでWindows Serverバックアップベアメタルを作成するには、ベアメタル回復のアイテムを選択する必要があります。

Windows回復環境を使用するには、Windows Server回復ディスクまたはインストールディスクが必要です。Windows Server 2012を復元する場合は、Windows Server 2012でリカバリディスクを作成する必要があります。

ベアメタル回復を受け取る宛先ハードドライブに十分なディスク領域があることを確認します。ベアメタル回復は、同じ容量かより大きいサイズの新しいハードドライブに対して実行できます。データのサイズに関係ないです。

Windows Serverのベアメタル回復を実行する方法

準備が整ったら、以下の手順に従ってWindows Serverを別のマシンに復元できます。この方法は、Windows Server 2008、2012または6(R2を含む)に適用されます。異なるサーバでリカバリ環境へ移行する方法はちょっと違っているかもしれません。

Windows Serverベアメタル回復:

1. 新しいサーバーにWindows Serverインストールディスクを挿入して、起動します。言語とキーボードを選択し、「次へ」をクリックします。

インストール

2. 次の画面で、「今すぐインストール」ではなく「コンピュータを修復する」をクリックします。次に、修復するOSを選択し、「次へ」をクリックします。

コンピュータを修復する

3. すべての復元オプションが画面に表示されます。コマンドラインを使用する場合は、「コマンドプロンプト」を選択して、WBadminベアメタル回復を実行できます。それ以外の場合は、「イメージでシステムを回復」を選択してサーバーを復元します。

イメージシステムを回復

4. 復元するベアメタルバックアップイメージを選択し、「次へ」をクリックします。バックアップイメージが外付けハードドライブに保存されている場合は、ドライブを新しいサーバーに接続する必要があります。

5. バックアップバージョンを指定したら、「完了」をクリックしてベアメタル回復を開始します。復元するデータの量によっては、しばらく時間がかかる場合があります。

プロセスが完了すると、新しいサーバーマシンで古いOSを起動できます。前述のように、ターゲットディスクがソースディスクより小さい場合、リカバリは次のエラー提示で失敗します:サーバーの復元は正しく完了しませんでした。

エラー

上記の通り復元できない場合、またはもっと簡単な方法が知りたい場合は、サーバーバックアップソフトウェアを試して、サーバーを異なるハードウェアに復元することができます。

AOMEI Backupperでベアメタル回復を実行する方法

AOMEI Backupper Serverは、Windows Server 2008(R2)/ 2012(R2)/ 2016に適用するバックアップと復元ソフトウェアです。Windows Serverバックアップとは異なり、ベアメタル回復を実行するときに、より小さなディスクに復元できます。

ご存知のように、新しいサーバーのファームウェアは元のサーバーと異なる場合があります。その場合、UEFI / BIOSが原因でWindowsの復元が失敗します。幸い、AOMEI BackupperはMBRからGPTディスクに直接、またはその逆に復元できす。30日間無料トライアルをダウンロードして、ベアメタル回復を実行します。

Windows Serverを異なるハードウェアに復元する前に、システムバックアップ機能を使用してシステムバックアップイメージを作成します。それから、ブータブルメディアの作成機能を使って、ブータブルUSBフラッシュドライブまたはブータブルDVD / CDを作成する必要があります。

Windows Serverベアメタル回復を実行するには:

1. ブータブルメディアを新しいサーバーに接続して起動します。バックアップイメージを外付けドライブに保存した場合は、ドライブも新しいサーバーに接続します。

2. AOMEI Backupperのメインインターフェースをロードした後、「復元」と「イメージファイルを選択」をクリックして、以前に作成したバックアップイメージを見つけます。

イメージファイルを選択

3. 「このシステムバックアップを復元」を選択し、下部の「システムを他の場所に復元」を選択します。

システムをほかの場所に復元

4. サーバーのベアメタル復元を受け取るターゲットディスクを指定し、「次へ」をクリックします。

次へ

5. 「操作概要」ページで、実行する操作をプレビューします。異なるハードウェアに復元した後にシステムが起動可能できるために、フォルトで「ユニバーサル復元」が設定されています。「開始」をクリックして復元を開始します。

開始

しばらくすると、プロセスが完了します。その後、サーバーを起動して楽しむことができます。

Windows Serverバックアップのベアメタル回復と比べて、AOMEI Backupperの「ユニバーサル復元」は簡単で高速です。ハードドライブまたはSSDのファームウェアや容量について心配する必要はありません。

同じハードウェアを搭載したサーバーにシステムを移動するだけの場合は、AOMEI Backupperでハードドライブをクローンし、ハードドライブをクローンして新しいサーバーマシンにインストールします。

社内の無制限のPCとサーバーを保護するために、AOMEI Backupper Technician Plusを選択ください。それはクライアントに無制限の請求可能な技術サービスを提供します。また、インストールディレクトリをコピーしてポータブル版を作成することもできます。