By AOMEI / 最後の更新 2020年04月17日

Windows Server 2008(R2)で復元ポイントを作成する方法は?

Windows 7/8/10では、復元ポイントを作成し、それを使用して、行った変更を取り消し、又はコンピューターを以前の日付に復元することができます。ただし、サーバーに基づいてOSにはシステムの復元機能がないため、Windows Server 2008 R2/2012 R2/2016/2019ではシステムの復元ポイントを作成できません。だから、Windows 2008(R2)サーバーでシステムの復元を有効にする方法は?

幸いなことに、システム状態のバックアップと呼ばれる同様の機能があり、Windows Server 2008(R2)のシステムの復元ポイント以上のことができます。システム状態のバックアップの作成と言えば、Windows Serverバックアップとコマンドラインを使用したほうがいいです。どちらも、Windows Server 2003から2019まで、あらゆる種類のサーバーOSをサポートしています。

Windows Server 2008(R2)システムの復元ポイントの代替

システムの復元ポイントは非常に便利ですが、Windows 7/8/10でのみ使えます。したがって、システムの復元ポイントを置き換えるために別の方法が必要です。

Windows Server OSには、システム状態バックアップと呼ばれる同様の機能があります。これを使用して、システムの復元ポイントを置き換えることができます。この機能はOSと構成のすべての関連情報のコピーで、Windows Server OSでのみ使用可能なイメージバックアップです。Microsoftによると、システム状態のバックアップには以下のものが含まれます。

  • システムファイルを含むブートファイル、およびWindowsファイル保護(WFP)によって保護されているすべてのファイル

  • Active Directory(ドメインコントローラーのみ)

  • Sysvol(ドメインコントローラーのみ)

  • 証明書サービス(証明機関のみ)

  • クラスターデータベース(クラスターノードのみ)

  • レジストリ

  • パフォーマンスカウンターの構成情報

  • コンポーネントサービスクラス登録データベース

次に、以下を読み続け、コマンドラインとWindows Serverバックアップを使用してWindows Server 2008(R2)で復元ポイントを作成する方法を学びます。

Windows Server 2008(R2)で復元ポイントを作成する別の方法

方法1:wbadminを使用してシステム状態のバックアップを作成する

最初の方法は、コマンドラインを使用してWindows Server 2008(R2)復元ポイントを作成することです。具体的な手順は次のとおりです。

1. 「スタート」メニューをクリックし、検索ボックスに「cmd」と入力して、管理者としてコマンドプロンプトを実行します。

2. 次の構文に基づいてコマンドを入力し、Enterキーを押してシステム状態のバックアップを実行します。

wbadmin start systemstatebackup -backuptarget:X:-quiet

(X:バックアップを保存するパーティションのドライブ文字を指します)

-quietパラメータは、バックアップを開始する前に確認プロンプトを抑止することができます。つまり、-quietパラメータを入力(指定)しないと、「バックアップ操作を開始しますか?」という対話式のプロンプトが表示されます。この操作を確実に実行するには、Yを入力する必要があります。このようなプロンプトを抑止するために、コマンドの最後に-quietパラメータを追加する必要があります。

コマンド

この方法は非常に便利です。特に、コマンドプロンプトでこれらのパラメーターに精通している場合は簡単です。しかし、それに慣れていないと、非常に複雑だと思うかもしれません。もしそうなら、あなたは方法2を試してみてください。

方法2:Windows Serverバックアップを介してシステム状態のバックアップを作成する

コマンドラインを除いて、Windows Server OSに組み込まれた素晴らしいツールがあります。これを使用すると、Windows Server 2008(R2)の代替復元ポイントを作成できます。

ノート:Windows Serverバックアップはデフォルトではインストールされません。 したがって、Windows Server 2008(R2)で代替復元ポイントの作成を開始する前に、サーバーマネージャーを使用して手動でインストールする必要があります。その後、次の手順を参照してください。

1. 続いて「スタート」> 「管理ツール」> 「Windows Serverバックアップ」をクリックし、そのメインページに移動して、バックアップ(1回限り)ウィザードを選択します。システム状態のバックアップを定期的に作成する場合は、バックアップスケジュールウィザードを選択してください。

サーバーバックアップ

2. スケジュールバックアップをすでに作成している場合は、最初のオプションを選択してください。そうでない場合は、二番目のオプションを選択して「次へ」をクリックします。

バックアップオプション

3. このウィンドウですべてのサーバーデータ、アプリケーション、システム状態が含まれる「サーバー全体」を選択してください。完全バックアップとしてだけでなく、システム状態のバックアップとしても見なれます。これを使用して、システム状態の回復と完全なシステム回復を実行できます。

4. バックアップを保存する場所としてのパスを指定します。コンピュータが認識するローカルドライブ、またはネットワーク共有に保存することを選択できます。

5. ドロップダウンリストをクリックして、バックアップを保存するドライブを選択します。

6. 必要に応じて詳細オプションを指定します。

7. すべてのオプションを確認し、バックアップの「開始」をクリックします。

コマンドプロンプトのパラメーターに慣れていない場合は、この方法が最適です。残念ながら、Windows ServerバックアップはローカルNTFSボリュームのみをバックアップできます。ローカルドライブのフォルダーではなく、ドライブ全体、専用ボリューム、またはネットワーク共有のみをサポートします。また、小さな障害しか解決できないため、システム状態のバックアップはコンピュータを保護するのに十分ではありません。だから、起動エラーなどの深刻な問題が発生した場合はどうすればいいですか?

起動に失敗した場合に必要なのは、システム状態のバックアップではなく、完全なバックアップです。したがって、AOMEI Backupperなどの信頼できるサードパーティのバックアップと復元ソフトウェアを介して完全バックアップを作成する方がよいでしょう。

AOMEI Backupperサーバーで完全バックアップを作成する

AOMEI Backupper Serverは、予期しない障害が発生した場合に完全バックアップを作成するのに役立つ専門的なソフトウェアです。予期しない事態が発生した場合は、Windows Server 2008(R2)を以前の日付に復元できます。また、Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2)バージョンを含む他のサーバーベースのOSを復元できます。

AOMEI Backupperを使用すると、NTFS、FAT32、EXT3、EXT4などでパーティションをバックアップできます。また、あらゆる種類のバックアップ、例えば、パーティションバックアップ、ディスクバックアップ、ファイルバックアップ、ディリーバックアップ、差分バックアップ、バックアップスキーム、フィルター設定などのより高度な機能を楽しむことができます。

1. AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールして起動します。

2. メインページで、「バックアップ」> 「システムバックアップ」をクリックしてください。

システムバックアプ

3. バックアップ先を選択します。

バックアップ先

4. 詳細機能を設定し、メインページの「オプション」>「スケジュール」>「スキーム」オプションをクリックします。以下は、スケジュール設定のポップアップウィンドウです。そこから1つ以上の設定を選択できます。(このステップはオプションです)

スケジュール

5. 次に、選択したすべてのオプションを確認し、バックアップの「開始」をクリックします。

ヒント:バックアップイメージから復元するには、「復元」をクリックしてください。コンピュータが起動できない場合は、最初にServer 2008用の起動可能なUSBドライブを作成したほうがいいです。

AOMEI Backupper Serverはサーバーを一台のみサポートするため、社内の無制限のPCとサーバーを保護したい場合はAOMEI Backupper Technician Plusを選択する必要があります。また、インストールディレクトリを直接コピーして、ポータブルバージョンを作成できます。その上、それはクライアントに無制限の有償技術サービスを提供します。

結論

Windows Server 2008(R2)で直接復元ポイントを作成することはできませんが、サーバーコンピューターにはシステム状態バックアップという同様の機能があります。この機能を使用すると、Windows Server 2008(R2)で代替システム復元ポイントを作成できます。また、この機能は、Server 2003/2012/2016/2019(R2)バージョンを含むバージョンのサーバーでも利用できます。

サーバーでシステム状態のバックアップを直接作成して、Windows 7/8/10の復元ポイントを置き換えることができます。ただし、システム状態のバックアップは、システムが起動可能なときにのみ多くのシステム障害を解決できるだけで、コンピュータを保護するには十分ではありません。したがって、最も必要なのは、システム状態のバックアップではなく、完全バックアップです。AOMEI Backupperは完全バックアップだけではなく、ファイル/パーティションバックアップ、ディスク/システムクローンなどに役立ちます。