By AOMEI / 最後の更新 2020年04月13日

Windows Server移行ツールとは何ですか?

多くの企業にとって、サーバー間でワークロードを転送すること(特に重要なファイル/フォルダー)はよくあります。ファイルを転送するには、多くの方法とツールを使用できます。最も一般的なツールは、PowerShell CmdletのセットであるWindows Server移行ツールです。

Windows Serverの組み込みツールであるWindows Server移行ツールは、Server 2003以降のWindows ServerのOSバージョンで動作します。通常、このユーティリティを使用して、サーバーの役割、機能、オペレーティングシステムの設定、共有、その他のデータをサーバー間で移行できます。

実際、多くのユーザーはWindows Server移行ツールの使用方法を知りません。この記事は移行先サーバーにWindows Server 2012をインストールし、移行元サーバーにWindows Server 2008をインストールした状況に対して、データを移行する詳しい操作手順を紹介します!

移行先と移行元にWindows Server移行ツールをインストールする

手順 1. コンピュータの左下隅にある「スタート」をクリックして、検索ボックスに「サーバーマネージャー」と入力して開きます。

手順 2. 「管理」タブの「役割と機能の追加」をクリックして、「次へ」を押します。

サーバーマネジャー

手順 3. ターゲットサーバーを選択します。さらに、「次へ」を押します。

手順 4. 「機能」タブで「Windows Server移行ツール」をクリックしてから 「次へ」を押します。

特徴

手順 5. 選択を確認します。次に、「インストール」をクリックして、このツールをターゲットコンピューターにインストールします。

手順 6. 上記の方法を使用して、ソースコンピュータにこのユーティリティをインストールします。

ヒント:Windows Server移行ツールを使用すると、Windows Server 2016を新しいハードウェアへ簡単に移行することもできます。

移行先コンピューターにフォルダーを展開する

手順 1. Windowsロゴキー+Xを押します。次に、「コマンド プロンプト(管理者)」をクリックしてください。

手順 2. 「管理者:コマンド プロンプト」で、smigdeploy.exeツールが格納されているディレクトリに移動します。下記のコマンドを入力して、Enterを押します。

cd %Windir%\System32\ServerMigrationTools\

コマンド

手順 3. 下記のコマンドを入力します。パスは、ソースコンピューター上の展開フォルダーのパスを表します。次に、Enterを押します。

SmigDeploy.exe /package /architecture X86 /os WS08 /path

パス

移行元コンピューターにWindows Server移行ツールを登録する

手順 1. 移行先コンピューターで作成された展開フォルダーを移行元コンピューターのローカルドライブにコピーします。展開したフォルダのOSのアーキテクチャがソースコンピュータのそれと一致していることを確認してください。

手順 2. Windowsロゴキー+Xを押して、「コマンド プロンプト(管理者)」をクリックして、ソースコンピューターで「管理者:コマンド プロンプト」を開きます。

手順 3. 「管理者:コマンド プロンプト」で、手順 1で展開フォルダーをコピーしたディレクトリに移動します。

手順 4. 下記のコマンドを入力して、Windows Server移行ツールコマンドレットを登録してからEnterを押します。

.\Smigdeploy.exe

次のコマンド

これですべての準備が完了しました。次はサーバー移行ツールの使い方を学びましょう。

Windows Server移行ツールを段階的に使用する

ソースサーバーからローカルユーザーとローカルグループをエクスポートする場合は、以下の手順に従ってください。

手順 1. 移行元サーバーで「サーバーマネージャーとツール」をクリックします。次に、「Windows Server移行ツール」をクリックして開きます。

手順 2. 次のコマンドを実行します。

Export-SmigServerSetting -User All -Group –Path C:SysAdminExportMigUsersGroups –Verbose

ローカルユーザーとローカルグループをターゲットサーバーにインポートする場合は、以下の手順を参照してください。

手順 1. 移行先サーバーでWindowsサーバー移行ツールを開きます(サーバーマネージャー﹥ツール﹥ Windowsサーバー移行ツール)。

手順 2. 次のコマンドを入力して、Enterを押します。

Import-SmigServerSetting –User Enabled –Group -Path C:SysAdminExportMigUsersGroups -Verbose

上記の操作手順を使用して、Windows Server移行ツール2012でタスクを完了できます。誤って操作すると深刻な問題が発生する可能性があるため、このユーティリティの使用には注意が必要です。

Server 2016/2012/2008のWindows Server移行ツールはデータ転送の使用に役立ちますが、特に技術者でない人にとっては、操作手順は複雑です。このユーティリティの操作が難しいと思われる場合は、別のユーティリティを使用することをお勧めします。

Windows Server移行ツールの最良の代替品

AOMEI Backupper Serverは、信頼できるWindowsサーバー移行ツールの代替品です。Windows Server間でファイルを同期させる実用的な機能があります。このユーティリティを使用すると、ファイルをネットワーク、NASデバイス、クラウドドライブなどに同期できます。

時間を節約するために、ユーザーはこのソフトウェアを使用して、ディリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、USB挿入、またはリアルタイム同期に基づいて自動同期を設定できます。ファイルのバックアップ、削除されたファイルの復元などの他の便利な機能もあります。

このユーティリティは、Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)、Windows SBS 2003/2008/2011、および現在使用しているWindows PCシステムをサポートしています。Windows Server移行ツールとは異なり、このソフトウェアは使いやすいです。

30日間無料トライアルをダウンロードしてください!次は、この記事に従って、ネットワーク経由でファイルを同期しましょう。

Windows Serverでファイルを段階的に共有する方法

手順 1. AOMEI Backupper Serverをインストールして起動します。「バックアップ」タブの「同期」をクリックします。

同期

手順 2. タスク名は必要に応じて変更できます。「フォルダの追加」をクリックして、共有するフォルダを選択して、「OK」をクリックします。

タスク名

手順 3. 手順 2で逆三角形をクリックします。次に、「ネットワーク共有またはNASを選択」をクリックします。

選択

手順 4. 「ネットワーク場所を追加」>「Share/NASのパス」に移動して、パスを入力します。「はい」をクリックします。

手順 5. すべて完了したら、「開始」をクリックします。

ノート:

  • 手順 2で逆三角形をクリックして、「フィルタオプション」を開きます。特定のファイル拡張子のみのファイルを自動バックアップするなどの特定の要件を設定できます。

  • 現在の操作にコメントを書き込むと、ファイルを他のファイルと簡単に区別することができます。これらの機能を使用する場合は、手順 5で「オプション」> 「コメント」に移動してください。

  • 手順 5のスケジュールでは、ファイルを自動的に同期できます。

  • AOMEI Backupper Serverは現在一方向同期をサポートしています。

  • 同期後にソースフォルダーの名前を変更しないでください。そうしないと、プログラムは同期できなくなります。

おわりに

この記事ではWindows Server移行ツールを使用する必要な詳細な手順を示します。これらの手順が難しい場合は、Windows Server移行ツールの最良の代替品AOMEI Backupper Serverを使用してください。この専門バックアップソフトウェアを使用すると、サーバー間でファイルを簡単に転送できます。